5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【心霊】怖い【オカルト】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 20:58:39
怖い話、心霊現象なんじゃないか?の相談、心霊写真等…
オカルト板に行く迄もないけど…の気団いるか?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 21:01:29
2ゲット〜!

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 21:04:16
オカ板でやれ

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 21:09:44
>>3
オカルト板で話す程でもない、とか気団同士で聞いてみたい事とかあるかも
と思ってスレ立てたけどダメだったかな?
オカルト板で『気団専用』スレ立ててもスレ違いだと言われそうだったから(´-ω-`)

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 21:14:18
あんまり需要なさそうだけど、興味があればつき合うよ。

オカルト板まで出向く気はないからな。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 21:24:34
結婚する前の嫁はグラビアアイドル並の体形だったのに
結婚3年目嫁の体形は最高潮デブ期加護そっくりだ(顔は残念な事に違う)
これは霊のせいじゃないかと思うんだ
絶対それしか考えられない
絶対・・・・・・


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 21:59:19
>>6ナカーマ。俺の嫁もマジでモデルしてたんだ(全く売れなかったがWWW)だからスタイルはよかった。なのに…あぁ…なのに今は…

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 22:11:09
>>6
>>7
しあわせ太りか、ストレス太りか?
そこが問題だ。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 22:43:06
私の知り合いでね、モデルさんと結婚した人がいるんだけど。
仮にこの人、Cさんとしときましょうか。Cさんはとても気さくな人で、良い人でしたよねぇ。ええ。
この人、モデルさんと結婚したりしたんだけど、そんなこと自慢したりしない。本当にいい人なんですよ。
このCさんが結婚してからのお話なんですけどね。
Cさんの奥さんて人は元モデルだけあってキレイな人なんだけど、モデルとしては、こんなこと言っちゃうとなんだけど、売れてなかったんですよ。ええ。
でも、Cさんはそんなこと気にする人じゃないし、奥さんも売れてなかったとはいえ、元モデルですから。スタイルはいいんですよ。
Cさんもそんな奥さんのこと、いっつも自慢してましたよ。

でも、そのうちにCさん、なんか違うぞって思い始めたんだ。
何かわからない、でも、何かおかしい。なんだろなんだろ。

そんなこと考えてるうち。
わかっちゃったんだ。
奥さんが違うって。

横で寝てるはずの奥さんが、自分の知ってる奥さんじゃない。
うわーーなんだこれーーーー。
Cさん気になってしょうがない。
なんだよこれーーーどーなってんだよーーーー。
やめてくれよーーーーいやだなーーもーー。
そんなこと考えてるうちに、フッ・・・って気が遠くなっちゃって、そのまま寝ちゃったんですよ。

で、次の朝ですよ。Cさん全部わかっちゃった。
奥さん、結婚して数年のうちに、スタイル崩れちゃったらしいんですよ。
往年の影は無いくらいにね。

今でも、Cさんに会うというんですよ。
「淳ちゃん、女って結婚すると変わるんだねぇ・・・・」って。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 06:50:55
稲川かよw

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 10:05:08
>9
フキダシタw

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 14:58:33
寝る時に般若顔して寝る嫁
夜中なんかに目覚めて隣を見ると
ひょっとこ顔で寝てる嫁
怖いです
苦しいです
哀れです
オカルトですかね? 

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 16:41:20
この板だったら、やっぱり赤ちゃん関係じゃないのか?

夜中急に泣き出して困ったことがあった。
明かりをつけると起きちゃうだろうから、豆電球にしてあやしてた。

ふと気づいた。赤ちゃんは泣きながら、抱っこしてる俺の斜め後ろを凝視してる。
オレが体をひねると、体制を変えて同じところをまた凝視する。
なんてことない天井の端っこのはずなんだが、朝までそこは見れませんでしたよ。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 17:05:04
>>13うわっ俺それをうちのヌコで体験したわ。多頭飼いしてるヌコが全部おんなじところを見ている。
ヌコを散らけても、また集まって同じ場所を見ているんだ。話には聞いていたが、マジ、キンタマ縮み上がったね。どうしたかって?嫁が塩と清酒でお清めしたら、ヌコはいつも通りになった。それも恐かった。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 17:07:06
赤ちゃんやわんこにゃんこには見えるらしいね。
何かが。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 22:33:24
>>9
ワロスwってゆーより、上手いなあって感じだな。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 02:10:34
>>6です。>>9さん、マジそんな感じですよ。読んだら我が事ながら腹抱えて笑っちまいました。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 02:14:01
スイマセン>>7でした。ショボーン(´・ω・`)

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 10:59:41
うちの嫁はスポーツクラブで可愛くてスタイルがいいと評判の
インストラクターだったんだが、現役を離れても仕事してた頃の勢いで
飯食うし出産で太るしさっぱりした性格はそのままオバサン化に拍車かけてるし
こんな事ならあの時の恋敵に譲っておけばよかったと後悔してるよ
スレチすまそ・・・

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 11:24:13
夜中に子供の寝返りで目が覚めた。
嫁を見ると、眉間に皺を寄せてこっちを見てるので「どしたの?」って聞いたら
金縛りにあってたと。何人かの人の笑い声も聞こえたって言ってた。
俺には何も感じなかったので、笑いながら手を繋いで「疲れてるんだよ」と言って
また寝た。・・・・・そう言えば、嫁母さんは霊感強かったっけ・・・。






今年のお盆に子供達連れて実家帰るの禁止です。('A`)コエーヨ

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 22:51:47
おれも子供の頃はよく見たっけ。
中3のとき引越しした先の家には、男の霊が住みついてたしな。
オサ‐ンになった今でも、オーブは時々見るな。

先日深夜、オカ板に張ってあったリンク先覗いてたら、
突然部屋のあちこちからピシッ、ピシッって音が鳴り始めた。
ああ、また来てるなぁ、と思ってると、
今度は隣の部屋の洋服箪笥の裏側あたりから
バンッ、バンッ、て2回のものすごい音が。
これはヤバイかも!ってんで慌ててPC閉じたよ。
その後はそれまでの物音が嘘のように静まった。

久しぶりに、少しビビッたなw

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 15:04:46
オーブって見えますよね!?自分いい歳で、オーブなんて言葉のない頃から、あんな光をよく見てますよ。
フツーにヒノタマって呼んでましたが。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 01:09:01
大きな大学病院の待合室では頻繁に見かけるな。
意外なところでは、レジャー施設とか遊園地なんかでも。



24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 03:12:00
おいらはコトリバコ読んでから、ずっと体調おかしいです。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 16:58:15
>>24
どんな風に?
女の人はお腹痛くなったり生理痛になったりとかは聞いたが。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 02:56:17
どうも、体がだるい。につきますね。後は、話すと馬鹿にされそうなんで、ちょっと。
病院行きなよ、とか言われそうなんでWWWWWW

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 10:23:20
ttp://thumb.imgup.org/file/iup396016.jpg
消えないうちに見てくれ。
鏡に写った方の目もこっち向いてる・・・

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 11:46:14
>>27
ホントだ…

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 12:31:38
age

30 :ヤジレッド:2007/06/14(木) 14:00:47
たまにはいいかな?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 14:38:37
前に住んでた部屋で首吊った男性がいた。怖かったなー

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 17:45:49
>31
おまえの書き方の方がこえーよ
ハンギングマンとずっと一緒に暮らしてたみてーじゃねーかよw

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 17:49:13
いや俺には、
自分の部屋に勝手に入ってきて首吊ったように読める

迷惑な香具師だな、と。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/15(金) 02:18:46
どっちでも怖ぇーよ!

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/15(金) 19:38:44
>>26
もっと詳しく〜!
絶対にバカにしたり病院行けなんて言わないからさ。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 08:26:26
怖い話待ちあげ

37 :ヤジレッド:2007/06/17(日) 14:36:05
じゃあ、俺が今年の彼岸の日にあったことを書いてみるか?
そんなに恐い話しじゃないしホントのところは、見間違い説が濃厚だがw

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 15:11:44
http://thumb.imgup.org/file/iup396016.jpg


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 20:10:39
>>37
興味があるんでカキコヨロ

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 20:19:22
そろそろ涼しくなる話が聞きたかった
アチー

41 :ヤジレッド:2007/06/17(日) 21:00:42
じゃあ書くがあまり恐くはないと思う。

その日は彼岸だったから3年前に亡くなった上司の墓参りに行ってたんだ。
時間は午後4時くらいでまだ、暗くなってはいなかった。
その時、象海豹は自宅にいたため俺一人で自家用車に乗って行ってたんだ。
霊園は自宅から30分位の所にあって、まぁ普通に墓参りをしてきた。

42 :ヤジレッド:2007/06/17(日) 21:20:30
墓参りも無事終わり、その帰りなんだけど、帰り道に俺の勤務先の前を通るんだ。
で、会社には休日でも誰かしら2〜3人は必ず待機してる。
その日も俺が会社の前を通過する際、同僚のIが外に出てた。
話し掛ける程でもないが、挨拶くらいはしとこうとクラクションを軽くプップーと鳴らして知らせると、向こうも気付いて手を上げていた。
ちなみにその同僚との距離は10メートルないくらい。時間は午後5時くらいだったかな?
薄暗くなり始めてる時間だった。


そのまま何事もなく会社の前を通過して自宅に戻った。

そして、次の日何故かしら俺が若い彼女を連れてドライブしていたことになってた…
同僚のIは俺の隣に若い女性が座ってたというわけだ。

彼岸の墓参りで何か肩にのっけてきちゃたかなぁ?
と、いうだけのことなんだがね。
もちろんその後、怪我をしたとか霊障っぽいこともないので、同僚の見間違いだと思っている。

以上だ。

俺的にはそんな噂が象海豹の耳に入ることの方が恐いかもしれんwww

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 21:41:39
若い女性=アシカ?

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 22:19:26
まだオレが小6のときの話だが、うちの婆ちゃんが亡くなってしばらくの間
ウチで飼ってた犬が家の中の何にもないとこ見て狂ったみたいにワンワン吼えてた
それも亡くなって7日間ぐらいの間。もしかして婆ちゃん来てたのかな。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 22:30:26
おまえんとこの犬は身内な婆ちゃんに吠えるようなしつけがしてあったんかい

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 22:32:35
>>45

いや婆ちゃんは遠くに住んでてウチの犬は見たことないんだよ。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 22:34:21
>>45
いや婆ちゃんはウチの犬は見たことなかったよ。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 22:37:14
>>45
いや婆ちゃんは遠くに住んでたからウチの犬見たことなかったよ。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 23:08:42
今んとこ>>12が一番怖い…

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/19(火) 22:22:50
コピペ拾ってきた

夏休みに入った直後、別の高校に通う悪友に誘われました。
その悪友は工業高校に行ってた(私は一応普通高校)のですが、工業高校にも少ないながらも女子がいまして、その悪友、ダブりの女子に気に入られまして、夏休みに入って直ぐにそのダブりの女子に
「家まで飲みに来い」っと言われたそうです(笑)
まあ、そのダブりな女子は結構「力」がある人らしく、容姿はとりあえず普通?っと言っておきますが、悪友は断る事ができなかったそうで・・・・んで、いきなり一対一ってのもアレなんで二対二なセッティングになったらしく、私にお声がかかってしまったそうです(爆)
んで、夏の夜に待ち合わせの場所に悪友と二人でいき、その"女子"の家に行ったわけなんですが・・・
その"女子"の家は少々事情があるらしく、普段?は父上が不在?な家らしいのですが、私らが訪問した時には、なんでか父上が帰宅しておりまして、私らが上がった直後から、激しい親子喧嘩が始まりまして
、非常に居ずらくなってしまい、もう一人、私用?に呼ばれていたフリーターな女性とともに、3人で買出しに逝くといって、脱出したのですが・・・・・行く場所がありません(笑)
当然、フリーターな女性もそれが解っておりますので、「付いてきいや」と言われて、私と悪友はトボトボと後を付いていくしかありませんでした・・・・・・
んで、到着したのは、豪邸です・・・・・・・・・・・

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/19(火) 22:24:02
広い敷地に、和風な2階建ての大きな家、敷地内には庭園とプレハブ?がありました。
家に入ると、フリーターな女性の友人という女性が二人おりまして、ともかく夜も遅いので、私と悪友は一階のリビングで寝る事になりました。
缶ビール数本を手渡された私と悪友はそれを飲みつつ、ウダウダ喋っていましたが、突然、リビングに置いてあるでっかいTVの画面が"ビカっ”っと光りました・・・・・・・・・・・
んで、光った画面の中心に向かって光が消えていきました。
もちろん、私も悪友もリモコンにもTVにも触れておりませんし、誰かがスイッチを触った気配も全然ありません。
びっくりしながらも、何事もなかったように悪友と話を続けてました。
そして、ビールを飲みすぎたせいか、悪友がトイレに行ってくるって出ていきました。
私らがいたリビングは、シャンデリアがあり、部屋の四隅に間接照明がある部屋でしたが・・・・・・・
悪友がトイレに行った直後から、間接照明が暗くなったり明るくなったり勝手に動きます?????
私はびっくりしつつ固まってましたが、そこに悪友が飛んで帰ってきました。
「トイレの窓の外で何かが動いてる」って言うのです・・・・・・・・
「嘘やろ????」って言う私の言葉を無視するかのように、悪友は「ヤバイ、ヤバイって、ココはっ!」って言ってます。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/19(火) 22:25:19
「んじゃ、オレが見てくるわ」っとトイレに行きました。
普通のトイレ?で、男用のトイレのちょうど目の高さぐらいのところに、小窓があります。
もちろん、トイレの窓ですからガラスの表面には模様が入っていて、そのままではガラスの向こうは何も見えるはずがありません・・・・・
窓を開けてみましたが、向かい側は建物の別の部分がきていまして、その間隔は約1.5m程度です。
きょろきょろ見まわしてみたところ、人の気配はありませんし、敷地の中にわざわざ誰か入ってきてトイレの窓の向こうでウロウロすんのかっ??って思い、窓を閉めました。
まあ、ついでに用を済まして戻ろうか?っと思った瞬間、白い人影らしきものが、窓の外を横切りました??
「えっ??」と思い、瞬間的に窓を開けてみましたが、何もいません・・・・・・・・
「確かに見えたよな・・・・???」そう思いながら、悪友になんて言うかな〜?って考えつつリビングに戻ると、悪友が青ざめた顔をしたまま、私に向かって「シィッ、何も言うな!」って言ってます????
そぉ〜っと悪友のそばに近寄ろうとした時に、2階からもの音がします・・・・・
「トコトコトコトコ・・・・タンタンタン・・」
ネズミが走ってる??、いえ、ネズミにしては足音が大きいです、人の足音??、しかし大人の歩幅じゃない、間隔の狭い連続した足音・・・・・・・・
まるで、子供がはしゃいで走ってるような???
悪友は「きっ、聞こえたやろっ? なっ、聞いたやろ??」 確かに聞こえたって答えると
「お前がトイレに行ってから音が聞こえ始めて、階段を下りてくるような音もしたから見にいったけ
 ど誰もいないんだよっ、それで階段で音がしてたっと思ったら、全然反対の方向でも音がする・・・」

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/19(火) 22:26:42
その時の時間は既に午前2時を回っていましたが、激しい悪寒に襲われた私達は、もう2階で寝てしまってる??女性の部屋に行くべく、超ビビりながらも階段を上がって行きました。、
「すっ、すいません、誰か走ってるみたいな音がするんですけど・・・・」
って部屋の外から問いかけました。
すると、扉が開きちょい眠そうな感じでその家に住んでるほうの女性が出てきまして・・・・
「あ〜・・・・・・・、そっか・・・・・・・・・・・知らなかったんだね、この子達・・・・・・・・」
一緒に寝てたフリーターの女性も出てきて、「ごめん、慌ててたから説明するの忘れてた」って言うではないですか??
「なっ、何事なんですか・・・・???、なんかあるんですか???」って私達が聞くとその女性は、ちょっと長くなるかもしれないから、みんなでリビングに行こうと言います。
もう一人の友人?らしき女性がみんなの分のコーヒーを入れてくれてリビングのテーブルを午前2時過ぎに5人で囲むことになりました・・・・・・・・
まず、その家に住んでいる女性がTVの上を指差しました・・・・そこには写真が飾られていました。
父親らしき男性と、幼稚園ぐらいの女の子が2人、それも双子のような??が楽しげに写真に写ってます。
女性は写真を見ながら「私の父親と双子の妹なんよ、5年前に3人一緒に車の事故で死んでしまったんだけど・・・・・・・」

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/19(火) 22:27:39
3人とも交通事故で即死だったそうです。
母親は訃報聞いた直後に倒れてしまい、葬式にも出れなかった状態で、親戚とその当時中学年だった女性がほとんどの手続きをされたそうで・・・・・・・

問題?がおこり始めたのは、葬式が終わった直後からだったそうです・・・・・・・・・

葬式の直後の夜から、亡くなった父親が現れるようになったそうです・・・・・
それも、何か言いたげ?な様子で、しきりに訴えかけてる感じがしてたそうです。
その女性はこう言ってました・・・・
「私にとっては大好きだった父親だから、怖くもないし、別に困ったこともなかったんだけど・・・・
 母親にとっては、ショックで寝たきりになってるところに、毎晩出て来られたら・・・・・・・・」

母親は、最愛の夫とまだ幼い娘を亡くしたショック、そして毎夜毎夜現れる夫に・・現実と架空?の狭間に
押しつぶされそうな状態になってしまったそうで、発狂寸前なところまで追い込まれてしまったそうです。
そんな状態になってることを聞いた親戚の方が見るに見かねて、お払いをしてもらったらどうか?と言われて、数日後にお払いをしてもらったそうです。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/19(火) 22:31:03
葬式の直後の夜から、亡くなった父親が現れるようになったそうです・・・・・
それも、何か言いたげ?な様子で、しきりに訴えかけてる感じがしてたそうです。
その女性はこう言ってました・・・・
「私にとっては大好きだった父親だから、怖くもないし、別に困ったこともなかったんだけど・・・・
 母親にとっては、ショックで寝たきりになってるところに、毎晩出て来られたら・・・・・・・・」

母親は、最愛の夫とまだ幼い娘を亡くしたショック、そして毎夜毎夜現れる夫に・・現実と架空?の狭間に
押しつぶされそうな状態になってしまったそうで、発狂寸前なところまで追い込まれてしまったそうです。
そんな状態になってることを聞いた親戚の方が見るに見かねて、お払いをしてもらったらどうか?と言われて、数日後にお払いをしてもらったそうです。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/19(火) 22:32:16
その女性が突然立ち上がって、「付いて来て?」っと言うので、私と悪友は言われるがままに、後を付いていきました。
階段を上がり、2階の4つある部屋のうちのひとつの扉の前に来ました。
おもむろに、その部屋のドアを開けました、中は電気がついておらず、廊下のあかりが少し差し込み、うっすらと机と椅子が見えます・・・・・
書斎?な感じの部屋にみえましたが、何かゴチャゴチャ散らかってるように見えました。
電気のスイッチをパチンッと入れると、部屋全体が見えました・・・・・
その瞬間、私と悪友は後ずさってしまいました。 部屋の壁と言わず、床と言わず、天井、壁、床、机、椅子、窓、部屋中全てに「御札」が貼ってあるのです・・・・・
よく見ると、釣り?が趣味なのか魚拓が貼ってありました、もちろん御札がその上に貼られてましたが・・・
階段を下りながら、女性は言いました。
「アレで、お父さんはもう現れなくなったのよ・・・・けど妹達は・・・・・・・」
まだ、幼い妹達の魂には「死」というものが理解?できないらしく、お払いをされた方もお手上げ?だったそうです・・・・・
お払いの後も、その妹達は頻繁に現れ、「遊んで?」っと言わんばかりにいろんな物を動かしたり、走ったり、時には楽しげに笑う声が聞こえたり、時には悲しそうにジっと見つめられたりしたそうです。
「私は全然怖くもないし、かわいい妹達だから・・・」っと言いながら、リビングの窓まで歩いて行き、カーテンを少しめくって
「あそこにプレハブがあるでしょ? 私の母はあそこで寝てるのよ、うるさくて眠れないから?って・・・」
ちょっと、悲しげな表情で笑いながらそう言いました・・・・・

私はそれまでに起こった不思議な出来事を女性に説明しました。
「多分、妹達ね? 悪気は全然ないのよ、ただの悪戯だと思って・・・、トイレの外の影は・・・多分父親
 だと思う。 家には入ってこれないから・・・男の子が来たから心配だったんじゃないのかな?」
また、悲しげな表情のまま笑いかけるように私達に向かって話してくれました。

ちょっと、外が明るくなってきました・・時刻は4時に近くなってました。
「もう寝ようか?」っと言って3人の女性達は2階に上がっていきましたが・・・・・
私と悪友は・・・もちろん一睡もできませんでした・・・・・・・・・・

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 02:58:00
肝だめし

キモだめし

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 04:07:05
こえーーーーーー!!!
こんな時間に読むんじゃなかったorz

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 04:13:22
たった今、地震で目が覚めた。
落ち着きたくてCD聞いたら、今まで同じところで入ってた雑音が消えてる。
ちなみに、レクイエム

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 04:15:13
発覚や怪しいスレ巡回した後なんで・・・一服の清涼剤ってかwww

残業で事務所には俺一人・・・・(ry

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 04:35:36
オカルト板のよりこういうとこに立つオカルトスレのほうがおもしろいのはなんでだろ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 00:09:07
また拾ってきたw

かれこれ、15年前の今頃?だったでしょうか・・・・
当時、私は「宝塚歌劇団」のお膝元っつ〜か、宝塚歌劇団の学校のまん前に住んでました(爆)
んな事はど〜でも良いのですが・・・・京都の綾部に、うまいラーメン屋があるっ?って事を聞きまして、当時(今もか?)非常に身軽だった私は、現嫁とともに、愛車R32で午後2時過ぎから綾部に向かいました。
173号を北上しつつ、抜け道に入りました。 このルートは何回も行った事のあるルートで綾部方面に向かう時はいつも使う道なんですが・・・・・・・
分岐で山道に入った頃に、それまで晴天だったのが、突然夕立のような激しい雨にかわりました。
まあ、んな事は気にせずドンドン走ってました・・・・・・・・・・・・
険しい?山道を抜けると、急に開けて道沿いに数件の家が立ち並び、道の脇には幾つかの田んぼがある場所にでます・・・
ここまではいつもと同じです。
ただ、違った?のが、夕立のような大雨のなか、その一見のどかに見える田んぼや、道脇に、人が5〜6人見えてました。 いえ、人がいておかしい?わけじゃないです、もちろん。
その見えている人たち・・・背負子?を背負ったお婆さん、キャッチボールをしている子供達、白い帽子、白いひらひらした服を着ている女性、田んぼで農作業している人達・・・・・
なんか、おかしい??????のです・・・・だって、R32のフロントウィンドウには大粒の雨がバチバチ音を立てているのです・・・・その中で、見えてる人達は、さも雨が降ってないかのような立ち振る舞い?なんです・・・・
そして、古い?んです・・・・キャッチボールをしている子供の服装、白い帽子、白い服を着た女性、どちらも昭和30年代な装いなんですが??????
あっけに囚われながらも、車を止めず、そのまま大雨の中の異様な風景を見ながら、その場所を通過しました・・・・・・嫁とも、無言のまま、ただ車を走らせました、まるでさっき見えてた光景が嘘?のように・・・
その場所を通過すると、また険しい山道になり、抜けるともう目的地はすぐそこです・・・
結局、大してうまくなかったラーメンを食べ、途中で買い物やらなんやらしてから帰路につきました。
もちろん、来た道と同じルートです。


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 00:09:57
また、山道にはいりまして、人家が見える場所まできました、時刻はすでに7時を回ってました。
そしたら、行き掛けにはなかった、「迂回路」の標識が道の真ん中に置いています????
「なんじゃコリャ??」っと思いましたが、「迂回路」と書いた道順に行くしか、進めなさそうです。
しかたないので、その看板の道順に従い車を進めましたが・・・・・
何度その道順通りにいっても、同じ所に帰ってきてしまい、先に進めません・・・・・・・・・
別に、看板に書いてある道順って、複雑な訳ではなくて、分岐点はたったの2箇所・・・・・
実際にゆ〜〜っくり走ってみても、示す道に分岐は2箇所しか無いのです・・・・
念のため、看板に書いてある方向と逆に走って見たりもしましたが、どの組み合わせで走ってみても、市内に戻る一方で、帰る方向になりません???
既にとっくに日は暮れて、時刻は9時を回ってました。
相当な田舎道なもんで、約1時間半以上うろうろしてるのにすれ違う車は一台もいません・・・・・・・
もう何回目だったか覚えていませんが・・・・・途中で何か不思議な感覚に襲われました。
薄暗いって事と、山の中って事で、気が付かなかったのですが、看板を置いてある付近・・・・・・数件の家の明りが見えるのですが・・・・・・・、何かおかしいのです・・・・・・・・・
今風?じゃないんです・・・明りの種類が?????
蛍光灯って、12年前でも当然普通ですよね・・・・しかし、明りが漏れてる家のその明り・・・・・
黄色いんです・・・・・白熱球みたいなんです・・・・・
嫁に、「おかしくないか?」っと聞くと、「ウチもそう思う」って言いまして・・・・
どうしたか?っていうと、看板の道順にある程度進み、途中で家の明りが見えなくなった所で、車を降りて外に出ました。
んで、私が叫びました、「ええ加減にせ〜よゴラっ!!!!」って・・・・・・・・・・・・
んだら、何でかわかりませんが、道順通りに進むと、今までどうやっても同じ所に戻ってきてたのが、元来た道に出てしまい、無事に帰りつく事が出来たのですが・・・・・・・・・
未だに、あの時の光景、感覚は忘れる事が出来ずに、この時期になると思い出します・・・・・・・
いったい、何が起こっていたのでしょうか????? 信じられませんが、タイムスリップだったのでしょうか・・・


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 06:24:53
どこから拾ってきてくれてるかわからないけど
『改行』ってのがこんなにも大切なものだって気付かせてもらった。


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 19:42:46
クレジットカードを手にした嫁は恐怖以外の何ものでもない。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 19:53:25
いつもより早く、熱心に子供を寝かしつける嫁の方が怖い

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 22:53:51
>>66
その後ガンガってあのスレを上げてくれw

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 23:55:38
いやぁー嫁のいきなりの寝言ってコワくない?ウチの嫁このあいだオレが寝ようと
寝室に行って横になったとたん「どけこらぁー!」とか言って水平チョップ出して
それが横に寝てた子供に見事に当たった。オレ本当にびっくりしてその場に固まっちゃった。
ちなみにウチノ子供もたまに寝語というの。この前「お家がせまいよー」って
言いやがった。悪かったなぁ。父さんがんがるよ。


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/25(月) 13:00:48
すげー怖い話するよ

パック飯にレトルトカレーかけてちんしてさあ食おうと思っったら・・・・・・




70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/25(月) 22:43:31
みなさんもレトルトカレーって食べることありますよね?
私も結構好きでしてね。まぁそんなにしょっちゅう食べるわけでもないんですけど
たまに、無性に食べたくなる、ええ、なんでかわかんないんですけど、そんなときがあるんですよ。

で、そんなレトルトカレーの話でしてね。
怖いっていうより、なんかこう、不思議な、感じの話なんです。

私の仕事仲間のUさんって人、この人もカレーが好きな方でして
あちこちのカレー屋さんなんかを食べ歩きしたりする人なんですけどね。
この人が、体験した、ちょっと不思議な話なんですよ。

Uさん、休みに家でいたんだけど、お腹がすいてきた。
で、なんかないかなぁ、って家の中探してたら、レトルトカレーが出てきた。
Uさんはカレー好きなんだけど、レトルトってのは、こう、あんまり、好きじゃなかったんですよ。
なんか、味気なく思うんでしょうね。

でも、この日はそれしかなかったんで、ガマンすることにしたんだけど
で、パックの御飯てありますよね。レンジでチンするやつ。あれにレトルトカレーをかけて、レンジに入れて、あっためて
さあ、食べようって思っったら・・・

なんか「っ」がいつもより多いらしいんですよ。
いつもは思っただけなんだけど、その時に限って思っったんだって。
Uさん、不思議に思ったけどBS入れて「っ」を消したんだけど、また出てくる。
何回消しても思っったになっちゃう。

で、もういいやって思っってカレー食べてたら、いつの間にか消えてたらしいんですよ。
「稲川さん、あの「っ」ってレトルトカレーがなんか言いたかっっったんですかね」
って言ってたけど。
なんか、そういう、不思議な話って、あるんですよね。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/26(火) 01:33:09
なんのこっちゃ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/26(火) 21:06:31
>>70=>>9

73 :70:2007/06/26(火) 22:48:03
>>72
>>9を見ていつかやってみようって思ってて
ちょっと稲川口調にチャレンジしてみた。


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 10:12:46
>73
元発言に落ちがないから、そのチャレンジは無謀だと思うぞ
でも、稲川口調は好きだ。
ばっちりあの顔と声が再現されるw

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 23:26:32
たたにはアゲ

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 23:53:40
229 名前:本当にあった怖い名無し メェル:sage 投稿日:2006/10/16(月) 15:24:34 ID:1xtNJ2K+0
コレ、アタシが学生の頃の話なんですけどね。
今から14、15、16年前かな。
コンビニエンスストアってのがありますよね。
仮にコンビニとしときましょうか。そこにいったんだ。

で、入り口入ったらすぐのところに雑誌がおいてある。
Hな本なんかもあって、アタシもそういうの嫌いじゃないから、つい買っちゃう。
で、ビールやらつまみやらを持ってレジに行ったんだ。
そしたら、バイトの兄ちゃんがレジ打ちながら、アタシのことジ〜っと見てくる。
これがウホッてやつ? よせや〜い。
やだな〜、きもちわり〜な〜、なんて思いながら急いで金払って店を出た。

そんでアパートまで、てくてくてくてく歩いて帰って、
玄関の前で、なんとな〜く変な感じがしてフッと下を見たんですよ。
あっちゃいけない、あっちゃいけないんだ、そんなこと。
アタシの脇の下にさっきのHな本が挟んだままになってたんだ。
バイトの兄ちゃんの視線の意味が分かった瞬間、アタシ意識がフ〜ッと・・・

大人になってエロ本を万引きする。
そんな話が本当にあるんですねえ。えぇ。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 08:50:59
780:閉鎖まであと 8日と 18時間 :2007/01/15(月) 02:08:54.10 ID:7/BLERGo0
怖いから部屋から風呂まで
全部電気つけて風呂入ってきた\(^o^)/

だるまさんが転んだは平気だった
むしろ風呂出て部屋の電気つける時
掛けてた鞄が落ちた時のほうがビビったw

816:閉鎖まであと 8日と 18時間 :2007/01/15(月) 02:14:35.93 ID:WxY+0GlpO
>>780
なんか凄いゾッとしたんだけど、なんで部屋の電気消えてんの


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 02:39:27
保守

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 13:07:36
夏だがなんかないのかw

80 :ヤジピンク:2007/07/26(木) 13:18:52
ヌメヌメっとしてい

ポトフは腐りかけ

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 13:21:10
ガンバレ
ッ気合で食べろ

82 :ヤジピンク:2007/07/26(木) 21:28:29
おぬしなかなか
やるな
スポ根アニメ並みの気合で完食してやるぜ

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 21:32:46
手ガ痛くなってきた
きッと腱鞘炎だ

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 03:38:15
昨夜ぬこと一緒にハンバーグを
こねる予定だったのに
ピンポンパン見てたら寝ちゃったよ。

85 :ヤジピンク:2007/07/27(金) 06:41:45
私の記憶ガ確かなら
放送終わッてないか?

86 :ヤジピンク:2007/07/27(金) 21:19:40
こんな蒸し暑い日はぬるめの風呂に入り
ビール飲みながら、ルパンが最高だな
パンツも履かずスッポンポン
正しい日本の夏w

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 21:26:42
アッ!始まってる!しまった!

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 21:45:26
一週間前の話。
娘を連れて、ドライブに行った。
なんてことない山道を進んでいって、途中のドライブインで飯食って。
で、娘を脅かそうと思って舗装されてない脇道に入り込んだ。

娘の制止が逆に面白くって、どんどん進んでいったんだ。
そしたら、急にエンジンが停まってしまった。

山奥だからケータイもつながらないし、車の知識もないから
娘と途方に暮れてしまった。飯食ったドライブインも歩いたら何時間かかるか。
で、しょうがないからその日は車中泊して、次の日の朝から歩いてドライブイン
行くことにしたんだ。

車内で寒さをしのいでるうち、夜になった。
夜の山って何も音がしないのな。たまに風が吹いて木がザワザワ言うぐらいで。

で、どんどん時間が過ぎてって、娘は助手席で寝てしまった。
俺も寝るか、と思って目を閉じてたら、何か聞こえてきた。

今思い出しても気味悪い、声だか音だかわからん感じで

「テン(ケン?)・・・ソウ・・・メツ・・・」って何度も繰り返してるんだ。

最初は聞き間違いだと思い込もうとして目を閉じたままにしてたんだけど、
音がどんどん近づいてきてる気がして、たまらなくなって目を開けたんだ。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 21:46:35
そしたら、白いのっぺりした何かが、めちゃくちゃな動きをしながら車に近づいて
くるのが見えた。形は「ウルトラマン」のジャミラみたいな、頭がないシルエットで
足は一本に見えた。そいつが、例えるなら「ケンケンしながら両手をめちゃくちゃに
振り回して身体全体をぶれさせながら」向かってくる。

めちゃくちゃ怖くて、叫びそうになったけど、なぜかそのときは
「隣で寝てる娘がおきないように」って変なとこに気が回って、叫ぶことも逃げることも
できないでいた。

そいつはどんどん車に近づいてきたんだけど、どうも車の脇を通り過ぎていくようだった。
通り過ぎる間も、「テン・・・ソウ・・・メツ・・・」って音がずっと聞こえてた。

音が遠ざかっていって、後ろを振り返ってもそいつの姿が見えなかったから、ほっとして
娘の方を向き直ったら、そいつが助手席の窓の外にいた。
近くでみたら、頭がないと思ってたのに胸のあたりに顔がついてる。思い出したくもない
恐ろしい顔でニタニタ笑ってる。

俺は怖いを通り越して、娘に近づかれたって怒りが沸いてきて、「この野郎!!」って
叫んだんだ。
叫んだとたん、そいつは消えて、娘が跳ね起きた。

俺の怒鳴り声にびっくりして起きたのかと思って娘にあやまろうと思ったら、娘が
「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれた」
ってぶつぶつ言ってる。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 22:04:58
やばいと思って、何とかこの場を離れようとエンジンをダメ元でかけてみた。そしたら
かかった。急いで来た道を戻っていった。娘はとなりでまだつぶやいている。

早く人がいるとこに行きたくて、車を飛ばした。ようやく街の明かりが見えてきて、
ちょっと安心したが、娘のつぶやきが「はいれたはいれた」から「テン・・ソウ・・メツ・・」に
いつの間にか変わってて、顔も娘の顔じゃないみたいになってた。

家に帰るにも娘がこんな状態じゃ、って思って、目についた寺に駆け込んだ。
夜中だったが、寺の隣の住職が住んでるとこ?には明かりがついてて、娘を引きずりながら
チャイムを押した。

住職らしき人が出てきて娘を見るなり、俺に向かって「何をやった!」って言ってきた。
山に入って、変な奴を見たことを言うと、残念そうな顔をして、気休めにしかならないだろうが、
と言いながらお経をあげて娘の肩と背中をバンバン叩き出した。

住職が泊まってけというので、娘が心配だったこともあって、泊めてもらうことにした。
娘は「ヤマノケ」(住職はそう呼んでた)に憑かれたらしく、49日経ってもこの状態が続くなら
一生このまま、正気に戻ることはないらしい。住職はそうならないように、娘を預かって、
何とかヤマノケを追い出す努力はしてみると言ってくれた。妻にも俺と住職から電話して、
なんとか信じてもらった。住職が言うには、あのまま家に帰っていたら、妻にもヤマノケが
憑いてしまっただろうと。ヤマノケは女に憑くらしく、完全にヤマノケを抜くまでは、妻も
娘に会えないらしい。

一週間たったが、娘はまだ住職のとこにいる。毎日様子を見に行ってるが、もう娘じゃないみたいだ。
ニタニタ笑って、なんともいえない目つきで俺を見てくる。
早くもとの娘に戻って欲しい。

遊び半分で山には行くな。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 04:05:06
info@pita.st壁に浮き出きた、謎の絵?手にも見えるし、蛇にも見える。嫁の部屋に浮かび上がった。悪戯一切してません。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 04:07:39
失敗した、今度はどうだ?http://p.pita.st/?m=4tijfkpq

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 20:15:38
>>92
何だろう?
カビにしたって、すぐには出来ないだろうしな。
色々な人に見てもらいたいからage

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 23:28:01
>>92です。元々嫁は霊感みたいなのがあって、不思議体験てんこ盛りだった。嫁と一緒になってから俺も不思議体験をするようになり、心霊を信じるようになった。
しかしながら今回のように、証拠写真を残せたのは初めて。
嫁の話によると、ほんの30分ぐらいの間に浮き出たそうだ。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/29(日) 00:20:17
>>94
30分で浮き出てきた?
何だろう・・・
気になるが俺は霊感ないからわからない・・・スマソ
オカ板で鑑定してもらったらどうだろうか?
嫁とお前さんの不思議体験、聞いてみたいな。

96 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 01:30:34
オカ板とかだと、盲信的になりそうでいやなんだ。冷静に第三者的な人に見てもらいたい。
何でもかんでも祟りとか呪いとかで話が進んでしまうだろ?
ちなみに部屋はL字型なんだが、三方に浮かび上がった。丁度ベッドを取り囲むように。
その三方にエアコンはないのでエアコンの水とかも考えられない。

97 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 01:59:33
いまいちどんな壁なのかわからんけど
接着剤の成分が浮き出てきただけじゃね?

98 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 02:18:41
あ!そうなの?よかった、もう、マジでびびってたよ!

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 17:52:24
嫁に霊感があるんなら、霊的な感じがあるのかどうか聞けばいいんでない?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 21:12:52
このビビリようからみて、
聞いて見たいけど、聞きたくない、と言ったところかw

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 21:16:18
テン、ソウ、メ、面白かった
スレの書き込み形式だと、妙な臨場感があるよな。
コトリバコも中々くるもんがあった

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 21:31:39
>>101
テン、ソウ、メ、って何?
コトリバコは読んでて鳥肌立った・・・

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 23:35:41
>>98です。そうなんです。実はものすごく怖いんです。嫁さん曰くなんでこんな家たてるかな?ってくらい風水的にも×な家なんだと。
なんで住んでんの?と聞かれたら、前のマンソンが賃貸トラブルで慌てて引越ししなければいけなくて、介護老人とペットOKな物件がここしかなかった。介護サービスを受ける為にも市外に引越し出来なかったんだ。
嫁さんは一応払ったから大丈夫と言っている。
今ほんのりと心当たりはペットの猫がこの家に来てから次々に亡くなった。まあ、死因は老衰で苦しまずに亡くなったのだが。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 23:52:11
>>103
おまえがオカルトを現実だとを信じてるなら心霊現象なんじゃねーの
そのまま嫁にたよっとけよw

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 23:59:22
>>104
元々心霊は全く信じてなかったのは事実。だが数年前に嫁さんがうちの親族の心霊トラブルを解決してから、家の親族は嫁さん教になった。
会った事もない親族のトラブルを言い当て、アドバイスしたらピタリと怪異がおさまったんだ。
嫁さんが心配ないと言っているので信用する事にするよ。ありがとう。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 00:08:51
>>102
たぶんこれかな?
ttp://syarecowa.moo.jp/157-1/11.html

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 01:00:31
>>106
サンクス
これもキモイな・・・

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 09:57:30
>>106
っていうか
>>88
だw

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 17:30:47
>>108
あーコピペしてあったのかw
スルーしてたよ。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 16:51:42
なんだまた過疎っちゃったのか

111 :しょr:2007/08/08(水) 16:36:42
ぞ〜ろ〜め〜

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 16:05:19
昔、俺が実際に体験した話
実話なんでオチがないかも知れんが勘弁してくれ

俺が大学1年になった夏休み、各地の大学に散らばってしまった
友人たちも地元に戻ってきた
皆、それぞれ免許をとって、バイクや車で夜中に集まって雑談していた。
夜中の1時を廻った頃、友人の1人が、
「近くに心霊スポットがある、行ってみないか?」
と言い出した。
その時の構成は車1台(3人乗車)バイク2台(俺、友人B)の5人
俺は、ちょっと霊体験みたいなことが過去にあったんで、正直行きたく
無かったが、他の皆がノリ気になってるこの状況では一人だけ行かない
って訳にはいかない
俺とBのバイク2台が先導し、後ろをソアラが付いてくるって感じで、
心霊スポットになっているトンネルに向かう。
そこは、国道のバイバスから山に向かって分岐があり、そこから進入して
行かなければならないのだが、普段全く気が付かないような分岐だ
道の両脇の草が伸び放題で、一見して道路って感じがしない
車の連中が、草が車に当るんでわざわざ車から降りて、草を押しのけて
分岐を入っていく。
分岐の入り口を過ぎると、一応道路らしい感じになっているのだが、
舗装はあちこち凹み、ボロボロで、工事車両が付けたような泥の塊が点々と
道路に落ちていた、もちろん外灯なんか全くなくてライトを消せば真っ暗だ
車同士のすれ違いは厳しいぐらいの道幅だが、ところどころに舗装されないが
車が避けれるほどのスペースが確保されている。
15分ほど走ると、少し道が広くなり、山の中から開けたような所になった。
その頃になると、目も慣れてきて月灯りでライトの当って無い所も見える
ようになってきた。
道の両側の山の斜面を見渡したが、家らしきものは見当たらない、夜中だと
いうことで、電灯をつけていないのもあるかも知れないが、家が建ちそうもない
ような山の斜面が続いている

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 16:10:48
道がちょっと広くなってから、5分ほど走った時、一台の車が止まって
いた。
こんな時間に何故車が??っと友人Bも思ったらしく、走りなが2人で顔を
見合わせて、ハンドサインで「止まれ」の合図をした。
その車に近寄って、バイクを降りると、俺たちと同じぐらいの年代の男が
2人降りてきた。
俺たちが口を開く前にその男達が「今からトンネルに行くのか?」
と聞いてきた。
「そうなんだけど、君等は行ってきた帰りなのか?」
と聞いてみた
「ああ、そうや、さっきトンネルを抜けて戻ってきたんだけど、車の
 エンジンの調子が悪くなって動けなくなっちまった、今無線で友人
 に連絡して助けにきてもらってるんだ」
そりゃ大変だねっと言いながら、俺はすごく悪い予感がしてた
「まさか、トンネルに行ったせいで止まってしまったのかな?」
なんて冗談めいた口調で男達に言ってみた
「そうかも知れないなぁ・・幽霊とか見れなかったけど、確かに気持ち悪い
 トンネルだったよ・・・気をつけて行ってきなよ」
判った、と答えながら何に気をつけて良いのか見当も付かない。
とりあえず、車で待機してる3人に状況を説明し、軽くクラクションを鳴らし
て、先に進んだ。
5分も走らないうちに、問題のトンネルが現れた
確かに、気持ちが悪いトンネルだ
ライトを上目にしてトンネル内を照らしてみるが、出口は見えない。
ところどころ水滴が落ちていて、舗装もガタガタになっている
入り口には「通行注意」という看板が引き抜かれて倒れている

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 16:25:15
車の連中も降りてきて、5人でトンネルの前に集まった
「どうする??」
「どうするったって、ココまで来たら行くしかないだろ」
「そうだな・・・」
俺とBのバイク2台が中に入り、ソアラが後ろから付いてくる
路面が路面だから、速度はそんなに上げることは出来ない
トンネルに入ると、バイク2台の排気音がトンネル内にこだまして、うるさい・・・
次に何かが聞こえてきた・・・・高い音・・・いや、声だ、女の声が聞こえる
横のBを見た、Bも何か聞こえているのか、しきりにキョロキョロして
トンネルの中を見ている
そうこうしてる間に、トンネルを出てしまった
車が出てくるの待って、向きを変えてもう一度トンネルに入る
やはり、声が聞こえる・・
声といううより、叫びのようだ・・「きゃぁああ」とか「あぁぁっぁぁぁ」
とか言う風に、呻いているような声だ・・・
トンネルの丁度真ん中辺りで俺は、Bを止めた
「なぁ、ライトはつけててイイから、エンジン切ってくれないか?」
「ええ?? ・・・判った、ライトは点けてていいんだな」
俺はバイクを降りて、後ろの車にもエンジン切ってカーステを止めてくれ
と伝えた。
全てのエンジンの排気音が消えた
しかし・・やはり俺の耳には女の呻き声が聞こえてくる
「もういいよ、行こう」
と真っ先にエンジンをかけて、走りだした。
トンネルを出たところで、バイクを降りてBを待った
Bが出て来て、俺に言った
「さっき、トンネルの中で女の声がしてたよね・・」
「やっぱり、お前にも聞こえたのか?」
「うん、最初はさぁ、マフラーの音がやかましくて共鳴してるのかな?
 と思ってたけど、**がエンジン切ってと言ったでしょう、あの時に
 はっきり判った、女の声だって・・」

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 16:32:29
支援

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 16:33:48
ピーコ?

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 16:40:21

車の連中に「女の声が聞こえたか?」と聞いたが、3人とも
なにも聞こえなかったと言う
「またまた〜、ビビらそうとしてるんだろ〜」
とか、言ってやがるし・・
時計はすでに2時を過ぎていた
「そろそろ帰るか」
の声に、トンネルから離れていった
2人組の車も既に無くなっていて、無事に帰ったんだな・・・と思いながら
走ってた。
バイパスとの分岐を出て初めての信号がある場所で、いきなり後方から
叫び声が聞こえた
「うわぁああああああ」
と叫びながら、ホントに転がり出るようにソアラから3人が出てきた
「どうしたんだよ、落ち着けよ」
と言う俺の言葉に、3人とも答えることが出来ない。
しかたないので、俺が車を動かして脇に寄せた
自販機があるところまで3人を連れて行き、缶コーヒーを手渡して
落ち着かせようとした。
「一体、どうしたんだよ、何があった?」
「車の中に・・・ナニかいた・・」

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 16:45:35
支援

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 17:14:49
トンネルから帰り始めて、直ぐに車内に変化があったらしい
始めは小さな音がし始めた
ルームランプの真下辺り、パチンっていう音だったらしい
「誰が鳴らしてんだよ?」
「俺じゃねーよ」
「俺でもないよ」
とか、やってる内にも、どんどん音が大きくなり、ルームランプの真下
だけじゃなく、足元やバックドアの辺り、いろんなところから音が鳴り
出してきて、パチンという音が、ドンドンという叩くような音に変わって
きて、最後は窓を叩くような音になってきた。
3人はどうすることも出来ず、運転しているヤツはひたすらでかい道に
出るまで我慢していたらしい
後ろに乗ってたヤツは、車が止まる直前には、はっきり窓を叩く”手”が
見えたそうだ

3人は口々に、
「もうその車には乗りたくない」
と言っている
2人は、俺とBのバイクの後ろに乗せて帰ることが出来るが、車の持ち主
は、どうしようもない
なんとか、説得したが嫌だ嫌だといっている
しかたがないので、結局日が上るまで5人で自販機の前でずっといる事に
なってしまった

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 17:22:31
支援

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 17:26:17
そして、この事があってから2日後
車にのっていたうちの一人のTは、彼女が運転する車の助手席に乗っていた
眠くなったTは、シートを倒して、居眠りをしていたらしい
そして、彼女も寝てしまい、大型トラックに突っ込んだ
彼女はシートベルトをしていた為に、軽症ですんだが、Tはシートを倒していたが為に
ぶつかったショックで、足元に滑り込むように強打し、両足複雑骨折で3ヶ月入院した。

同じく、車に乗っていたYは、トンネルに行った日の4日後、Tの見舞いに行った帰りに
交差点で右折してきた車に横から突っ込まれ、右手、右足骨折で1ヶ月入院

車を運転していたKとBは無事で、怪我などはしなかった

俺は、Tとkを見舞いに行き、地元から大学に戻った週末に、バイクで大事故を起こし
4ヶ月の入院となってしまった

トンネルに行った日から10日以内に5人中3人が入院してしまったが、これがトンネルに
行ったせいなのかどうなのかは、わからない。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 19:47:15
怖くはないけどお盆が来る度に思い出す不思議な話。

今から10年ぐらい前、長男が4才の時の夏。
俺達家族は例年のごとく俺の実家に帰省していた。
父は10年以上前に事故で亡くなっていて実家には祖母(父の母)と母の二人。
長男も4才になりおもちゃなどがあれば一人で遊ぶ事が出来るようになっていた。
実家は古い家屋で部屋数も多い。
長男は持参したおもちゃを持って空き部屋で遊んでいる。
しかし様子が変だ。誰かに話しかけるような言動や突然笑い出す事を繰り返していた。
夕食の時に妻が「何して遊んでたの?」と聞くと
長男は「じいちゃんと遊んでた」と答える。
んん?っと思い「じいちゃんって誰?」と聞き直すと長男は仏間へ行き
父の遺影を指さした。俺も母も妻もポカーン。
祖母がニコニコしながら「お盆だから○○(父)が帰ってきてるんだね」と言っていた。
翌日も一日中というわけではないが長男が一人になるとまた誰かと遊んでいる。
それは部屋だったり庭だったり、何か話していたり格闘のまねごとしていたり。
俺達が近づくと長男は我に返ったように大人しくなる。
祖母以外は不気味というより不思議な気分になっていた。
そんな事があって自宅へ戻るのを翌日に控えた四日目の夕食の時。
長男が突然母に向かってこう言った。

「長崎がよかったって」

俺と妻は??? 母を見るとみるみる表情が変わっていく。
そしてボロボロと大粒の涙を流し泣き始めた。
「じいちゃんがそう言ったの?」母が尋ねると
長男はコクリと頷きテレビに視線を戻した。
母は30分近く泣き続け、意味の分からない俺達に事情を話し始めた。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 19:47:57
父と母は大の旅行好きで小さい頃は家族でよく旅行に出掛けた。
俺を始め子供達が大きくなって部活などで忙しくなっても夫婦二人でよく旅行に行っていた。
質素な生活の中でそんなちょっとした旅行が両親の趣味だった。
父が亡くなる前の晩、母は父に何気なく尋ねたそうだ。
「今まで行った所でどこが一番楽しかった?」
父は「いろいろ行ったしどこも楽しかったからなぁ」と明確に答えなかったらしい。
そして翌日の夕方、事故で亡くなった。
父はずっと保留していた返事を初孫である長男に伝言を頼んだのだろうか。
母は「どうして私に直接言ってくれないんだろうねぇ」と泣き笑いだった。
祖母はニコニコしているだけだった。
しかし父が出てきたのはその時だけで、見たのは長男だけ。
後日、長男に父の事を聞いてもいまいち要領を得ないし
中学生となった今ではその時の事は全く覚えていない。
それから毎年お盆の期間には俺達夫婦を始め俺の弟達も帰省して
みんなで両親のアルバムを見るのが恒例となった。

長崎のどこが楽しかったのかと母に聞いた事がある。
母は「秘密」とニコニコして答えるだけだ。
新婚旅行で訪れた長崎でどんな思い出があったんだろうか。
今年もお盆が近づいてきた。


124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 20:51:12
( ;∀;) イイハナシダナー

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 21:14:51
じわっとくるぜ


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 22:18:25
>>121
通常の怪談だと必ず死人が出て「あ〜、はいはい」てなるんだが、
怪我して入院ってのがリアルで怖いね。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 13:35:51

小さい頃、じいちゃんが死んだ。俺は小さいから死というものがよく理解できず両親が
変な服(喪服)を来て泣いてばかりいるのが不思議だった。じいちゃんは箱に入れられ
て、変な服(白装束)を着せられていた。出棺後、車の中で「これからどこへ行くの?」
と聞くと、母は「おじいちゃんを焼きに行くのよ」と答えた。その答えが何だか恐くて、母の
膝に顔を埋めていたら、そのまま寝てしまった。

目が覚めるとすべてが終わっていて、俺は自宅の布団にいた。起き出していくと両親は
普段通りの姿で、母は夕食の準備をしていた。おかずは、豚の生姜焼きだった(じいち
ゃんが生前好物だったらしい)。準備が整って、いざ食べようとしたとき、父がじいちゃん
を思い出したのか「お父さん・・・」と言って泣き出した。

俺は、車中での母の話と合わせて、これはおじいちゃんを焼いた肉だと思い込んでしま
った。それでも両親が食べ始めたので、俺も食べた。旨かった。俺が「おじいちゃんおい
しいね」と言うと、母が「**ちゃん、おじいちゃんが見えるの?」と驚いた。俺は目の前
の肉の事だと思って「うん、ぼくの前にいるよ」と言った。その答えに両親が再び激しく泣
き出したので、これは間違いなくじいちゃんの肉だと確信した。

誤解が解けたのは小学生になってから


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 13:46:06
俺が覚えてる中で一番古い不思議な記憶。怖くはない。
自分の記憶と母の証言を繋ぎ合わせて書いてみた。

俺がまだ幼稚園に行くか行かないかぐらいの歳の頃。
いつもは近所の子供とみんなで遊んでいたのだが
いつしか一人の男の子と仲良くなった。
名前はまさのり君。一つ年上だ。
俺の記憶にはまさのり君と二人で遊んだ記憶が鮮明に残っている。
まさのり君の家の庭で遊んだ事、まさのり君の家で遊んだ事。
近くの池で俺が溺れた時、まさのり君は手を掴んで助けてくれた。
しかしまさのり君と遊んだ事は覚えていてもそれ以外は全く覚えていない。
遊びに誘いに行く風景、バイバイする時の風景、まさのり君の家族・・・記憶にない。

ある日、俺は母に今日もまさのり君のところに遊びに行くと言った。
「誰それ?」
母は全く知らなかった。何度訴えても母は知らないと言う。
俺は泣きながら母の手を引っ張りまさのり君の家に連れて行った。
(ここは俺も母も鮮明に覚えている)
俺の家からわずか50mぐらい離れた所にあるまさのり君の家は朽ち果てた廃屋だった。
俺は意味が分からずその後何日もまさのり君を探し回ろうとしたらしい。
まさのり君に会えず落胆した俺を納得させる為
母は遠くに引っ越したと話しを合わせて俺を言い聞かせた。

小学生になって俺は無性にまさのり君に会いたくなり
母にどこへ引っ越したのか聞いた所、まさのり君なんかいなかったし
あの家は母が嫁いできた時から廃屋だった事を教えてくれた。
池で溺れた時、俺は一人だった。
近所の友達に聞いても誰も知らなかった。

まさのり君は俺が創り上げた幻想だったのだろうか。
それにしては記憶が鮮明過ぎる。
やはり彼は俺にしか見えない形であの廃屋に存在したのだろうか。
それなら彼は何故突然姿を消したのか。
廃屋は解体され今は別の家が建っている。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 14:00:10
これは、真面目にうちに代々受け継がれてる話だ
もちろん、俺も小さい時から言い聞かされてきた

うちの実家は四国の山間部にある
しかし、俺が生まれた家より、更に山奥に入った
ところに、うちの先祖が代々暮らしてきた土地がある
今は、そこには畑と、昔すんでた家の跡と、神社
とはいえないほどの小さな神社らしきものがある

うちは源氏の血を引く家系だ
四国には平家の落人伝説が各所であるが、忘れては
ならないのが、平家を追って源氏もかなりの数が四国
に入ってきていたということ・・・
しかし、まぁ、おれの爺さんが言うには
「追っかけてきて、帰り道を忘れたアホな先祖」
と言っているのだがw
まぁ、普通に中学の時の歴史の時間には、先生が
苗字で、「あなたは平家、あなたは源氏」ってな感じ
で振り分けができるような土地柄だ

話を戻す
俺が親父や爺さんに、言われた話
上に書いた、俺の先祖がすんできた土地にある神社
らしきものに対して必ずお祭りをしなければならない、
決して欠かしてはならない
決められた日に、何がおきようとも祭り事を形式に
のっとって行う事
家長は必ず、先頭に立って祭りを取り仕切る事

祭り事についてはkwsk書かないが、用は神主さんを
招いて、祭り事をする訳だが、今は俺の親父の役目
なんだが、俺は長男なんで引き継ぐ事になっている

何故、そんな事をしなければならなくなったのか??
それは、江戸時代初期まで遡る

事は俺から数えて、12代前まで戻らなくては成らない
これは言い伝えられてきたことだから、事実とは違う
かも知れないが、今となっては事実を確認する書物も
ないし、聞かされた事を信じるしかない

当時、俺の祖先は山師(木こり?)をして暮らして
いたそうだ
というか、祖先が住んでた場所は今でも山の中で斜面
ばかりで、木こりとして暮らしていくしか無いような
場所だ
斜面には少しばかりの畑があるが、自分達が暮らすために
最低限の食料ぐらいしか取れない面積だと思う

そこへ、坊さんが迷い込んできたそうだ・・・
山の中の集落に、坊さん一人が迷い込んだ


130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 14:03:35
のちの一休さんである。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 14:10:18
>>129
源氏の血・・・

将軍になれるぞ将軍に!
今すぐ幕府を開け!
開き方は市役所にでも問い合わせるといい。


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 14:21:41
そのお坊さんは、身なりも汚らしく、乞食のような
風体だったらしい
話を聞くに、道に迷い山に入ってしまい、数日間食い物
なく彷徨ってたとの事
手厚く介抱し、数日間滞在させていたらしい
お坊さんの体調も大分回復してきた頃、彼は
「困りごとはないか? あれば力になってやる」
と言ったそうだ。
今でも残っているのだが、先祖が住んでいた土地には
沢があり、飲料水や生活のために利用していた。
ただ、その沢は少しの雨でも氾濫し、いくら堰を作っても
流されてしまい、毎回小さな田に引き込む為の堰を作り直して
いたらしい
「この堰が壊れないようにならないものか・・」
と言ったそうだ
すると、その坊さんは沢に向かい、水に浸かりながら
念仏を唱えた
すると、地響きがして上流のほうで大きな岩が落ちた
らしい
そのせいで、水の流れが変わり沢の中心部を流れていた
水が両脇に均等に流れるようになった
驚いた先祖は、徳の高いお坊様だと平伏し、いつまでも
ここに滞在してくれないかと言ったそうだ
「私には行くべき場所があり、ここに長くは滞在できない
 が、介抱してくれた分のお礼はする」
と言ったそうだ

数日後、町のほうから行商のものがやって来てうちの先祖
に向かって言った
「ここら辺りに、坊さんの格好をしたものが逃げ込んでないか?」
なにやら、追われてるらしくこの辺の山に逃げ込んでいるらしく
追ってが近くの町まで来ているらしいと

直ぐに、お坊さんの事だと思ったが、もし匿っていることが
知れると、家族も皆殺しにされてしまうと思い
「ここでは見かけない」と言って行商のものを帰したそうだ

その夜、うちの先祖はお坊さんが寝込んだ際に、鎌と鍬で
なぶり殺しにし、簀巻きにして遺体を大きな川まではこんで
流した・・・・

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 14:30:04
マジすか

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 14:39:54
その翌日から変化が現れた
バタバタと家族が倒れ、熱が引かない
夢枕には、毎夜のごとくお坊さんが現れて
恨めしそうに、じぃーっと見つめている
そのうち、一人死に、2人死に、3人が死にそうに
なっていた時に、近くの神主さんが、家を訪ねて
きた。

7人家族が5人になり、また一人が死にそうになっている
その状況を見て、神主さんは
「一体、なにをしでかしたっ」
と問いかけ、先祖は今までしたことを、事細かに伝えた
すると、神主さんは
「あんたらは、大変な過ちを犯した、あんたらが殺した坊様は
 本当に徳の高い坊様で、追われるものとは全く違う、なんて
 あさはかな事をしでしかしたんだ・・・」

私では収め切れんかも知れんが、なんとか収めてみようと
神主さんは言い、一晩中お払いを続けたそうだ
その後、家族は回復していったが、神主さんは、
「完全には抑え切れん、ここに社を建てて、末代まで祭りあげよ」
と言われて、建てたのが神社らしきものである

しかし、代々うちの家系の男は大怪我をする
俺はもちろんだが、親父は怪我で右手首が曲がらなくなり、右ひざ
も60度ぐらいしか曲げれなくなった。
おれの叔父は右目を失明した。
俺の祖父は、首を強打して両足が痺れたようになり収まらない
まだ祟りは続いているのかも知れない・・・・

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 14:42:29
>>134
乙!300年も続く祟りか・・・

この話は地元では有名な逸話なのかい?

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 14:45:15
>>135
いや、うちの先祖が住んでいた所に、今も住んでいる数軒の家と
うちの家族しか知らない


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 14:56:26
>>136
実は殆ど同じ話しを読んだ事がある。確か四国だった。
お坊さんを殺して祟られたという所で終わっていたと記憶しているが
もしかしたら長い年月が経つうちに129氏の祖先から少しずつ外部に出て行って
話しが余所でも定着したのかもしれないな。


138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 15:11:00
>>137
四国と言わず、その昔貧困だった地域には、こういう話は
いくつも」残ってると思う
ただ、四国は平家の落人を殺した話とか、平家の祟りだとかの話が
調べれば幾らでもあるような希ガス


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 15:13:54
>>138
なるほど。
祟りの逸話はいろいろと聞いた事があるが
実際に祭事を執り行ってる話しは初めて聞いた。
さすが死国。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 16:42:40
ぶらっと寄った神社、山を祀ってある神社の分社なんだが夜の六時から朝の六時までは境内に入らないで
くださいという立て札があった。空気もなんというかこう張り詰めた感じがしていて物々しかった。
その社の本社のほうに行ってみたが全然雰囲気が違って、ようこそと言われた気がした。
そして、張り紙がしてあった。「夏の間は山頂の社にスタッフ全員いますんでここは空ですすんません」

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 17:36:35
うちの母方の実家は讃岐で神事を行なう家だが
残念ながら祟りだとかの話は聞いた事がないや。
ちなみにその実家は平家でも源氏でもなく藤原の家系です。
苗字がその系列で家紋があまり見られない特殊なものらしいが。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 23:19:13
先祖とか家系とか全然知らないなー
家門も知らない

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 23:23:07
>>128と同じく他の人が会った事の無い人の話なんですが

小2の頃近所の神社で兄貴や友人達とかくれんぼをしてたんだ
時間的には夕方ごろでちょっと薄暗くなったくらいかな?
遠くで見つけた〜とかって声が聞こえてて、次は俺かな?とか
思ってどきどきしてたんだけど、全然見つけてくれないんだよ
そのうち周りも暗くなるし、声も聞こえなくなり急に不安になって
もう見付かろう!と思って隠れてた小さな祠の後ろから出たんだ
その祠は神社裏手からすこし小道を入った所の、さらに
山手に向かう道の脇にあったんだ
当然すぐ戻れる距離なんだけど、いくら歩いても神社に着かない
反対に歩いた?そんなわけ無いよな、と思いながら歩いても歩いても
まったく見たことの無い光景
焦って正反対に走って祠を超えて山側(と思われる)方向にも走ったけど
まったくもって神社に着かない
もう泣きながら再び祠を超えた時、目の前におじさんがやってきたんだ
「どうした?なんで泣いてるの?」と聞かれた俺は
大人なら道を知ってる!と思って、泣きながら帰れないことを説明したんだ

144 :143:2007/08/10(金) 23:25:37
するとおじさんは神社の方向を指差して「慌てないでゆっくり行けば大丈夫だよ」
といって教えてくれた
どれだけ進んでも神社に行けなかったのに、おじさんに言われた俺は何故か
その言葉を信じてゆっくり歩いて神社に帰れると思って歩いていった
するとさっきまでまったく着かなかったのに、あっさりと神社に着いた
もう真っ暗になりかけてて、慌てて兄貴のところに駆けてった
お前、どれだけ隠れてるんだ!と兄貴に怒られたんだが、親切なおじさんが
通りがかって道を教えてくれたから帰れたんだって言うと
「おじさん?ずっとここでお前が出てくるの待ってたけど誰も通らなかったぞ?」
と言われた・・・
でもおじさんは前から来たしって行っても誰も通ってないの一点張り
そもそもなんであの祠の所から迷うんだよ!と更に怒られてしまった
非常に納得のいかなかったけど、とにかく遅いから帰ったんだよね

結局そのおじさんが誰かはわからず
それにその神社はもう打ち捨てられたのか本殿も社務所もボロボロで誰もいなかったんだよね

以上、微妙な体験談でした

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 23:36:17
うちも曾爺さんが神主やってました。
息子である爺さんは神主を継がなかったけど、何代か受け継がれた立派な神棚と
中に入ってる御神体は継いだ。
しかし爺さん亡き後、婆さんがこれを大事に扱わず別の新興宗教に入れ込んでしまい
ほどなくして、俺の親父を含む息子3人の嫁に立て続けに癌が見つかる。
(一人は亡くなり、一人は完治するも叔父と離婚、幸い俺の母は完治)
偶然とはいえ「これはよくない」ということになり、原因に繋がったもしれないと
御神体をきっちりと祀り直すことになり、叔父が引き継いだ。
引き継ぐ際に綺麗に掃除をしたところ、神棚の奥にある扉から3体の藁人形が出てきた。
どういう目的の藁人形なのかは分からないけど、このときは親族一同青ざめたそうだ。
俺も初めて聞いたときは青ざめた。
今年もこの御神体を拝みに行ってきます。詳しい話も聞けたら聞いてくるよ。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 00:10:11
学生の頃、マンションの2階に住んでいた
片側3部屋、両側で6部屋、おれはその真ん中の部屋に住んでた
左隣の部屋は単身赴任のおじさんで週末は家に帰るので不在、右隣の部屋は
設計士が事務所に使ってたんで、夜と土日は不在
当時、夜のバイトをしていて、朝方まで働いて、明け方に帰宅して、昼過ぎまで寝る
の毎日だった

土曜の明け方帰宅して、寝てた
昼過ぎに目が覚めたが、体が動かない
俺は左の壁にベッドをくっつけていたんだが、左の壁から、突然人が現れた
普通のサラリーマンのようだ
彼は俺がいるのが見えないような感じで俺に見向きもせずに左の壁から現れて、右の壁
に消えていった
同じように、数人が左の壁から出てきては俺の上をスタスタと歩いていって、右の壁に
消えていく
しばらくその状態が続いた後、気を失うかのようにまた眠ってしまった
次に目が覚めた時には、何事も無く普通の状態で金縛りも解けていた
夢だったのか???
と思ったが、俺の腹には足跡のような痣が残っていた・・・

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 00:13:21
マジすか!

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 00:28:49
若いときに嫁と嫁友夫婦で「シャイニング」を観てたんだけど(時効だから書くけど、キメて)
その夫婦が二人揃って霊感さんでね。しばらく観てたら「悪いんだけど・・・」
って観るのを止めようっていうのよ。
「どしたの?」って訊いたら「観てるの、うちらだけじゃないみたいなんだ・・・」
「見えるの?」
「うん、どんどん集まってきてるから止めたほうがいいと思う」

んで止めた。以上。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 00:38:07
むかし友人宅に行く道傍の木で首吊りがあった
一度だけ夜中にその道を通った時に木の陰から顔が出てた
細い柿の木なのに、顔が半分だけ出てて体は無かった
涙目で帰った


150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 00:48:04
怖いって!

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 02:28:35
>>150
スレタイ読めw

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 06:35:42
じゃ俺も体験談を


これ10年くらい前の話なんですけどね。

当時、うちは嫁さんと長男と、次男は生まれる前だったんで、家族3人で並んで寝てたわけなんですよ。
左側から、私、嫁さん、長男て感じで、順番にならんで寝てたんですね。
で私の左側ってのは、ふすまになってんですけどね、開けっ放しにして寝てたんですよ。
そしたらですよ、夜中に私の左手を引っ張ってる奴がいるんですよ。
経ってる人が寝てる人の手を引っ張って、引き起こそうとするような、そんな感じ。
私の左手が、そんな感じで上に上がっちゃってるんですよ。
ええ?なんだこれ??って思ってたら、なんか女の人の声が聞こえてきた。
「・・・さん・・・・・ましょう・・・・」って。
そっち見たらなんか黒いスカートが見えるんですよ。
え?????なんだって????よく聞こえないよ、って思ってたら

「タケダさん・・・・・いきましょう・・・・・」って、今度ははっきり聞こえた。

でもね、私、タケダって名前じゃないんですよ。○○ダでもない。私養子なんですけど旧姓でもない。
「違う違う違う、俺じゃない」って言ってんのに、そんなこと聞いちゃくれない。
まだ、私のことタケダさんだと思って引っ張ってる。
「タケダさん・・・いきましょう・・・・タケダさん・・・・いきましょう・・・・」
「違うーーーーーー!!!!!」
って叫んで振りほどいたら、横にいた嫁さんがビックリして飛び起きて、引っ張ってた女の人もいなくなっちゃったんですけどね。

なんか、幽霊でも人違いって、するんですよね。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 07:04:41
人違いというかそういう霊って誰でも引っ張っていこうとするもんじゃね?
拒否るのは正解だったかも。

154 :128:2007/08/11(土) 07:49:59
今日から休みなのだがいつも通りの時間に起きてしまい暇なので小学生の時の体験を投下。
話しにオチがあるわけではないのでその辺はご容赦を。

あれは忘れもしない小学4年生の夏。いや5年生の夏だったかもしれません。
俺と弟は寝る時は自室ではなく座敷に布団を並べて寝ていた。
俺はその部屋が嫌いだった。仏壇があり葬式なんかも行われる部屋だったからだ。
しかし俺達兄弟の部屋は狭く布団を二つ並べる事が出来ずやむを得なかったのだ。
とにかく俺は仏壇が怖かった。今思えばご先祖様に失礼な事なんだが
当時の俺は仏壇はあの世との接点のような気がして不気味なものだったのだ。
寝る時は必ず仏壇の扉をしっかり閉めて寝ていた。
(凹凸の金物を噛ませる構造で風なんかでは絶対開かない)

ある夏の夜中に目が覚めた。子供の頃にそんなに目が覚める事はない。
しかしその時は寝ぼけるわけではなくハッキリと目が覚めた。すぐに眠ろうとしても眠れない。
豆球の明かりの下、目の前の仏壇が気になった。扉はいつも通りしっかり閉めてある。
隣には弟がいるし、続きの部屋には両親が寝ている。
怖くない、自分に言い聞かせた。
でも仏壇が気になる。怖い、怖い。
仏壇から目が離せない・・・

バーーーーーーーーーーン 

仏壇の扉が勢いよく突然開いた。
俺は驚きと恐怖で完全に固まっていた。意味がわからない。
扉はしっかりと閉めていたし扇風機の風では開かない。
仮に風で開いたにしてもそんな勢いで開くわけがない。
かなりの時間俺は仏壇から目が離せず、また動く事も出来ず固まっていた。
あれだけ音がしたのに弟は起きない。両親も起きない。
ようやく両親を起こそうと思い意を決して起き上がろうとした。
体が動かない。目以外全く。声すら出ない。
必死で両親を呼ぼうとするがどうしようもなかった。
随分長い間、金縛りは解けず俺は仏壇とにらめっこだったがいつの間にか眠っていた。
朝目が覚めると仏壇の扉は閉まっていて、弟も両親も全く気づいていなかった。

155 :128:2007/08/11(土) 07:51:08
俺は必死で両親に訴えたが夢でも見たんだろうと一蹴された。
いやあれは夢ではない。一時間近く俺は起きていたし意識はハッキリしていた。
仏壇を恐れていた事にご先祖様が怒ったのだろうか。

その後暫くしてようやく両親は俺の願いを受け入れ自室で寝るようになった。
仏壇事件の恐怖も忘れかけたその年の冬、再び金縛りにあう。
暗闇の中、俺の胸に座る女性。初めて人の姿を見た。
はっきりと見えたわけではないが若い女性だという事がなんとなくわかった。
しかし恐怖はなかった。
その後、家を増築して俺の個室が出来た頃から夜中に足音が聞こえるようになる。
それはズルズルと引きずるような音だったり、走り回る音だったり。
家族に聞いても誰も聞いてないと言う。
音がするとすぐに廊下を見にいくのだが、誰もいない。
そういう事がしょっちゅう起こったが何となく足音に悪意は感じなかったし
俺も次第に慣れてしまった。

両親の部屋の窓から見えるある一軒の住宅。その家を覗き込む白い浮遊物。
自分の家の外の事だったしこの時も怖くはなかった。
しかし高校生になったある日、自分に向けて何かを訴える声を聞いてしまう。
続きはまた今度。

156 :152:2007/08/11(土) 09:38:31
>>153
そういうもんなのか・・・
当時は、「俺、人違いで連れたかれそうになっちゃったよww」
なんて笑ってたんだけどな。危なかったんだな。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 09:48:54
続きが気になるってばよ!

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 10:29:29
>>155
テカッテ待ってる

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/14(火) 00:18:59
真冬の夜中だった
俺は妊娠中の嫁を嫁実家に帰省させた後、帰省ラッシュを避けて夜中に家に帰る事にした
途中深夜1時過ぎ、一部の国道が雪で通行制限されていたので、旧国道のほうへ迂回した
嫁は助手席えスヤスヤ寝ている、その道は俺の実家の近くなので、道は知っていた
途中に1箇所だけ踏み切りがある
俺が中学の頃、この踏み切りまでが、マラソンのコースに設定されていて、部活でもよくこの踏み切り
まで走ってた
ただ、この踏み切りは、昔からいわく付きのヤバイ踏み切りなんだ
雪道を緊張しながら、踏み切りまで着た
踏み切りまでは、うっそうとした木の中を抜けていく気持ちが悪い道だ
ソコを超えると一気に開けた道になる
踏み切りを超えた瞬間、イヤな感じとともに、一気に重さを感じた
何かが車に乗っちまった、瞬間そう感じた

車の後部座席から蝉の鳴き声が聞こえる・・・・
真冬なのに・・・
でもしっかりと、この耳には蝉の鳴き声が聞こえてくる
ヤバイなぁ・・・と感じていたが、俺にできることは事故をしないように慎重に運転することだけだ



160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/14(火) 00:27:40
15分か20分だろうか・・・
突然、蝉の鳴き声が消えた、だが、ナニかの気配というか、重い空気は
依然かわってなかった・・・
そうこうしてるうちに、当時住んでいたアパートに着いた
まだ、嫁はぐっすりと寝ている。
嫁を残して、車につんであった荷物をもってアパートに運ぶ
3回ほど車とアパートを往復した
最後の荷物をアパートに運んだ後、嫁を起こした
「はっ、はぁあああああ」
嫁が突然叫び、息を肩でしている
「どうした、大丈夫か!!!」

意識朦朧としている嫁に肩を貸して、部屋まで連れていった
俺は、自分ひとりで部屋に入ったときに、真っ先に塩を自分に振りかけ、玄関にも撒いた
嫁を玄関まで連れてきた時、嫁にも塩をかけた
うなだれた嫁を部屋の中に連れ込み、水を飲ませ、落ち着くのを待つ
しばらくすると、嫁がしゃべりだした
嫁は、踏み切りを渡った時のことを覚えていた
「でも寝てたように思えたけど?」
「意識はあったのよ、でも体が動かなかった」
金縛りのような状態になっていたとの事だったが、視覚と聴覚ははっきりしていたそうだ
そして、嫁も蝉の鳴き声を聞いていた・・・

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/14(火) 00:45:13
蝉の鳴き声がした頃から、嫁の左目と右目が別々なものが見えてきたそうだ・・
左目には古いフィルムのような景色、右目には今現在の視界の様子が・・・

嫁の左目の景色は、子供の視界だったそうだ
見えたのは、お祭りの景色、沢山の人、縁日の様子・・・・・
そして、突然暗くなり、蝉の声と踏み切りの遮断機の音、遠くの方から
子供の名前を呼ぶ声
遠くから聞こえていた声は、だんだんと近づいてきて、はっきりしなかった
モノがはっきり見えてきた
50歳前後のおじさんだった
ただし、顔の半分がなく、血まみれで必死で嫁のほうに向かって手を伸ばし
子供の名前を叫んでいたと・・
今にも捕まれそうになった時、俺に揺り起こされたそうだ

後日、俺は実家に電話し、あの踏み切りで事故はなかったか?と聞いた
その昔、今から30近く前のことだが、お祭りの日に、おじいさんが孫をカブに
乗せてお祭りに行っていたそうだ
お祭りの縁日で酒を飲んだじいさんは、そのまま孫をのせて帰路についた
途中、踏み切りにさしかかった時、カンカンという音がしだして、急いで踏み切り
を渡ろうとした時、酔っていたせいか、踏み切りのレール部分で滑って転倒し、
後部座席に乗っていた孫は線路上にほうり出された
じいさんは、一瞬気を失っていたのだろうか・・・列車に跳ねられ体の右部分を失っていた
が、現場には列車の下敷きになった孫のほうに向かって這っていった血のあとが残って
いたそうだ・・・・

翌日、嫁はいつもと変わらぬ元気を取り戻し、翌月には元気な娘を産んでくれた
その後は、絶対に何があろうとあの道は通らないと二人で誓った・・・



162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/14(火) 06:25:27
せっかく投下してくれたとこ悪いんだけど
昔からいわく付のヤバイ踏み切りなんだろ?
なんで、事故がなかったかとか親に訊くの?

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/14(火) 23:12:26
おまいら今寺でタイムリーなネタやってるぞ!

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/14(火) 23:13:34
一人じゃ見れない怖い話
第二夜
生放送中
http://avexnet.or.jp/yokai/information/

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/15(水) 10:28:43
>>163
そこで知った一人かくれんぼ
http://white.yh.land.to/occult/h_a_s/m/index.html


166 :128:2007/08/17(金) 18:32:48
どうも僕です。128です。
前回期待を持たせるような書き込みで終わってしまい
wktkされてる人もいるのかもしれませんが、
今回もたいして怖くもなく落ちもなくgdgdです。

>>154で書いた仏壇事件から変な音や姿を見掛けるようになってしまった。
廊下を歩く音、寝てる時上に座っている女性。
しかし不思議と怖くはなくあまり気にせずに過ごすようになっていた。
怖くないというより信じていなかった。
ラップ音は木材の軋みだし、金縛りも脳と体のズレで生じるもの。
だからという訳ではないが足音や姿も幻聴幻覚だと思っていた。

そんな感じで高校生(厳密には高校ではないのだが)になったある冬の夜中。
その日は試験勉強の為徹夜していた。いわゆる一夜漬けだ。
明け方5時頃、遠くで声が聞こえたのだが別に気にしなかった。
早起きして散歩してる人だっているだろうし。
しばらくして次に声に気がついた時に変だと思った。近づいている。
家の門から部屋まで約20m。明かに門より手前だ。
しかし飼ってる犬は吠えない。音は風に乗る、それを思い出して勉強に戻った。
しばらくして再び声がする。

ボソボソボソボソ   近い。

167 :128:2007/08/17(金) 18:34:34
かなり部屋に接近している。
俺は訳がわからず窓を開け外を見たが人がいる気配はない。
関わってはいけないものだと思い気にしない事にした。
しかし声はだんだんと近づいて来る。

ボソボソボソボソ

恐らく中年の女性といった感じだが何を言っているのかさっぱり聞き取れない。
どうしようかと思い悩んでも念仏は南無阿弥陀仏ぐらいしか知らない。
そうする内に声の主はゆっくりと俺の部屋に近づいてくる。

ボソボソボソボソ

もう窓のすぐ外だ。窓を開ける勇気はさすがに無かった。
どうする事も出来ず、そのうちどっか行くさ、犬も吠えないし悪いのじゃないだろうと
無視を決め込んだ。もう6時。初めに気付いてから一時間ぐらい経過していた。
シーンとした部屋に再び声がし始めた。

ボソボソボソボソ   部屋の中から。

さすがに俺も驚いた。
近くで聞いても何を言っているのか分からない。
囁くようにボソボソと何かを呟いている。
俺は恐怖よりも怒りが湧いてきた。
この試験である程度の成績を上げなければ留年決定なのだ。
俺はヘッドホンを付け音楽を鳴らし勉強に向かった。
空が明るくなて来た頃ヘッドホンを外すともう声はしなかった。
家族も起きだしようやく安心する事が出来た。

中年の女性に心当たりは全くない。恨まれる覚えもない。
それまで俺が思ってきたように幻聴だったのか。
それとも真冬の夜一人起きている俺に興味を示し寄ってきたのか。
それなら俺に何を訴えたかったのか。
今思い返せば怖いのだが当時は邪魔されたくないの一心だった気がする。
声が聞こえたのはこの時だけ。ちなみに俺は留年した。

それから5〜6年が経過し、立派な社会人になった俺をさらなる恐怖が襲う。
霊とかそういう抽象的なものではなく現実に目の当たりにした恐ろしい物体。
続きはまた今度。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/17(金) 19:20:50
お、おおおおおおおおまえぇぇぇぇ・・・・・

どんな放置プレイなんだよっ!!!!!

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/17(金) 20:55:50
気を引く次回予告を落していくあたりが、ドS

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 11:11:01
まだ夏は終ってないage

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 13:07:36
最近あった不思議な出来事。

子供を寝かし付けてたら、隣の部屋に嫁が来た。
俺が子供を寝かしてるのを知ってるから入ってはこない。
で、隣の部屋で何かブツブツ言いながらウロウロしてる。
何を言ってるのかまでは聞き取れないけど、何か言ってる。

と、思ってたのに、子供が寝たから隣の部屋を空けたら無人だった。
多分、俺、寝ぼけてたんだ。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 14:58:34
>>167
留年しちゃったの?
声を聞いたことはないけど、金縛りなんかの時は抵抗すると去っていくけどね
「このヤロー、そっちの世界に行ったらオマエを探し出してギタギタにしてやる」と心の中で叫んだり

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 15:13:55
>>172
それ言われた方が怖かったりするw

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 15:39:44
あくまで霊感のない俺の場合なんだが、
一回だけ金縛りになったことがある。
その時は、暑かったんで窓開けて寝てた。
夢ではその場に座ってるような感じで、窓から夜の空が不気味だなーと見てた。
するとどんどん不気味な感じがしてきて、少しパニックっぽくなってきた。
すると突然、ゲームに出てくるような魔王か死神みたいな感じの奴が、
ぐぁーーーーー!!!!!!と窓から入ってきてパニックになって金縛りにあった。
10秒ぐらいのうちに目が覚めてきて自己観察しつつ、次の10秒ぐらいで金縛りも解けた。

そして起きあがった瞬間自分の想像力の子供っぽさに苦笑いwなんだよ魔王ってw

そして半分は起きてたので、じっくり自分に起こったことを振り返ってみた。
さっきの金縛りはどうやら身がすくむ、って奴みたいだと感じた。
怖すぎて全身が強張って動けない、と言う感じ。

後にも先にも金縛りにあったのはこの1回だから、比較できないのが残念。
怖い話は怖いが、実際の幽霊とかは怖がってないからかからないのかな?(大体そういうよね)

ちなみに、この時期ゲームのキングスフィールドやってたので、その影響で魔王なんだと思う。
でも「魔王が来て金縛り」は恥ずかしいので、人には話せないw

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 15:47:45
うむ、2chの中だけの方が良いw
魔王で話がドン引きになる恐れがあるでな。
幽霊は怖くないが魔王は怖いといった深層心理かな?

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 16:54:44
こうして仕事の暇な時にPCを覗ける職業じゃなかった頃の話。

当時、現場作業員だった俺は
ある中距離(その会社では片道2,3時間での距離)の仕事の時、
どうしてもドライバーが足りないと言うので軽バンばかりの俺が
慣れない2t平ボディーのトラックを運転して現場にいった。

仕事を終えて帰りも一人で会社に戻って行った。
次の日は久しぶりの土曜休みだったし、急ぐ事もないと思って
眠らないように缶コーヒーとタバコを一箱大目に買い、
ラジオを聴きながら、暮れる夕方のくねる街道を近道せずに
タラタラと走っていった。

なれない2tトラックの運転で神経が疲れ、かなり体が疲労していた。
日が沈んでしまうと、ライトやランプだけになり少し気が楽になった。
余計なモノが見えない方が運転しやすかったりする。
眠気覚ましに聞いていたAMラジオをやめ、FMに変えた。
少し渋滞が解消されてスムーズに車が流れ始め、音楽をずっと聞いている方が
運転しやすくなったからだった。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 16:55:41
2時間を越えたぐらいで普段良く通る道に戻ってきた。安堵で同時に欠伸がでる。
2車線道路で駐車している車をよける車を減速で前に行かせながら
内側の車線を走った。この先は外側がそのまま高速道路に入る3車線になる。
今走っている所が直進の道になるのだった。
欠伸をしながら黄信号になるのを見てアクセル踏み込もうとしたが、
外側の車線の社用車が内側に寄ってきたので仕方なく減速した。
斜め前を見ると停車中のファミリーワゴン車が5つのドアを全部開けて
何かを探している。高速入り口で迷惑なヤツだなと思いつつ
社用車も何かたどたどしく走り変なよけ方をしながら高速へ向かった。
よけた所に白い物が浮かんでいる。
何だよゴミ袋捨てんなよ・・・

社用車の中の二人の視線の先には停まったワゴン車がある。
ワゴン車の持ち主の男女は中のモノを路上に出しちゃってる。
あ〜あ〜しょうがねえなあ〜と思いつつ停止線までトラックを
持っておこうと惰性で走らせた。
ライトに照らされた・・・社用車が捨てた白いゴミ袋が反対車線に歩いていった・・・

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 16:56:32
俺は一瞬分からなかった。
だって前に浮かんでるゴミ袋が子供の格好して歩いているんだから。
トラックのライトに照らされても気付かずよちよちと楽しそうに
反対車線に歩いていく。

俺はやっと事の重大さに気付いてブレーキをかけた。
そして、そうだ!クラクション!と思いクラクションを押した。
音が出ねーー。いつもの車じゃないんだ!
あせった!俺・・・マジで
3車線の内側まで歩いてるし、
落着いて外の薄い灯りを頼りにクラクションを探した。長い時間。
見つけた時の喜び。

ヴァン!!!

思いがけずデッカイ音が出た。自分も一瞬驚く。
ワゴンの女性がビックリしてこっちを見る。同時に自分の子供が
いない事にも気付く。慌てて見つけ慌てて連れ戻した。そして
またおれを見た。姿見えるのか知らないが、
女性は子供をシッカリ抱えてこっちを睨み返してた。

青になりトラックを走らせた。よかったじゃないか。よかったじゃないか。

俺は今でも思い出すと涙眼になる。よかったじゃないか・・・・よかったじゃないか・・・・・



179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 17:34:17
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工




ちょっと分かり難いから誰か説明して。


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 17:55:40
目の前で事故で赤ちゃんが死にそうになったけど、すんでで回避できた。
ということ?オカルト話じゃないよね?

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 17:57:37
何で教えてやったのに睨み返すんだ・・・?
まさか確信犯?

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 18:03:37
子供がゴミ袋かぶって
車線の内側に向かって歩いてきた。
それを轢いてしまうのを回避できた。

・・・でOK?

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 18:09:07
睨み返すおばはんムカツク

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 18:15:24
振り返ったらワゴン車もその親子も消えていて何がなんだかわからない・・・
もしかしたら過去にあった事故で死んだ亡霊が
当時の状況を再現して見せたのかもしれない・・・
ってオチならオカルト。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 18:32:23
白いゴミ袋と思っていたのは、幼児のオムツだったんでは。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 18:57:58
>>185
よちよちと楽しそうに歩くオムツも確かに怖いw

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 19:04:02
俺、幼稚園の年長組まで、居間に父、母、俺の順で川の字に布団並べて寝てた。
ある日の夜中、ふとはっきりと目が覚めた。
薄明かりの中、時計に目をやると、ぴったり4時をさしていた。
「あれ〜、まだ朝じゃない〜?」と不思議に思いつつ足元の押入れに目をやると、
押入れの左側の戸が50cm位開いていた。
その隙間から、押入れの上の段に何かが居るのが見えた。
男の人が4人、変な格好をしてこっちを見てる!
皆目と歯がギラギラと輝いてる。何この人達!?

1人目は左側の壁に背を付け座り、右足を伸ばし左足は山形に立てており、
2人目は1人目の後ろに、1人目の右肩に右手を付けて中腰で立っており、
3人目は2人目の後ろに、2人目の頭上に組んだ両手を掌を下に向けて置き、その上にアゴを乗せており、
4人目は3人目の右側から、頭上を超えて腕を伸ばして壁に手を付き、3人目の顔のすぐ右隣に顔を付けていた。

混乱する頭で考え、そして気付いた。「あ、【びーとるず】だ。」と。
そして安心してまた眠りについた。翌朝、両親より先に目覚めたが、開いた押入れの中には何もなかった。
俺のおぼろげな記憶では、1人目がポール、2人目がジョージ、3人目がジョン、4人目がリンゴだったと思う。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 19:20:52
>>187
【ずうとるび】だったらオカルトでなく笑点だったな・・・

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 19:25:08
ビーリルズの霊か・・・

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 19:25:39
ビートルズの間違いだ。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 19:56:39
>>189
いや、今現在生きてるメンバーもいるしw

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 21:51:19
仮にビートルズの霊だとして何故、日本のとある民家の押し入れなんかに…

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 22:04:58
心霊動画集
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=554123

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 22:53:06
押入れにポスターが貼ってあったってオチかと思ったら違うのか

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 23:46:33
本物の心霊写真って動くみたいだな。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 00:10:24
動くというか変化するとは聞いた事がある
昔アンビリバボーで紹介されてた
車の屋根に映りこんだ被写体の顔がおかしいってのは
現像した当初より腐ったような崩れた顔に変化してた

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 07:42:42
もう夏は終わったんかage

198 :1/3:2007/08/27(月) 13:00:48
俺の話。
俺の家も128と同じく四国の山間部にある。
夏の夜は窓開けっ放しで寝るし、小学校の同級生は10人足らず。
星と月明かりで夜も歩ける。そんな田舎。

その頃、座敷で祖父と二人で寝てた。
一応、安全の為(?)に祖父は縁側の方、俺は仏壇の前で。
俺は仏壇より、木目の天井が怖かった。いろんなモノに見えたから。
だから寝る時はそれが見えないように電気(豆球も)を消してた。

小2の頃は空を飛び回る夢をよく見た。
飛ぶのは自分の生活圏のみ。
落ちる心配は全く無かったけど、一定以上高く飛ぶのだけが無性に怖かった。
運動会がそろそろって頃、また空を飛ぶ夢を見たが、いつもと違った内容だった。
気分よく空を飛んでると、なにかわかんないけど怖いモノが追いかけてきた。
姿形は覚えてない。とにかく怖いなにか。逃げなきゃいけない事だけはわかった。
必死で逃げ回るんだけど、徐々に追いつかれる。
そして怖いモノに足を触られた瞬間、空を飛ぶ力が無くなって、
モロに顔から地面に落ちた。
落ちたショックと激痛で体が痺れて動けない俺に近づいてくる怖いモノ。
そいつが目の前に来た時に目が覚めた。


199 :2/3:2007/08/27(月) 13:01:27
姉が必死で俺の顔をティッシュで拭いていた。
姉は中3で受験を控えていたから、母屋とは別の、車庫の2Fを改造した部屋に住んでいた。
その姉が何故夜中に目の前にいるのか?
何がなんだかわかんなくて、夢の恐怖もあってか、
しばらく体を動かせずにいたんだが、徐々に自分の状況がわかってきた。
姉が拭いてたのは俺の鼻血。パジャマはもちろん布団も真っ赤に染まっていた。
姉に何故いるのか質問したが、その時は何も教えてくれなかった。
それからは空を飛ぶ夢は見なくなった。飛ぼうとしても飛べなかった。

数年後。翌日、姉が就職先へ移動するって時、俺が躓いてコケて鼻血を出した。
それを見て、思い出すように教えてくれた。
「変に怖がらせるのもなんだから、黙っていた」と。

あの時、受験勉強の合間に飲み物が欲しくなった姉は、母屋にジュースを取りに行った。
姉の部屋から母屋の冷蔵庫に行くには、座敷前を通る事になるんだが、
座敷前に来て異変に気づいたそうだ。
長髪の女性が俺の顔を覗き込んでいる。長髪が顔の両側に垂れているんで顔は見えない。
月明かりは有るものの、家の奥にいる俺とその女性がハッキリ見えた姉は、
すぐに俺のところに行った。そしたら、鼻血をダラダラ流してる俺。
鼻血を止めようとしながら俺の顔を拭いていたら俺が起きた と。


200 :3/3:2007/08/27(月) 13:03:55
俺にも姉にも女性の心当たりは無い。
あの後、その女性に関しては何も無かったし、姉も見なかったから黙ってたそうだ。

さらに数年後、姉の部屋を俺が使うことになった。
夏休みのある日、その部屋で寝転がってTV見てた。
そうしたら押入れの中から女性の笑い声が「ウフフフ」と聞こえた。
ビビりながらも押入れを開けたが何も無かったんだが、
TVのニュース速報で「飛行機墜落」とやってた。
御巣鷹山のニュースだった。

その後、女性に関するようなことは何も無かったが、
夜、電気をつけてないと寝られなくなった。

飛行機事故犠牲者のご冥福をお祈りいたします。



201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 13:07:53
ちゃかしてる気は全く無い。
事故と「ウフフフ」が偶々重なっただけと思っているし、
あの女性が事故の犯人だなどとも考えていない。

ただ、「ウフフフ」が重なった事と、「まだ いる」って事が
俺敵にはとても怖かった。

気分を害した人 すまん。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 13:18:54
>>201
御祓いとか行った方が良いんじゃないか?

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 13:28:07

やたら霊感の強い嫁持ちの気団いる?


204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 13:38:34
>>201
いや俺的にも十分怖かったよ。
123便の犠牲者とその女性の間に何かあったのかな。



205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 13:39:58
嫁に悪態つくとすぐ何かにぶつかったりして痛い目に合う。必ずだ。
息子たちもそうらしい。
以前浮気がばれたあとすぐ、結石で七転八倒、救急車、で入院になった。

うちの嫁は絶対何かの力を持っていると、確信している。
こわひよー。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 13:41:16
この間夢にハガケンジが出てきて
家をさんざん荒らしてった。
胸糞悪いヤツだった。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 13:41:36
>>205

やっぱり、強い守護霊がついてる、とかですかね?


208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 13:45:20
>>207 わからない。でもすべてが偶然だとはとても思えない。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 13:46:57

魔女かもしれませんね。

こわ…

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 13:50:10
悪態つきながらも嫁に心の底で悪いと思っているため集中力が散漫になったりするとかは無いのか?
息子達はそんな父親の遺伝でそうなっているとか。

浮気しながらもそういう思いがあるのでストレスが溜まって結石が出来たとかも考えられるし。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 14:03:39
>>210 そうかもしれない。
何度も痛い思いしてるから、文句言うときは緊張するし。
てか、そうであることを祈りたい、でつorz

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 14:43:48
「ウフフ」は飛んで墜ちた事を思い出させて怖がらせる為に存在をアピールしたのかと思った



213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 14:50:28
生前は飛ぶ鳥を落とす勢いの人物だったんだろうな

214 :201:2007/08/27(月) 15:29:13
>>202
>>204

お祓いはしてない。
おじさんに「見える人」がいるんで相談した事がある。

曰く。
いつも傍にいるわけじゃないからお祓いは出来ない。
「そーゆーの(事故とか)」が好きなヤツだから、「そーゆーとこ」に居る。
現場を見たり、聞いたりするのが好きなだけだからお前は気にしないでいい。
人間でもいるだろ野次馬が。似たようなもんだ。ガハハ
笑ってた orz


>>205

俺の友達にもお前の嫁みたいなやつがいるが、
悪い事さえしなけりゃ無害だぞ。
怖がる前に悔い改めなさい。

>>212

アピールするにしろ、ニュース速報を見る前だったんだ。「ウフフフ」は。
ニュースよりも先に事故を知らせた事になる。




215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 17:24:57
野次馬霊かよ。そんなんがいるんだな。
にしてもその野次馬は何故201の所へやってきたんだろうか。


216 :201:2007/08/27(月) 17:58:12
>>215

霊がいるとしても、本当に野次馬霊なんてのがいるかは知らんが、
俺にとっては、それなりに権威のある人に安心できる説明をされたことが大事。
俺が納得できればそれでよかったんだ。

ホントはとんでもない悪霊で、おじさんが死闘の末に成仏させたのかも試練し、
覗き込んでた女と「ウフフフ」が同一人物(?)なのかもわからんし。
興味はあるが、ことさら知ろうとは思わない。

何故俺の所に来たかは・・・
おじさんの言ってる事が全て正しいとすれば、俺の悪夢を見に来てただけなんかもな。
だとしたら、事故現場とか悪夢を見ている人の所にいるんだろう。
飛行機事故とか落下事故とか限定の野次馬霊かもしれん。
どこかで誰かが落ちる夢見てるとき、そこにいるかもな。

想像するしかないんだ。
俺には「見えない」し、「見える人」も居ない(俺の傍だけど)って言ってる。
その他の「見える人」に聞いて、もし違う事言われたら俺が迷うし。
俺はおじさんの話で納得した。みんなも自分で納得すりゃいいと思うよ。
ネタ認定でも、マジでも、半聴きでも、なんでも。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 18:14:06
>>216
簡単に納得出来れば怖くないんだがなw
なんせ納得するきっかけが無いからね。
しかし野次馬霊は怖いよ。害がなくとも霊が来たって時点で怖い。
見境い無く来ないで欲しいな。平凡に暮らしたいもんだ。


218 :201:2007/08/27(月) 18:38:33
>>217

頼むから納得してくれ。
俺も納得しないと怖いんだよ。

「俺が鼻血の出血多量で死ぬのを眺めてたんじゃないか」とか
「飛行機事故で沢山の人が死んで嬉しくて『ウフフフ』」とか
「今も毎晩、俺の寝顔を上から覗き込んでるんじゃないか」とか

嫌な方向に想像始めるとキリが無いのよ。
寝てる時に視線をたまーに感じる事あるし 怖いんだよ!
納得して平凡にすごせりゃいいじゃん。
理屈は知らなくても、リモコン押せばTVはつくだろ。
納得してりゃ委員だよ。 と ゴリ押しw



219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 18:57:18
>>218
納得出来ない、理屈で説明出来ない、科学で説明出来ない・・・
だからオカルトな訳で、自分でオカルトだと思ってるからここに書いたんだろう?

逆に考えてみな。
空を飛ぶ夢=幽体離脱だという説がある。
お前さんはあの時、肉体に戻れる限界を超えようとしたんだよ。
きっと女性が救ってくれたんだ。
日航機の時も墜落の恐怖に耐え死んでいった人達の苦しみを教えるべく現れた。
そう思えば怖くないだろう?

ウフフフフ



220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 19:07:33
>>218>>219
うぜ〜よ!いい加減にしろ!

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 19:13:13
>>220
スレチでもあるまいしどこがうざいんだ?

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 19:25:12
>野次馬霊
エキストラ霊並みに笑えたw

223 :1/4:2007/08/27(月) 21:09:28
もいっこ俺(201)の話。
先が読めるかも試練が、まぁ勘弁してくれ。

小5の春の日曜日、いつものように近所の子達と遊んでた。
その頃の田舎の遊びなんて限られてる。鬼ごっこ、かくれんぼ、木登り、ビー玉とか。
でもその日は違ってた。8人(女子含む)くらい集まったんでもっと広いところへ移動した。
近くに沢があるんだが、そこで蟹取ったり水を掛け合ったりしてた。
それまでも何度かは遊んだ事があるところ。

で、小便がしたくなったんだ。
A,B,Cと連れ立って女子から離れるように移動した。いわゆる連れション。
そこで初めて気が付いた。石が塔みたいに積んであるんだ、何個も。
「これにしよーぜ」って事になって4人がそれぞれ狙ってたんだが、
俺達が居なくなったのに気づいたB姉(小6)がやってきて怒られた。
「これはお墓なの。そんな事しちゃダメでしょ」

源平の話も聞くが、家の近所では戦国時代のほうがメインだった。
「長曽我部が攻めて来た時、逃げ遅れたお姫様が今も首のない馬に乗って走る」とか
「落ち武者狩りであそこで何人、こっちで何人死んだ」とか昔話で聞いていた。
B姉言うには「落ち武者のお墓だからちゃんと謝りなさい」
ビビりまくった俺達は必死で手を合わせたよ。


224 :2/4:2007/08/27(月) 21:10:07
翌日、Bが青白い顔で登校してきた。理由を聞いたら、
「昨日、台風みたいな風が吹いてたろ。煩くて眠れなかった」
B以外、そんな音聞いてないし、そんな大風吹いてなかったから
「お前、ビビらすなよ」なんてからかってた。
昼前に「体がすごく重いから」とBが早退した。
俺とA,Cの頭には前日の事が浮かんでた。

その晩、夜中に目が覚めた。Bが言ってた台風みたいな風音で。
だんだん近づいてくるのが解って、布団に潜り込んで念仏を唱えてた。
しばらくしたらだんだん遠ざかっていくのがわかって、
助かった と安心したのかいつの間にか寝てた。
その翌日、Bは休みで、Aが青白い顔で登校してきて、Bと同じ事を言った。
「体調が悪い」とAも昼前に早退した。

沢からA家の途中に俺家がある。
昨晩のは俺を見逃したんじゃなくて、通り過ぎただけだと思った。
今晩は俺の所に来るって妙な確信があったから、姉と一緒にいないといけないと考えた。
姉は比較的「見える」らしかったから助けてくれると勝手に思ってた。
車庫の2Fで一緒に寝たいと拝み倒して、なんとか一緒に寝る事ができた。


225 :3/4:2007/08/27(月) 21:10:39
夜中。風の音で目が覚めた。来た来た来た来たー て震え上がったよ。
でも姉がいるから安心とも思ってたんだ。
だんだん近づいてくる風の音、昨日よりも確実に大きく聞こえる。
家の前に来た時に風の音が ピタ と止まった。「あれ?」と思ったのも束の間、
2Fへの階段を上がってくる音が聞こえた。
階段は外にあって、鉄で出来てるやつ。
学校とかにもあるような、歩くと「カン、カン」て音がするアレ。あの音が聞こえてくる。
パニック寸前の俺が、助けてもらおうと姉を揺するが一向に起きない。

で、階段を登りきった音が聞こえた。「うわー」て心の中で叫んだ瞬間、
「ドンドンドン、ドンドンドン」てドアをノックする音が。
ものスゴイ音なのに、家族はおろか姉も目を覚ます様子が無くて。
ただひたすらに「ごめんなさい」を連呼してた。許してください って。
気が付いたら薄明るくなっててノックも聞こえなくなってた。

学校はA,Bとも休んでた。
俺の顔色みてCも何があったか想像できたらしく、会った瞬間青白くなった。
体はだるーくて重かった。ひどい風邪を引いたみたいな、そんな。
俺も昼前に早退した。


226 :4/4:2007/08/27(月) 21:11:09
夕方、「見える」おじさんが来た。
おじさん家はかなり離れてるんだけど、近くで釣ってたついでに釣果の御裾分けに来た。
で、俺を見た瞬間何も言わずに連れ出された。
教えてないのにA,B,Cの家に行ってみんな連れ出した。
おじさんは実績があったから「祓ってきてやる」の一言で各親は納得してた。

沢に行って墓の前で上半身裸にさせられた。
おじさんがなにやらつぶやいた後「俺の真似しろ」て言われてその通りにした。
なにかの呪文を唱えてたら吐き気がしてきた、その瞬間、
バーン て、おじさんに背中を平手で殴られた。
ふっと体が楽になって、A,B、を見たら背中に紅葉が出来てた。
おじさんはCを殴るところだった。

帰り際おじさんに「もうあそこで遊ぶな」と言われた。
俺達はもちろん沢で遊ばなくなったし、近所 学校のものも遊ばなくなった。
今の子供達も沢で遊ぶ事はない。
カードゲームとかTVゲームとかで、外で遊ぶこともなくなったからかもしれないが。

問題の沢だけど、今は家の土地なんだよ。祖父が半分騙された形で家族に内緒で買った。
数年前父に「万が一の時の為」て土地の境界を見て周る事もあったけど、
俺は一切 沢に近づかなかった。今でも近づいてない。


227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/28(火) 13:55:58
<部屋の図>

         居間     |
    ____________|
    ____________
    |   フ|   |ロ|
  庭 |   ス| ココ |ウ| 小さな庭
    |   マ| ○ |カ|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

当時付き合っていた彼の実家に泊まりにいった時の話なんだけど、
地主で、結構大きな家だったんだよね。
私は、奥にある座敷に寝る事になったんだけど
図の中の ココ って書いてある所でねたんだけど(○は頭ね)
夜中?明け方?わからないけど、真ん中のフスマが フッ と開いて
足元の方にツツツツって歩いて あたしの足元で止って私を見てる気がしたの。
そして、しばらくして、小さい庭のある方の襖を開けて出て行ったんだよね。
その時は、すっごく眠くて目が開かなくて、でも、誰かが入ってきたのは
わかったの。なんていうか、畳って人が歩くと、なんか少し凹むっていうか…
その家には、あばあちゃんがいるんだけど、でも相当の歳だから、そんなにススススって歩けないんだよね。
だから、彼のお母さんに聞いて見たの。
そしたら、「客の泊ってる部屋なんか覗かないわよ!」って一喝。
確かにそうだよな… って 納得したんだけど…。

数ヶ月後、また彼の実家に泊まる事になったんだよね。
そしてまた同じ部屋で寝る事になったんだけど…
なんとなくだけど女の人っぽい気がするんだけど…
フスマを スッ と開けて、足元をの方から 今度はあたしの寝てる布団の
周りをグルグル歩き回るの。 この時は、前回と違って、頭の方も歩いてるから、
畳が少し凹む感じがわかったの。
2〜3回?私のまわり歩いて、あたしの頭上で足を止めて、立って私を覗き込んでる気配がするの。
怖いっていうより、誰??と思うだけで、目を開けようとかも思わなかったんだよね。
そして、あたし、そのまま寝ちゃったみたいなんだ。

朝目が覚めて、彼の親に聞こうと思ったんだけど、また一喝されるの嫌だし
と思って言わなかったんだけど、不思議な体験だったよ。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/28(火) 14:06:38
うむ、ここまで堂々と書き込めるアナタのほうが怖いです。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/28(火) 14:10:52
>>228
>>227は気団です

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/28(火) 14:12:37
>>229
ああ、ウホッの人だったか。
失礼しました。
それにしても寛容なお母さんですね。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/28(火) 15:37:39
彼はおなべってことだね(゚д゚)

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/29(水) 18:26:50
>>229-230
吹いたww

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/30(木) 12:39:31
あげといてみる


今年とれとれの怖い話って無いもんかな。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/03(月) 10:35:44
怖い話ねぇ・・・・・






今朝出社したら、俺のデスクが無くなってた訳だが・・・・・・吊ってくる

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/03(月) 11:02:35
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 07:54:53
嫁の話で申し訳ないんだが‥
なんかここニ、三日朝の四時になると家の外壁をノックしたり(これは家の回りを一周したそうだ)窓の外で「〇〇〇〇〇〇〇?」←良く聞き取れなかったが中年男性の声らしいに話かけられたりとあるんだと。
朝の四時(嫁は時間を確認するのが癖で何かあったらすぐに時計を見る)なんで怖いと感じないが気味悪いんだと。
どちらも早朝だったので外に出てみたそうなんだが誰もいなかったって‥
いたずらなのか心霊なのか?寝不足で嫁がつらそう。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 08:19:58
>>236
怖ええな。
嫁さん一人で確認にいったのか?
万が一不審者だったらアレだから気をつけてくれよ・・・

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 09:06:49
勇気あるな〜、嫁さん。
俺だったら絶対外に出られない。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 09:42:11
Webカメラでも使って、監視録画してみたら?
この場合、一番怖いのは、頭のおかしい変質者(ストーカーとか)
幽霊とかそういうのは、変質者に比べたら全然まし


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 10:27:16
頭のおかしい変質者(ストーカーとか)の霊だったらもう・・・

241 :ヤジピーコストライカー:2007/09/04(火) 14:29:29
>>128待ち
┌──────────────────┐
|                              |
│            _  ∩             |
│          ( ゚∀゚)彡 おっぱい!     |
│          (  ⊂彡   おっぱい!    .|
│           |   |            |
│           し ⌒J              |
│                              |
│         Now Oppaing. ....          .|
│                              |
│   そのままおっぱいでお待ちください。  |
|                              |
└──────────────────┘

242 :128:2007/09/04(火) 15:16:32
どうも僕です。128です。
先日の続きなのですが今回は心霊的なオカルトではなく怖くもなく
相変わらずオチもありません。
ただ単純に俺が今までで一番恐ろしかった体験です。

※グロテスクな内容が含まれます。閲覧注意。

>>172
留年した。最早手遅れだったわけだが。
ま、おかげで嫁と同じクラスになれた。
嫁は後輩でもあり同級生でもある。


243 :128:2007/09/04(火) 15:17:48
俺は社会人になり実家を出て1ルームマンションに住んでいた。
そのマンションの側には数十棟からなる公団住宅が連なっていた。
すでに築30年が経過し古かったが
新規公募してる部屋はリフォームされしかも格安で入居出来た。
そこに入居出来れば今の家賃の1/3になり面積もかなり広くなる。
貧乏だった俺は早速応募する事にした。
競争率は高かったが俺は運よく一回目で当選。
マンションから俺が入居する公団の棟まで約500m。7月の事だった。

7月中旬から公団に入居可という事だったのでマンションを7月で解約。
独身で荷物も少ないし、とにかく近いので自分一人で引っ越しする事にした。
毎晩少しづつ荷物をダンボールで運ぶのだ。一週間もすれば引っ越し完了。
冷蔵庫やベッドなど大物だけ最後に弟に手伝いに来てもらう事にした。
7月中旬になり鍵を貰うと俺は仕事が終わって深夜に荷物を運び込む。
公団は長い共用廊下があるタイプではなく、
階段室タイプなので各階で玄関が隣り合っている。
右の部屋が俺の新居だ。隣の玄関との距離は2m足らず。
公団はマンションに比べ薄暗く古く汚い。
自分の部屋の玄関前に立った時、何とも言えない匂いがした。
玄関の扉の前に蛆虫が何匹かいた。嫌な感じだ。
共用部分はそんな感じだが、中はリフォームしたばかりで新築と変わらない。
でも室内に入っても俺は落ち着かないというか不気味な印象が拭えなかった。
室内はまだ照明器具もつけておらず懐中電灯だけの明かりだけだから
不気味なんだと自分に言い聞かせた。
その日俺は初めて新居に入ったにも拘わらず室内を物色もせずに
荷物を置いてさっさと帰ってしまった。
数日間夜中にその作業を続けたが、嫌悪感が消えなかった。


244 :128:2007/09/04(火) 15:18:24
引っ越しを始めて4日程経ったある日の夕方、携帯が鳴った。
公団の管理事務局からだった。
「隣の部屋で事故があったので念の為128さんの部屋も見せて欲しい」との事だった。
なんとなく何が起きたのか分かった。
分かったというより抱いていた嫌悪感が間違いでは無かったと確信した。
俺は仕事を抜け速攻で公団に向かう。
既に1階の階段前には人だかりが出来ていて公団の職員が話しかけてきた。
「事件ではなく事故です。消毒したいので部屋を開けて下さい。」
その職員は決して何が起こったかは言わなかった。それ程俺は動揺していたのだろう。

化学防護服のようなものを装備した別の職員を引き連れ俺は階段を登った。
3階にも既に蛆虫がチラホラいて悪臭がする。
4階に上がる頃にはもう床にウネウネと蠢く蛆虫を踏みつぶして登るしかなかった。
階段の途中で隣室のドアを見上げるとドアは開いていた。
この世の物とは思えないぐらいの強烈な悪臭がする。
ちょうど中から何人かの職員が担架を持って出てくる。
俺はもう動けず見守るしかなかった。なんてタイミングの悪さだ。
こいつら運び出すの知ってて俺を連れてきたのか?
みんな装備は万全なのに俺だけTシャツとジーンズだけなんだぞ。
鼻を覆うハンカチすら持ってない。(タイミングを誤った事は後で謝罪された)

ビニールシートか毛布か分からないが、とにかく布で覆われた担架の脇からは
茶色、クリーム色の液体というかジェル状の固まりがポタポタ落ちている。
ゴキブリを潰した時に出るゴキブリの体液に近い感じかもしれない。
俺は立ちすくむ事しか出来ず、階段の踊り場で担架がすぐ脇を通るのを待った。


245 :128:2007/09/04(火) 15:18:56
担架が通り過ぎ自分の部屋に入ると夜中には気付かなかったが
蛆虫がベランダ・玄関のみならず室内にも何匹か蠢いていた・・・
消毒が終わり下へ戻ると公団の自治会長さんが俺の所にやって来てくれて
俺がまだ入居直前である事もあり部屋を変えてくれるよう掛け合ってみると話してくれた。
亡くなっていた人は40代の男性で一人暮らしで心臓が悪かったらしい。
本当に気の毒な話しだ。
俺は自治会長さんの行為に甘え部屋を変えてもらう事にした。
運び込んでいた荷物はその日のうちに同僚に手伝ってもらいマンションに戻した。

俺が夜中にせっせと荷物を運び込んでいた頃、
隣人は腐乱死体と化し、体中のあらゆる穴から腐った液体を溢れ出させ
シワシワになった皮膚から悪臭を放ち、蛆の餌に成り居果てていたのだ。
俺はその兆候を何日も前に体感していたのに現実から目を逸らしていた。
仕事柄新築の匂いは知っていたはずなのに、異臭に不審感を持たなかった。
ベランダに、そして玄関に蛆虫がいたのに何とも思わなかった。
古いからそういう虫もいるんだと半ば強引に思った。
俺は荷物を置いたらとにかく明るいマンションに逃げ帰りたかった。
その一心で異変を認識する事が出来なかった。
すぐに俺が動けばもっと綺麗な体で遺族の元へ帰れたのかもしれない。
俺が見ぬ振りをしたばっかりに腐乱が進行してしまったのだ。



246 :128:2007/09/04(火) 15:19:29
何度も自分に言う。

隣室で人が死んでいただけだ。

でも俺は怖かった。自分でも理由が分からないぐらい怖かった。
マンションは次の入居者が決まっていたので出なければならず
俺は嫌だったが公団の別棟に引っ越す事になった。
一人で引っ越し出来る心境では無く業者に頼み、当日は両親と弟に来て貰った。
しかもその日は一人で新居で過ごすのが恐ろしくて泊まってもらった程だ。
24才にして「ママン、ボク一人で寝るのが怖いよー」と懇願したわけだ。
別棟の別室になったにも拘わらず俺にはこの公団全体が恐ろしく感じた。
今思えば亡くなった隣人に対し恐怖しか感じなかった事に自責の念がある。
冥福を祈ろうとは少しも思わず、とにかく遠ざかりたいの一心だった。

これまで溺れて亡くなった人、車の中で焼けて亡くなった人を見た事がある。
しかし今回のように自分の生活圏で起こった事ではなかった。
今回は死体そのものに恐怖を覚えた。

管理局に聞いた所、事故物件はもう二度と賃貸しないという。
しかし不動産屋に聞いてみると事故物件は告知義務があり希望者にしか貸さない。
だが告知義務は事故の次に借りる契約者のみにあるそうで次の次の人には無い。
だから不動産屋の社員が事故物件を契約しすぐに解約、
そして何も無かったようにまた貸し出す事もあるらしい・・・
本当の所、公団ではどうなのか・・・・

247 :128:2007/09/04(火) 15:20:00
結局翌年4月に俺は転勤になり彼女(嫁)と同棲する為に引っ越す事になった。
実質この公団に住んだのは約9ケ月・・・
その僅かな期間に一度だけ妙な体験をした事がある。
深夜2時頃、仕事から帰宅途中に立ち並ぶ公団の住戸群の中を歩いている時だ。
薄暗い通路からある棟のホールに目をやると一人の中年女性が立っている。
靄が掛かっているようにボヤけた感じだ。
俺は出来るだけ気にせず帰ろうとしたが、突然その女性は俺に向かって猛然と走ってきた。
この人は怒っていると感じ、俺は振り向きもせずに一目散に走って逃げ帰った。
こういうものは怯えなければ大丈夫と思っていたがこの時ばかりは逃げなければと思った。
亡くなった隣人とは関係無いのだろうが唯一の奇妙な体験だ。

築30年を経過し数千人の人生を飲み込んできたこの古い都市公団。
様々な人の念が渦巻いているのだろうか。
7月になるとあの匂いを思い出し、亡くなった隣人の冥福を今更ながら祈っている。

                                          お わ り

248 :ヤジピーコストライカー:2007/09/04(火) 15:28:09
こっ怖い・・・というよりグロい、グロ過ぎる・・・・・・・
ゲェェェ
     ∧_∧
    (ill´Д`)
    ノ つ!;:i;l 。゚・
   と__)i:;l|;:;::;:::⊃
    ⊂;::;.,.';;;;'::.:.;::.⊃

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 16:16:15
もう・・・・・>>247のレス一個だけで良いよ・・・マジ吐きそう・・・オエプ

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 17:41:04
>>247のレス読んでて中年女性の件で背中に悪寒が走った…
一目散に走って逃げて正解だったと思う…

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 17:49:47
幽霊はゆっくり動くもんだと思ってた…
早い幽霊こわいよー!!!

252 :128:2007/09/04(火) 18:15:07
>>248,249
まあその何だ。すまんね。
俺も1ケ月ぐらいは無気力というか何してても落ち込みが激しくて少し参った。

>>250,251
それが霊かどうかはわからんが、全力疾走でこっちに来た。
もちろん音はしないし姿もはっきりしない

が、俺のイメージとしては中年女性が奇声を上げながら追いかけてきたように感じた。

俺は考える間もなく体が走ってたって所なのかな。
疲れてたから幻覚だったのかもしれん。
つかそうであって欲しい。

はっきりと姿を見たのはこれまで二回だけ。
二回とも昨年の夏。

253 :ヤジスケルトン:2007/09/04(火) 19:32:09
相変わらず読ませる文章ですなぁ・・・

よくぞご無事で、というところでしょうか。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 21:11:48
これはきついな

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 22:23:28
まあ公団ではよくある事だ。前の住人が子供部屋で首吊りしてて回りは知ってるのに友達の家族は何も知らないで住んでたり。よく遊びに行ってたけど。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 23:06:55
>>236です。皆心配してくれてありがとう。心あたりと言えば近所に電波(もしかしたらシャブ中かも)がいるんだよな‥。それは俺が見たんだかが全裸のモンモン男がベランダからキャッチボールしていた子どもらに怒鳴りつけていたんだ。
今も外で男のワメキ声がしていた。これは俺も聞いた。これ、心霊じゃない方かも‥嫁に自分で確かめに行かないようよく言っておこう。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/05(水) 00:32:03
昔 子供と二人で、たけしのアンビリの心霊特集番組を見てたら 部屋の電気がいきなり バッと消え、
線香の匂いがフワァっときた

あぁなんかやばいなぁ
と思ってたら、部屋の電気が点滅し始めた

さすがに怖くなって別居中の嫁に携帯から電話して状況を話したんだけど、途切れ途切れに砂嵐みたいな音が聞こえるんだよな…

嫁は イタ電か?みたいな様子で電話を切った
俺は チャンネルをかえようとリモコンを押すんだが、チャンネルが替わらない

部屋もみょうに寒いしペットの猫も部屋に入ろうとせんし子供は寝ていて ゆすっても起きんし、テレビはずっと心霊特集のままだし…

半泣きしてて心の中で
あっちいけ!あっちいけ!とか色々叫んだら、
電気が普通に点いた

慌ててチャンネル変えたらテレビにGacktがでてた

凄くホッとした

あの夜は二度と体験したくない夜でした

今もその家に住んでるがたまにクーラーかけてるのに線香の匂いがプーンとする

女と子供の声もするし、隣人は空き家なのに物音が頻繁にするがきにしないようにしてる


258 :ヤジピーコストライカー:2007/09/05(水) 00:38:42
何故別居してるのかkwsk

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/05(水) 02:42:32
>>258
金銭トラブルで嫁に別居するよう言い渡しました
今は一緒に暮らしてるが、また嫁が問題おこさないかヒヤヒヤしてます

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/05(水) 03:30:07
>>259
俺にはそっちの方が怖い

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/05(水) 11:27:35
一番怖いのは人間でしょう。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/10(月) 04:58:05
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 04:31:38



264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 20:46:23
オカ板から宣伝に参りました、毎度おなじみ百物語でございます。
只今参加者様を募集しておりますので、ご協力お願いします(ペコリ

今宵また 百の蝋燭に火が灯る……

生きる限り付き纏う“見えざる者”の恐怖
異界の記憶
忘れられない体験…

言葉として紡ぎ 百の物語を完成させましょう

蝋燭を吹き消すのは あなたご自身です
灯りを落とし 手鏡をご用意下さい
百の怪を語り終えたとき 鏡に映るのは貴方だけではないかもしれません

9月15日〜受付 
9月22日 夜21時開始

百物語準備室http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1188033870/


265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 14:53:47
クルマから降りずにファーストフードが買えるドライブスルー。
店員側の方には、客からの注文を受け応えする為のマイクとスピーカーがある。そして
その他にモニターカメラがあるのをご存知だろうか。
注文を受けるだけなら音声のみのやり取りでもいいような気がするが、色々な意味でモ
ニターも設置されており、客の容姿や車内の様子は判るようになっている。
これはそのモニターに写り込んだ霊の話である。
ファーストフード店でバイトをしているAさん。彼女はその店では一番長いベテラン店
員で、店に来る常連さんを何人も知っている。その中で必ずドライブスルーで店を利用
する男性がいる。黒塗りの高級車でやってくるホスト系の若者。
なんか、いかにもなイメージのお客さんだ。しかし彼女がこのお客さんを覚えているの
には他にワケがある。それは助手席に座る女性の存在があまりにも強烈だからだ。その
女性の顔色は真っ青で、物凄い形相で男性をにらみつけているのだ。初めて店に来てそ
の姿がモニターに写った瞬間は、心底ゾッとしたという。まぁ、たまたまケンカでもし
て、それでかとも思ったそうだが、注文を終えて、実際に商品を渡す窓口までクルマが
来た時には、その女性の姿は消えているのだ。
「あの女の人…幽霊だ…」Aさんは直感したという。だが、その男性は霊の存在に気づ
く様子もなく、いたって普通な感じだ。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 14:55:30
何度も店に訪れる男性と幽霊。Aさん自体もこの女性の霊は男性に憑いているのが判っ
てきたので、初めて見た時ほど怖くもならなくなっていた。
しかし、またその男性が店を訪れた時だった。いつものようにモニターには恐ろしい表
情の女性が写り、そして商品を窓口から渡そうとした時だった。
女性は消えている。男性がAさんに口を開いた。「いつも頑張ってるね、今日は仕事何
時に終わるの?」と。「いや、私は……今日はこの後10時には…」聞かれた事をそのま
ま何も考えず、無意識に答えてしまった。
次の瞬間、消えていた女性の姿が再び現れた。いつもは男性をにらむ彼女が今度はAさ
んをにらんでいる。戦慄が走った。そして女性は声にはならない口の動きでこう言った。

「やめろォ…、やめろォ…!」

幽霊に負けないくらいにAさんは顔面蒼白に。その後ナンパしてきたこの男性に、何と
言い訳をしてこの場を取り繕ったか覚えていない程、動揺と恐怖が彼女を支配した。今
までこの霊の怒りの矛先は男性に向いていたのに、いきなり自分に向けられたのだから。
男性は突如顔色を変えたA子さんに対してまゆをひそめるような表情で、その場を後に
していたという事も他の店員に肩を叩かれてそう言われるまで気付かない程、A子さん
は凍り付いていたそうだ。

267 :ヤジピーコストライカー:2007/09/16(日) 14:57:41
私怨

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 15:08:11
あれは1999年の夏の夜の出来事。
仕事の為に隣県に赴いていた私は滞りなく作業を終え、帰路についていました。
私の住む場所と隣県を結ぶ道は、国道の1本だけ。
その国道には峠の県境に1本のトンネルがあり、私は常々気持ちが悪いと思っていましたがそれはいつもの事だったので、トンネル特有の圧迫感がそう感じさせるのだろうと思い込むようにしていました。

午後8時頃。それは何の前触れもなくやってきました。
当時、私は左ハンドルのオープンカーに乗っていたのですが、古い型の外車で、天井部分の幌は雨漏りをしていたので、「そろそろ交換の時期かな?」等と思いながら車を走らせていました。
峠を走る私の車の前には1台のトラック、後ろには数台の普通車。
荷物を積んだトラックは峠を低速走行で登っており、一刻も早く苦手としていたトンネルを抜けてしまいたかった私はイライラしながらも後方について走っていました。
車列は変わる事なく山頂へ到着し、私の目前にオレンジ色の大きな口を開いたトンネルが姿を現しました。
長さが約900mあるそこに入った瞬間、異変は起きたのです。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 15:09:44
ドンッ
そんな音と共に車が不可解な揺れを起こしたのを私は感じました。
ぶつかられたり何かを踏んだ衝撃とは違う、上から下へ押されるような揺れを。
バックミラーで後方を確認しましたが後ろの車が障害物を避ける様子もなく、まして車間が狭い訳でもありませんでした。
おかしいと思ったその時でした。
自分の車の後方部分から音が聞こえてきたのです。『ギシッ、ギシッ』と。
途端、私の全身を悪寒が走りました。本能でこれはヤバイと思ったのですが、前をトラックが走行している事と、対向車の存在で逃げる事も出来ず。その間も音は着実に近付いてきました。
音が頭の上まできた時、危険を承知で視線を上部へと向けました。すると、布製の幌はまるで上に何かを載せているようにへこんでいたのです。
さすがに霊の存在には慣れているとは言え、これは初めての体験だったのでどうしようかと考えていた時。
ギシッ
そんな音と同時に上から誰かが覗き込んだのです。
白い服を着た髪の長い女性でした。無表情でじっと私を見つめてきたのです。
運転席側で、まるで私の視界を塞いで事故を促すようなその行為に私は彼女を睨みつけながら大声で怒鳴りました。
「邪魔だ!消えろ!」
初めて霊を見た人であれば驚きと恐怖で事故を起こしてしまうその状況なのですが、私は過去の経験から、強く心からの拒絶の言葉を吐き出したのです。
時間にすれば僅かだったと思いますが、私にとっては長い睨み合いでした。
暫く彼女は私を見つめ続けていたのですが、トンネルを抜けたと同時に徐々に消えて行きました。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 15:11:22
数日後、幼馴染みにその話をすると、彼は次のような話を聞かせてくれました。

 〜 〜 〜

ある夏の真夜中、海の帰りにそのトンネルを通った時の事です。
友人Aの運転する車がトンネルに入った時、それまで談笑していたAが突然無口になり、車のスピードを上げ始めたそうです。
危ないと注意した言葉を無視してスピードを上げ続けるAの態度に異変を感じ取った彼は、運転するAを見ました。
Aは怯えた表情で前を凝視したまま、ハンドルをきつく握り締めていたのです。
このまま運転させるのは危険だと判断した彼は、止まれと怒鳴ったのですが、Aは声を震わせながらたった一言だけ呟きました。
「・・・・・・停まれない・・・・・・後ろ・・・・・・」
後ろと言われ振り返った彼は、自分のその目を疑ったのです。
白い服を着た、長い髪の女性がAの車を追いかけていたのです。もう少し手を伸ばしたら届く所まで。
2人は叫びながらトンネルを抜け、峠のふもとまで一気に走り抜けたそうです。
車の往来が多くなり始めた場所まで夢中で車を運転してきたAは、路側帯へ車を停めました。そこで彼はAに詳しく話を聞いたのです。
トンネルに入った時、Aがバックミラーをふと見ると、何かの影が見えたそうです。それがどんどん近付いてきて、人間の姿だと認識できた瞬間に『逃げなければ』と直感してスピードを上げたそうです。
振り切ったと確信していた事と車の往来があった事で安心した彼は、車を点検するために1度車から降り、1周回って大丈夫だと確認して再び車に乗り込みました。
彼が車の扉を閉めようとドアに手をかけた時。
扉越しに白い服を着た長い髪の女性。正しくトンネルで自分たちの車を追いかけてきた女性が立っており、ニヤリと笑って彼に向かって手を伸ばしたのです。
彼は慌てて扉を閉め、Aは半ば錯乱状態で車を急発進させてその場から逃げ出したのでした。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 15:12:47
私はその話を聞いて驚きました。
『白い服を着た髪の長い女性』『走行している後ろから走って追いかける』(私の場合は全く気付かずに車に乗られてしまいましたが)
そして『同じトンネル』。

隣県側の峠のふもとに住む同僚の話では、霊感の強い友人と車でその峠を走った時、トンネル手前の路側帯に女性が立って走り去る車をじっと見ていると言ったそうです。それだけではなく、車がその路側帯の奥へ消えてゆくのも見えたらしいです。
路側帯の向こうは鬱蒼とした山。勿論車が通れるはずもなく……。

正直、もうそこを遅い時間に通りたくないと思っていましたが、何の因果か私は隣県へ転勤となり、毎日そのトンネルを通っています。
あれ以来その女性とは遭遇していませんが、足を掴まれたり急に背中が痛くなったりという症状が起きるようになりました。
そしてトンネル付近の事故は絶えません。縁石もない場所で車が完全に横転していたり、何もない直線で壁に刺さっていたり。

もしかしたらあの女性が……。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 21:47:13
なんで幽霊っていうと決まって「白い服を着た長い髪の女性」なんだ?
「開襟シャツを着たパンチパーマの男性」でもいいじゃないか

それはそれで、別の意味で恐ろしいが

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 01:54:42
>>272
別の意味つーか2重に恐いじゃまいかw

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 13:35:27
>>272
軍服を着た血まみれの男、というのなら良くある話だぞ


275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 18:25:47
落ち武者とかもあるな

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 19:11:07
もし自分が死後幽霊になったら
満面の笑顔でピースして写真に写りこみたい

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 20:55:22
>>276
そういう話、聞いたことある。

家族で飯食ってる時に、親父と息子で心霊写真の真偽について話始めた。
で、親父が言ったんだと。
「じゃあ、俺が死んだら、お前の肩口で心霊写真みたいに写ってやるよww」
って。

で、数年後、その親父が死んじゃったんだけど、葬式とかが終わって家族で飯食ってる時の写真に
息子の肩で笑ってる親父の顔が出てたんだって。


278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 21:22:27
死んでも約束を守るのは大事なことだな


279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 22:16:17
俺も新耳袋で似たの読んだ。ほほえましいのっていいよな。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/20(木) 17:11:25
頑張れ怖スレ

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/20(木) 23:02:57
怖いってほどの霊体験じゃないが、ゾッとした話。
六日前の夜の10時頃、嫁と一緒に買い物しにいって帰ってきた時、嫁に俺の後ろを指差しながら「蛍がいる」って言われた。
確かに家の近くには用水路と水田があるけど、整備されてて、とてもじゃないが蛍なんぞ住めるわけない。
それに住めたとしても、もうすでに9月に入ってるし、いるわけないと返した。
だけどしつこく蛍だ蛍だと言うので、俺もあたりを見渡したがやっぱりいない。
暫くして嫁も諦めてしょぼくれながら家に入った。まだ「蛍いたのに」とかブツブツ言っていたが。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/20(木) 23:28:50
次の日、俺はなぜか急に体調を崩して熱を出した。
そんなに高い熱ではなかったが、明日は休日ということもあり、俺は仕事を休ませてもらった。
ちょうど嫁も仕事が休みだったので、2人でマッタリと家で過ごしていた。
そのうち暇を持て余し始め、仕事等で忙しかったため録画したまま観ていなかったテレビ番組を観始めた。
その中に怪奇○霊ファイルという番組があり、熱冷ますのにいいかなというノリでそれを観始めた。
番組を観ていくうちに嫁が、「あ、昨日の蛍だ」と言い始めた。
「は?なんだって?」と俺が聞くと「昨日の夜××(俺)の後ろを飛んでたのに似てる」とのことらしく、テレビを確認すると確かに蛍に似た丸いのが飛んでいた。
ナレーションはそれを【オーブ】と呼んでおり、霊魂がどうのこうのとか言っていたが、俺はそんな事は耳に入らず、なぜか急に体が冷えていく感じがした。


283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/20(木) 23:58:28
嫁は結婚前、嫁実家で金縛りや妙な人影を目撃していた等と、以前聞いたことがあった。
「もしかして…」と思い嫁を見ると、嫁も若干青ざめた顔でテレビを観ていて、その顔を見た俺は何も言えなかった。
その後、お互い【オーブ】とやらの事には触れずに無駄にテンションを上げて空元気な感じで夜まで過ごし、夜は2人でビクビクしながら一緒に寝た。
幸い次の日には熱が下がり体調も全快したが、前々日の蛍もどきとの関係を考えると、いまだに背筋に冷たいものが走ってしまい、真剣にお寺とかで視てもらおうかなどと悩んでいるのが今現在。

以上が俺の怖かった体験談でした。って書いてみると全然怖くないなorz
オチ無しでスマソ。
それでは名無しに戻りますノシ

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/21(金) 09:16:40
言った方も言われた方も気味悪いよね
体には気をつけて

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/22(土) 10:36:34
日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。
トントンと包丁の音、台所では妻が昼飯を作っているようだった。
テレビをつけて携帯を見ると一昨日妻に内緒で行ったコンパで番号を
教えてもらった女性から着信履歴があった。
寝巻きのポケットに携帯を入れて台所を横切ってトイレに急いだ。
小声でその女性と何でも無い会話をしていたらキャッチが入った。
妻からだった。
俺はこっそり電話しているのがバレてしまったのかと思い慌てて電話に
出ると「もしもし?今起きたの?娘が部活で怪我したみたいで今迎えに
行ってるからお昼は冷蔵庫のものをチンして食べて」と言われた。
電話の向こうから車の中のラジオの音も聞こえた。
電話を切らずにトイレを出て台所のドアをそっと開けて覗いて見ると、
台所の妻は携帯なんか持ってなくて、包丁を持って何もないまな板をただ切っていた。
手に握った携帯からは「もしもーし?」と妻の声がしている。
台所の妻と目が合ってしまった。ゾッとした俺はパニックになって家を飛び出して、
「早く帰って来い」ともう一度妻に電話をして、二人がが帰って来るまで外で待っていた。
妻と娘が帰って来てから状況を説明して、みんなで家に入ったが誰もいない。
台所には誰かが作った料理が家族分用意されていたが誰が作ったのか分からず、
妻と娘には寝呆けていたんだろうと言われたが、そんなわけはない。
それじゃあ料理の説明がつかないし、俺は料理なんて出来ない。
不思議だ。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/22(土) 14:07:20
>>285
トイレに携帯持ち込んだ理由も話したのか?

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/22(土) 17:03:15
夜中、横で寝ている嫁が唸っていた。ウルセーなあと見たら汚い顔して苦しそうにしている。俺自身金縛りの経験があり、その状況に似ていた。
何度か呼び掛けても起きなかったので、渾身の力をこめて横っツラ(正確には耳と下あごあたり)をひっぱたいたら
嫁の顔だけ布団から大幅にズレてしまい、何が起こったのか分からない感じで何分かボーゼンとしてた。
嫁「なにすんだよ!」
俺「いや、お前が苦しそうにしてて。声掛けたんだけど、起きなかったから軽くビンタした」
嫁「はあ?何それ?別に何も苦しくなかったし」
俺「悪い夢見てたか金縛りにあったんだろ?」
嫁「違う!」と言って台所に行ってしまい、その後俺の事完全に無視
絶対苦しそうにしてたし、何か唸ってたし、正直に話さない嫁にはウンザリしたが、俺がご機嫌取って数日後には仲直りした。
1ヵ月後、寝てたら顔に凄い衝撃。常夜灯を点けているのはずなのに、目を開けてもナゼか真っ暗闇。
2〜3分後、視力回復したとたんに激痛。横には3sの鉄アレイが転がってた。状況がなんとなく分かり
俺「何のマネ?」
嫁「苦しんでたから(^O^)」
俺「鉄アレイは酷すぎないか?」
嫁「ゴメンね(^o^)/」

日が経つにつれ、左目

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/22(土) 17:05:20
殺されたのか・・・?

289 :ヤジピーコストライカー:2007/09/22(土) 17:09:35
左目がどうなんたんだ的支援

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/22(土) 17:26:38
長文すぎて切れてしまいスマン
日が経つにつれ、左目を中心に拳大体の顔アザがクッキリしてきて恥ずかしかった。
何よりこんな事で仕事休むわけにもいかない。会社での言い訳も苦しいし、顔アザがひくまで顧客に会わない裏方仕事にまわされた。
今後は、嫁が溺れてても何もしないし、通り魔に刺されていても何もしないし、車にひかれても何もしない。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/22(土) 20:33:56
>>287
渾身の力を込めて引っぱたいたのがいけなかったな。
そういうときは、両手に気を貯めて、目と鼻の先で思い切りパンと鳴らすんだ。
下等霊ならそれで逃げていく。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/22(土) 20:36:35
嫁に取り憑いた霊に復讐されたって話?

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/22(土) 22:21:14
嫁に鉄アレイで思い切り殴られた、って話だろ。

どうせなら、「目が見えなくなった。もう働けない。お前働いてくれ」と嫁を働きに
出せば良かったのに。
していいこととしちゃまずいことの区別もつかない嫁に冷や飯を食わせるのも、教育の
一つだろ?

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/22(土) 22:34:53
待て待て。嫁を「教育」?
おれの大嫌いだったDV親父と同じ台詞だぞ?

295 :俺様大王 ◆jj/4iHSuNY :2007/09/23(日) 06:11:10
自業自得じゃないかとおもたがオマイが安眠状態の時に鉄アレイ殴打だたら嫁が悪いな
そんなクソビッチはポイ捨てせれ

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 16:58:10
>>295
せめて日本語を正しく使えるようになってから、また来いやw

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 19:14:11
>>291
霊のレベル分けの基準がよくわからんのだが、
中等霊とか高等霊ってのは、そもそも人に取り憑いて悪さするものなのか?

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 19:56:55
>>296
どうも、ごまんなさい

299 :ヤジピーコストライカー:2007/09/24(月) 00:35:13
>>297
その人による
元々”強い”人でも体調が悪ければ、動物系の霊にも影響を受ける事もある
ヤバイのは怨念、生霊、嫌な感じを受ける場所には、なるべく近寄らないように

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 11:33:40
297は「人に取り付くような霊はそもそもが下等霊なんじゃないか。
中高等霊は人に取り付いたりしないんじゃないか。
ならば『下等霊ならそれで逃げていく』というのなら、
人に取り付く霊は皆291の言ってるやり方で逃げていくのでは。」
こう聞いてるのではなかろうか。
平将門とか崇徳上皇とかの霊は高等霊になるのかな。
だが彼らの場合人に取り付くというより祟るって感じだな。

301 ::2007/09/24(月) 22:22:31
ま、人間が人間の理屈で勝手に付けた区分だからな。
好きに呼んでくれ。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 23:06:47
>>301
じゃ君の事は【ゼロ】とでも呼ばせてもらうよ。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 15:06:13
涼しくなってからの怖い話も悪くない

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 19:00:46
数年前、北京に出張してたときの話。

ちょうどその頃、上海なんかで反日デモが盛り上がってた。
今までに何度も利用したホテルに泊まったから、特に気にしてなかったんだ。

説明になるが、中国のホテル(宿泊施設は本当にピンきり)であるレベル以上だと、
ホテル内にサウナとか垢すりとかマッサージとかするフロアがある。
でかいソファーが30人分くらいある結構広い部屋で、
その日も疲れを取るためにそこで足ツボマッサージ受けてた。
カウンターの兄ちゃんとは顔なじみになってたから、拙い中国語で会話してた。
すると部屋の奥から怒声が聞こえてきたんだ。

部屋の奥にスクリーンがあって、それが見られるようにソファーが並んでるんだけど、
スクリーンの前(俺から見て前列)に座ってた中国人が3人立ち上がって俺を囲んだのよ。
その時気が付いたんだけど、ちょうどスクリーンで反日戦争の映画やってて、
バタバタと中国人が死んでいく真っ最中。
「アレを見てなんとも思わないのか」「俺たちに謝れ」と、
どうやら俺に「抗議」しにきたらしい。
カウンターの兄ちゃんは「そいつは中国語がよくわからない」「いい日本人だから」と
中国人たちに説明してくれて、とりあえずは事なきを得た。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 19:13:23
で、また説明になるけど、結構なデカイ部屋で、
入ってすぐ10畳くらいのリビング、入口からみてすぐ左側にバスルーム、
その隣に台所、その隣にクローゼットルーム、部屋の奥に寝室があった。

で、寝室で寝てると誰かがドア叩く音で目が覚めた。
覗き窓から外を見ても誰もいない。チェーンかけてドアを開けてみたけど同じ。
おかしいな と思いながら寝室に戻るんだけど同じ事が続いた。
俺を囲んだ中国人だな って思って、ノックしたらすぐ確認してフロントに文句言うつもりだった。
でリビングのソファーで待ってたんだ。

でも疲れがたまってたからウトウトっとした時、ノックが聴こえた。
その時、目がハッキリ覚めたんだけど、同時にもう一つの事がわかった。
ノックされてるの、バスルームのドアなんだ。バスルームの内側から聞こえるの。
寝る前にシャワー浴びたけど、窓なんか無い部屋なのよ。

消してた電気をつけて、思い切ってドアを開けたら何もいなかった。
ただ、フックに掛けてたバスタオルが、バスタブの中に入ってた。
バスタブの中には水がないんだけど、タオルはさっきまで水に使ってたような濡れ方。


306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 19:21:26
背中に視線を感じたんで振り返ったけど何も無い。
部屋を替えてもらおうと外に出ようとしたんだが、
リビングに入ったとき、誰かがソファーに座ってた。
髪の長い女の人みたいなものがもの凄く透明に見えた。
見間違いかと一瞬目を閉じた瞬間、部屋の電気が消えてTVが勝手に点いた。

その後はよく覚えてない。
隣室から「うるさい」と苦情があって部屋を見に来た従業員が、
気絶していた俺を見つけた。気絶する前に何があったのか、まったく覚えてない。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 19:32:36
詳しい話を聞けるよう、日本語ができるエージェントに頼んだんだけど、
その件に関しては途中から通訳を拒否された。
エージェントの手配でホテルもチェンジした。

最近ホテルの近くを通ったが、普通に営業している。
オリンピックで誰かが泊まるんだろうな あの部屋。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 20:07:43
>>304
つまり1行で言うと、中国人に仕返しされたんだなw


309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 11:07:17
>>308
俺、な〜んも悪い事してないけどw

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 15:15:47
反日中国人に囲まれてボこられるのと、
髪の長いお姉ちゃんの幽霊に騎乗位で金縛れるのと、

どっちがいい?



311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 16:13:48
挿入してもないのに腰振りながら恍惚の表情を浮かべるなら断然幽霊。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/03(水) 15:22:06
じゃ、髪の長いお姉ちゃんの幽霊にバックで責められるのと、
半日中国人が恍惚の症状を浮かべながら騎乗位で腰を振るのと、

どっちがいい?

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 00:36:29
前者

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 14:27:30
つまり反日で髪が長い女の中国人が勝手に風呂はいって
バスタオルつかってリビングでくつろいでたんだな。
んで透き通るような肌をした女で、電気を消して、テレビの明かりだけで
事に及んだわけだが、余りに激しくて声が大きいので隣の部屋から苦情が来たと。
お前さんは夢心地のような一夜をすごしたんだが、憶えてない。

いいじゃないか、そのデリ嬢。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 15:35:56
>>314
マジ話すると、売春行為は極刑のあの国で、デリヘル嬢はいる。
HP探してみ?あるからw

上海での話だが、夕方ホテルにチェックインして1時間後くらいにノックが聞こえた。
出てみると割とかわいい娘がいた事がある。なんだか解らんのでその時は帰ってもらった。
あとでエージェントに聞いたら「デリヘルの押し売り」だったそうだ。

口直しに もういっこ。
場所柄によって幽霊に特徴があるだろ、日本だったら「足がない」とかさ。
中華圏だとキョンシーなのよ。昔、映画がはやったでしょ、アレとほぼ同じ。
ホラー映画でもキョンシーなのよ。
アクション付ホラーだとキョンシーVS霊媒師がスゲー功夫で戦ってる。

で、見たことあるよ キョンシー。
台湾では土葬が主流で、ちょっとした山や丘に穴を掘ってお墓にしてるんだよ。
そのとき仕事したビルからお墓がよく見えててさ、夜遅くまでそこで仕事した事があった。
疲れ取るためにベランダに出たら、お墓にキョンシーが居た。あの格好で。
幻覚見るほど疲れてるのか と思って部屋に戻ったんだけどキョンシーが鮮明に浮かぶんだ。
で、もう一回見に行ったら、まだ居た。他の人を呼んだら見えなくなったんだが・・・

人が死んで霊魂になるとして、それを見た人が幽霊だなんだと騒いだとしてだ、
俺、日本人だからさ、日本人が描くそーゆーやつの姿を見ると思うんだけど、
その時そのキョンシー見るまで、キョンシーのことすっかり忘れてたんだ。
あーゆー姿に見えるのって、見る側じゃなくて見られる側の影響が強いのかな って思った。
 
怖くない話でスマンw

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 15:59:50
>>315
ガチ?

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 16:26:55
>>315
ガチ。ちなみに今、台湾出張中だw
こっちの新聞にも沢尻英龍華(エリカ)の騒動が載ってたりする。

中華ならでは のトンデモ話は沢山あるんだが、
残念ながらオカルト系はこの2つしかない。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 17:55:58
少し長くなるけど聞いてください。今までの人生で一番怖い体験です

10年ほど前、中1になってすぐの頃新しい学校の友達4人で
同じクラスのA君の家に泊まりに行きました(たぶん3連休の頃だったと思います)

A君の家はとても大きなお寺で近くにお墓もありましたが
あまり怖い印象はなくあっという間に夕方になりました

夕食後、A君は卓球スクールのため近所の体育館に行ってしまい
残った私たち4人はA君の部屋でダラダラしていました

そのとき肝試しも兼ねてこっくりさんをやろうと友達が提案し
本当に暇だったのでみんなでやることにしました
ちなみにこっくりさんに聞いた話はとてもくだらない質問ばかりです


319 :318:2007/10/04(木) 18:03:38
あまりにつまらなかったのでこっくりさんはすぐに止めてしまい
それぞれに漫画を読んだりゲームをしていたと思います

そのときゆっくり障子が開きました

思わずみんなビクッと反応しました。おそらく何気にこっくりさんに
ビビってたんでしょう。障子を開けたのはおばあさんでした

こんばんわぁと頭を下げた後1分間ほど談笑したかもしれません
詳しく覚えてないですがとても優しそうに笑っていたと思います

その後A君も帰ってきてあっという間に朝になりました

320 :318:2007/10/04(木) 18:23:15
お寺ということで朝はA君の母親に連れられ座禅を組まされました
んでその後朝ごはんをいただくとこになって
A君家族全員と一緒に食べることになったんだけど

友達「あれ?おばあさんは?」
A君「はぁ?お前何言ってんの?」
友達「昨日いたじゃん」
A君「なんのこと?」

全く噛み合わない話を散々した後A君と姉さんを加えて話し合いましたが
本当におばあさんはいないらしい
でも私たちは本当に昨日会ったと言い続けました

結局結論はでないまま家に帰りました
後日何度もみんなで話しましたがA君のおばあさんは当時2人とも実家で
暮していて無断で来ることはありえないと言っていました
泥棒説も考えられたんですが年寄りのおばあさんがお金を盗みに入ってきて
音をたてて障子を空けてくるのでしょうか?
ちなみにA君の部屋は二階で少し曲がりのある急な階段を登らないと来れません

321 :318:2007/10/04(木) 18:38:45
最後に

今年の夏休みに泊まりに行った友達四人のうちの三人と花火大会に行きました
本当に久しぶりだったんですが何年振りかに友達が例の事件の話をし始めました
懐かしいというよりせっかく忘れてたのにwと言う感じでまた話し合いました

そのとき不思議なことがあったんです。おばあさんとの会話でおばあさんが
四人のうち2人が「獣くさい。狐がいる」と聞いたらしいんです。
その友達はこっくりさんをやっていたのを知っていたんだな、と思ったから印象に残っているらしい
私ともう一人は「いらっしゃい。大きいねぇ」くらいしか喋っていないと主張。
狐なんて言われたらビビリの私が聞き逃しているはずない

本当にあのおばあさんは誰だったんでしょう?
でも優しそうな感じだったと自分に言い聞かせてる
長文&つまらん話すまん。



322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 22:22:16
地味に怖いよ

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/05(金) 03:07:47
つまり狐に化かされたってことで桶?

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/05(金) 10:33:29
ここオカ板より面白い話が多いな。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/05(金) 22:37:46
>>315
キョンシーって蒼白い顔をして、両足でピョンピョン跳ねながら移動するのか?
それで顔の前にお札が下がっているとか・・・。
あまりイメージが湧かないが、そんなものなのか?

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/06(土) 10:22:06
>>325
100mくらい離れてるところから見たんで顔色は解らなかったが、
顔の前に御札下がっててスーっと移動してた。
跳ねるのもいるし、スーッと空中を移動するのもいるらしい。
走るのもいるって聞いたw
今 思い出したけど格ゲーのハンターシリーズに「レイレイ」ってキョンシーいただろ?
アレは移動時にピョンピョン跳ねてなかったと思う。関係ないかw

キョンシーについては、俺も映画のイメージしかなかった。
前述したが、どんなのだったかもすっかり忘れてたんだ。
なのに、キョンシーの姿形が見えたんだ。不思議だよ。
俺の潜在意識に訴えかけてきて、俺が持ってる「キョンシーの姿」で見せたのかも試練。
キョンシーを見た後、こっちのTVでやってるホラーを見るようになった。
夏場はやっぱり多いんだよ。で、キョンシー映画見て「やっぱこれだったよなぁ」って。

こっちで言うキョンシーって幽霊と妖怪と吸血鬼とゾンビをあわせた感じなんだよ。
そーゆーのを総称でキョンシーって言ってるんじゃないかとは思うが・・・
少なくとも俺が見たのは、昔のキョンシーブームで流行ったような愛くるしい(?)姿ではなかった。


327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/06(土) 12:49:51
>顔の前に御札下がってて
台湾では死者を埋葬する際に額にお札を貼ってるのかな?
日本で死者の額に付ける三角の布みたいな扱い?

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/06(土) 17:24:06
>>327
日本で死者の額に付ける三角の布みたいな扱いがどんなものか知らんw
御札は伊達じゃなくて「ちゃんと祀りましたよ」みたいなモン。
けど、それを無視して暴れちゃうくらい強いんだぞ って恐怖もあるらしい。

一応言っとくが、俺が(本物の)キョンシーに関して誤解しているところがあるかも試練。
正確なところは現地人に聞くほうがいいだろうな。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 01:12:54
中国じゃ幽霊は鬼だったよな。


330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 14:53:21
>>329
幽霊というより「化け物」だよ。
例えばだが、スケベのことを「色乱」というんだが、
レベルアップしていくと「色魔」「色鬼」と言う。
「スケベの魔物」「スケベの化け物」って感じだ。



331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 20:15:58
オカ板ふっとんでるぞ!いっこしかスレがない!これぞオカルト。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 21:57:21
キョンシーは確か日本語で"きょうし"って読む漢字を当てていて
その漢字の読みが中国語でキョンシーになるんだったと思う
どんな漢字を当てるのかは忘れてしっまた。スマソ



333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 02:47:59
教師?

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 08:28:28
「僵屍」。
あれは本来、自分家から遠く離れて死んだ死体を運ぶための呪術か何かだったそうな。
んで、死後硬直してて膝がまがらないから、キョンシー映画にあるような飛び跳ねる動きをするんだと。

日本で言う幽霊が中国では鬼にあたる。読みは「キ」で、死んだ時の状態によって呼び名が違うとか。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 08:52:28
あれ?俺は
死んだ後供養する人がいなかったらキョンシーになるって聞いた。
誰も供養してくれない寂しさから悪霊となり生きている人にとりついて殺してしまうって聞いたな。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 14:13:59
「鬼」の発音表記は「gui」。声に出すと「グィ」に近い。
幽霊⇔鬼 というより 鬼の区分の中に幽霊がいる方がイメージ的には近いよ。
日本人に対する蔑称として「日本鬼子」というのがある。
この場合の鬼の意味は「幽霊」ではない。

仙人でも、能力だったか住んでいる場所だかで呼び名が違うって聞いたことがある。
そーゆー区分けが好きなのか、はたまた本当にいたから分けたのか・・・

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 14:52:53
このスレは勉強になるなあ

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/09(火) 13:09:03
ひざが曲がらないから跳ねるってえのは、
足首は曲がるんだね。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/09(火) 17:27:41
>>326
亀だがレイレイはダッシュ時に地面へ消えるぞw

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/11(木) 23:24:41
>>339
亀田は切腹することになったわけだがw

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/12(金) 23:50:58
はたようく(漢字忘れたw)の出番ですね

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 07:03:34
最近あったちょっと不思議な話。

うちで飼ってたネコが帰ってこなくなった。
もう10年も飼ってるから結構高齢だったんで、逝ったのかな?って思ってた。
まあ子供達には「どっかで遊びほうけてるんだろうね」みたいに言ってたけど
大人たちは内心、逝ったって思ってたはずだった。

で、ある朝、長男(小6)が起きてきて
「○○帰ってきたやろ?」って聞いてきた。
ネコが帰ってきてエサを食べてるのを見たって言い出したんだが、よく聞いてみると夢を見たみたいだった。
びっくりしたのは、俺もネコの夢を見てたこと。
いつものように俺の部屋の窓にきて「ミャオン・・・ミャオン・・・」って鳴いてて、俺が窓を開けてやると
入ってきて足元に擦り寄ってきた、っていう夢を見てたんだ。

で、「俺もこんな夢見てたんだよ」って話をしてたら「えぇーー」ってなって、で話をしてると
俺、長男、次男、義母、義妹の5人が同じ夜に同じように、ネコが帰ってきた夢見てたんだ。

昨日が最後で、お別れ言いにきたのかな?って話してた。
ちょっとビックリした不思議な出来事だった。


343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 08:11:56
ヌコお別れにきたのか
なんかジーンときた

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 09:20:26
>>342
普通にいい話だな。
でもこの話の本当の怖さは嫁が同じ夢を見なかったことだ。


まてよ、、、

まさか、、、

お前の嫁はぬこだったのか!!

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 09:31:44
>>344
義父じゃないか? (w

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 14:30:47
>>344
簡単な話
猫を保健所に引き渡したのが嫁

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 15:23:50
>>346
直接〆て黒ビニール袋でゴミ収集

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 18:31:50
342が夜中に眼を覚ますと、隣に嫁の姿がない
こんな時間にどこに、と思いつつ台所に行くと物音が

ぴちゃぴちゃ
ぺろぺろ

そっと近づくと冷蔵庫の前に蹲る嫁がいた

何やってるんだ、と声を掛けようとしたとその時嫁が振り向く

その手には血抜きしてない生の鰯が
嫁の眼は冷蔵庫の灯りに照らされて光っている
その口元は魚の血で汚れて、手でぬぐった血の跡で口が耳まで咲けている様に見える。

「お腹が空いてたまらないのよ.....」


349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 20:33:23
ただのグロ。
全然おもろないぞ。

350 :342:2007/10/13(土) 22:58:25
>>344
家族の中で、ネコの夢を見なかったのは、嫁と義父。
で、見たかどうかはわからないが、100歳のおばあちゃんがいる。


そのネコの夢の話があった3日後に、そのおばあちゃん死んじゃってね。
よくネコと一緒にいてたから、「ネコが先に逝って道案内してるのかもな」って言ってた。


351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 00:25:43
                         ,、ァ
                         ,、 '";ィ'
________              /::::::/l:l
─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|    見たな>>342
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|    お前も食べてやるよ
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ!                 ,、- 、
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::;;、-、、゙:::     rー-:'、                /   }¬、
. \::゙、: : : :./::::::::::::::;、-''"::::::::::   ,...,:::,::., :::':、            _,,/,,  ,、.,/   }
   ヽ:ヽ、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___       /~   ヾ::::ツ,、-/
     `ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-, '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;;ツ
   _,,,、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,    ,.'      j゙,,, ´ 7
,、-''"    .l:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  冫、     ヽ、 /    __,,.ノ:::::ヽ. /
       l;、-'゙:   ,/      ゞ=‐'"~゙゙') ./. \    /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
     ,、‐゙ ヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ.   ,'     '、ノ''"   ノ
   ,、‐'゙     ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、 ,'            /
  '     //:::::::::            {.        V           /
        / ./:::::::::::::            ',       /         /
.    /  /:::::::::::::::::.            ',.      /   ,.、     /

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 00:26:19
                        ,、ァ
                        ,、 '";ィ'
________              /::::::/l:l
─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ!
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ::::::::::::::::::::-=・=-、゙:::   -=・=-:'、
. \::゙、: : : :./::::::::::::::;、-''"::::::::::   ,...,:::,::., :::':、
   ヽ:ヽ、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___
     `ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-
   _,,,、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、, ゴリゴリゴリ・・・
,、-''"    .l:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、"| >>342/ 冫、     ヽ、
       l;、-'゙:   ,/      `| /| |   /. \
     ,、‐゙ ヽ:::::..,.r'゙       (( // | |  /    ヽ.
   ,、‐'゙     ン;"::::::.        U  .U  /
  '     //:::::::::            {.
        / ./:::::::::::::            ',
.    /  /:::::::::::::::::.            ',.

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 00:30:39
>>352
まじに怖いってw

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 01:08:37
>>352
こんなAAあったのか!

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 11:01:36
>352
猫の目が、まるで味わってるみたいで微妙に怖面白い

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 03:14:35
>352
不謹慎だがワロタ


357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 14:59:00
寒くなってきたからこそ語ってくれよ

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 21:27:34
うむ。語るべきことはないが、
好きだった女に会いたいと思う秋の夜・・・・

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/31(水) 08:05:18
最近ちょっとだけビビった事

先週、とある宗教団体の施設で作業してたんだ。
詳しくは言えないけど、信者の宿泊施設に機械をセッティングする作業をしてた。

で、部屋に案内されて1人で作業してたら、誰かが入って来た。
俺はドアに背を向けてたんだが、入口の戸が開いて畳の擦れる音がした。
でも何も言われないから、そのまま作業してたんだけど、何気なく振り返ったら誰も居なかったんだ。

ま、気のせいだろうけどね。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/31(水) 13:25:43
コレ、怖かった
1979年未解決事件 ワラビ採り殺人事件の真実
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1059271

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/01(木) 17:29:16
まあ
死んだ人間より生きている人間の方が何倍も怖いし
幽霊が怖いという人は、よく分からないな
もし幽霊に攻撃されるなら、つまりその場合反撃できるわけだし

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/01(木) 18:27:46
なんだかわかんないから怖いんだよ
未知のモノ、理解できないモノと言うのは、
興味を引く反面 恐怖も呼ぶ。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/01(木) 18:34:58
>>360
この場所行ったことあるけど恐ろしいところだったんだな

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 15:31:15
俺んち10年小梨で。
不妊治療とかジンクス担いだりさ、嫁と一緒に頑張ったけど、正直、諦めてたんだ。
口では励ましあうんだけど、内心お互い似た様な事考えてるのが解ってるの。
で、今年の正月、従兄弟が子連れ(5歳♀)で来てさ。
従兄弟達が座敷で宴会してる間、その子と嫁と一緒に遊んでたのさ。
そーしたら突然言うのよ「頑張ってって言ってるよ」て。
俺も嫁も頭「???」だらけでさ。「なにが?」って聞いたら
「おじちゃんとおねーちゃんの間にいるおっきい女の子の赤ちゃんが言ってる」て。
「もーちょっとだから待っててね だって」と言いながら嫁のお腹さすってさ。

すぐ産婦人科行ったけど妊娠はしてなかった。
言われて やっぱり頑張ろうってなったら・・・妊娠した。
性別も解った。女の子で、この時期にしては標準よりも大きいそうだ。それが先日。
姪は正月に俺たちに言った事覚えてないらしい。

今年あった、俺にとってのオカルトだな。怖くないが嬉しくて書いた。




365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 16:56:26
>>364おめでd!

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 17:28:59
>>364
よかったな。久々に、純粋にほのぼのとしたよ

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 19:32:35
>>365 >>366
ありがとう。
長い間待ったせいか、実は、嬉しさ半分怖さ半分なんだよね。
今 夢見てるんじゃないかってさ。

俺、いい親父になる。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 23:31:40
>>367
素敵なお話ありがとう。
ほのぼのしたよ(*´∀`*)

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 01:14:56
既男板は笑った話や怖い話を読みにいくと泣かされる事があります
怖いです

まあなんですよ、おめでとうございます
あまり力まず子供と一緒に父親に成長してください

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 16:39:56
>>367
おめ!
いい親父になって↓に顔出すの待ってるよ!!
赤ちゃんカワイスwww!! 2
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1188817289/
【息子も】我が子が可愛くて可愛くて仕方がない Part9【娘も】
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1182134863/


371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/24(土) 14:59:04
>>364
オマイがオジチャンで、嫁さんがオネエチャンか。
その子も随分、世間を学んでいるんだなw

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 13:32:19
>>371
お袋がそうやって教えている。だからうちの家では、
鬼男は「おじちゃんorおっちゃん」独男は「おにーちゃん」
女は無条件で「おねーちゃん」なんだ。世間を学んでいるとは言いがたいよ。

最近、嫁とお袋がチョット怖い。「ジュリエット」とか名前を考えてるから。
「40でも通用する名前を考えろよ」とは言ってあるんだが・・・
いっそのこと従兄弟の娘に名前案を考えさせようかとも思うんだが、
「ギロロ」とか言いそうで、それも怖い。

これ以上はスレチな。




373 :ヤジピンク:2007/12/01(土) 21:37:50
樹利越杜?

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 10:28:15
誰か書いて

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 14:35:14
ボリボリ

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/20(木) 15:04:19
カリカリ

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 00:40:04
マジにはなし。
ポルターガイスト現象に悩んでます。
こんな時間に書くと恐い...

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 01:14:13
kwsk

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 00:01:59
kwsk!

380 :377:2007/12/22(土) 01:03:32
そんじゃ、今そばに嫁がいるからカキコしますw
この現象が起きたのは今年4月に今のマンションに引っ越してから。
引っ越して一週間くらいしたある日、嫁とS○Xした後、すぐに隣の部屋のTVが
勝手にスイッチONになり映りだした。

そのときは何だか背筋がゾーッとたけど、その後はその現象が起きることもなく
日にちが経つにつれて忘れていった...
ところが、夏の8月ころの熱帯夜の夜、嫁と一ヶ月ぶり位のS○Xをしていたら
またしても隣の部屋のTVがついたのだ。
これはもう偶然とは思えず、電磁波などの影響による可能性等、いろいろ調べた
がこれといった原因は見当たらなかった。

381 :377:2007/12/22(土) 01:11:59
それからほどなく、今度は嫁と深夜にビデオを見ていたときのこと。
俺はトイレに行きたいからと言って、いっときその場を立った。
部屋を出ようとしたその瞬間、嫁が奇声をあげたのだ。
何かと問うたら、部屋の窓のカギがくるりとゆっくり回転したと言う。
確かに閉めたはずのカギがあいている状態になっていた。

俺はそのときから、この住居のポルターガイスト現象を確信した。
そして、ポルターガイスト現象なるものをいろいろとリサーチした。
思春期の女の子のいる家には何故か起きやすいこともわかった。
確かにうちには中1の女の子がいる。

382 :377:2007/12/22(土) 01:18:28
また、上記の三つの不可解な現象には共通点があった。
・現象時間は深夜1時〜1時半
・金曜日(正確には土曜日)の夜
・嫁と同じ部屋にいるとき

事実、今これをカキコしているときも何故かまぶたに痙攣が起き出した...


383 :377:2007/12/22(土) 01:27:11
実は他にも上記の条件の中、何かと現象は起きている。

PCデスクから落ちたコインがそのまま消えた。
物理的に不可能な隙間をぬって、辞書が机の後ろから落ちた
そこにあるはずのない物がいつの間にか置いてある

そして極めつけは、向かいのマンションで見えた男の人影が突如消えた...





384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 01:28:22
鍵は気温や気圧、自重の関係でキッチリしめてないと動く事は普通にある。

テレビは…娘さんが親がHしてるのに気付いて「うるさいよ」とかの意思表示をしたんじゃ?w

385 :377:2007/12/22(土) 01:39:16
消えた男の人影は気になって、マンションの管理人さんにも相談してみた。
最初は口ごもっていたが、事実を語ってくれた。
どうやら、その向かいのマンションの人影が現れた階のある部屋は、
男の人が自殺したことがあるらしい。
しかも夜な夜なその人の呻き声のようなものがその階中に響きだし、
ついには皆、引っ越してしまったとのこと。
つまり俺が見た消えた男の階には誰も住んでいないということだった。

386 :377:2007/12/22(土) 01:52:39
いずれにせよ、男はつまんね、
と思ってそれから夜な夜な一人で勇気をもって観察していたら、
ある夜、超ミニスカの沢尻エリカ風の女がその階に見えたではないか。

びっくら仰天、目が点になってその女を凝視していたら、
チラリとスカートをめくってパンチィを見せながらおいでおいでをするではないか!!
俺は思わず、チンチンを固くしながら家を出て、その向かいのマンションに行った。

エリカ様は俺の股間を指さしながら
「何カタクしてんだよ、オッサン!!」
と言うので
俺は「スンマセン」と言いながらチンチンを出した。

「オッサン、いい歳して皮かぶってんじゃん!!早くチンコ剥いてシコれよ、ホレこれ見ながらさ」
とエリカ様は白い太ももをむき出しにしてくれたのでした。

俺はハアハア言いながらわずか3秒で逝ってしまいますた。
「オッサン、包茎でしかも早漏かよ!!」
と罵倒してきたので
「そうでござそうろう」
と返したら
「つまんねぇよ、オヤジ」と言いながら俺のティムポにライダーキックを
してくれますたので、またまた射精したのですた。





387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 02:21:14
猫殺した大学生がすごい遺体で発見された
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/cat/1189449535/l50

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 11:28:43
387以外は素晴らしくおもしろい。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 11:37:48
>>154
>あれは忘れもしない小学4年生の夏。いや5年生の夏だったかもしれません。



390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 11:54:52
あれは忘れもしない小学4年生の夏。いや5年生の夏だったかもしれません。
高2の姉とひさしぶりに、いしょにお風呂に入り勃起しますた。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/23(日) 02:54:23
おまいら、もっと真面目にオカルト話しをせいや。

かく言うわいの体験はな....



高校のとき、おちんちんの皮を母親に剥いてもらいますた。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/23(日) 11:49:55
はあ?

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/23(日) 23:45:27
皮むき器で剥かれたってことだろw

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 23:46:41
2〜3年前の事。
オカ板である番号に掛けると呪われるだかで祭り状態になっててさ。
俺と嫁でちゃっかり参加してたのよw
そんで家からじゃなく近所の公衆電話から
掛けてみようって事で夜中の2時頃に俺一人で
家から徒歩3分くらいの公園に電話掛けに行ったんだ。
家に帰ってからの会話
嫁「掛けてきた〜?」
俺「お〜。でも電話より小さい子が一人でブランコ乗っててビビったwww」


395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 23:54:46
続き。

嫁「・・・おかしくない?」
俺「えっ?何が?」
嫁「いや、今の時間考えてよ。」
俺「・・・・・」
そういえば、子供が一人で遊ぶ時間じゃねえって気付いてパニック。
もしかして幽霊じゃなくて虐待?!
いや、でも楽しそうに乗ってたし、余りにも自然だった。
嫁「もっかい見て来てよ。もし虐待だったら大変だよ!!」
と嫁が言ったその時。
トントンと家のアパートの階段を上がる音。
子供が上がってくる足音。
で、嫁と二人で固まってたら窓をノックしてきた。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 00:03:21
ラスト。

もう本当にパニック状態の俺。
その横で異常な程冷静な嫁。
嫁「良かった〜。虐待じゃないんだ。でも、アンタ連れてきちゃったね。」
普段からそういう物を視たり感じたりする嫁は強かった。
そっと窓の側へ行き様子を見ると
嫁「どっか行け!!」と一喝。
すると霊感0の俺でも感じるくらい空気が変わった。
嫁曰く「こっちが強気だと大抵居なくなるよw」
だそうだ。

それ以来、我が家ではオカルト的なものには面白半分で携わらない
という家訓が生まれた。
長文スマソ

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 00:11:24
嫁コワス

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 08:23:03
こういうのも怖ええな

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 11:10:34
なんというSな嫁

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 21:06:49
えーと

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 01:05:12
>>394
よう同類w
俺もあの祭りに参加してたよw

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 14:55:47
>>401
ナカーマw

んじゃ、ついでにもう一個投下させてくれ。
休日の話。
昼食も食べ終わり、子供達もお昼寝させた嫁。
マターリとソファーに座って本を読んでいるうちにウトウトし始めた。

俺「眠いならベッド行って休めば?」
嫁「う〜ん・・面倒臭〜い」
俺「連れてってやろうかw?」
嫁「わぁ〜い♪じゃ、お姫様抱っこ〜♪」
なんてイチャイチャしてたら嫁が急に

「うるさい!!邪魔すんな!!このボケッ!!」


403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 14:58:58
デレツン

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 15:05:15
続き。

俺、呆然。
しかし嫁はまだ怒ってる・・・

「いっぺん死ね!!もう死んでるけど、もっぺん死ね!!」

どうやら、また何かが居たらしい。
嫁が普通になったから聞いてみたら
「ずっと耳に息をフーッてかけられてた。」
耳が弱点の嫁はそれプラス邪魔されてキレたらしい。

ちなみに嫁は普段は明るくて優しい嫁だ。
冗談も言うし、たまに一人で尻をフリフリさせながら
飯を作ったりしてる様な嫁だ。

それが霊的なものが見えると・・・orz

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 15:28:41
やっぱおまいの嫁のがコエーよw

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 16:43:14
病院に連れて行ったほうがいいと思う

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 17:47:39
>>406
そんな気は更々ないぜ。ベイビー。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 22:06:10
それはかなり危ないな。
嫁がw

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 23:09:55
『霊感が強い人』と『ジャンキー』って
紙一重だと思う。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 02:41:26
というか>>404が嫁本人だと思った俺はもう終わってるか?

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 04:51:38
というか>>404の嫁が本当に存在するんだろうかと思った俺は(ry

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 08:45:09
というか、嫁という存在自体がオカルトだな

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 11:53:35
気団板でなに言ってんだw
喪と毒とチュ(ryは書き込むなっつーのw

414 :ヤジナナシッ:2008/01/08(火) 15:08:49
というか>>404の嫁さんの話投下きぼん

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/12(土) 20:28:15
気団以外を追い出したら10日間も書き込みが途絶えましたね
>>413さん、どういう事かわかりますよね

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/12(土) 22:07:46
>>415
そうそうオカルト話なんて無いって事だろ


417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 17:26:58
>>416
しかも>>414が追い討ちかけてるしな。


418 :ヤジナナシッ:2008/01/15(火) 12:01:33
>>417
追い討ちかけてスマソ

いや最近家に何かいたらしいから

>すると霊感0の俺でも感じるくらい空気が変わった。
ってのがよく分かるんだよね

ピリっとした空気がふっと変わって
あんまり何度も経験したくは無い

では



419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 11:38:35
誘い受けが流れを止めて早三日

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 11:48:58
そうだな
そろそろ何か出ないかな

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 15:21:35
仕事暇なので、じゃあひとつ。
俺と嫁はアウトドアが趣味で、キャンプをしようとある山道を車で登っていた。
すると嫁が「そう言えば、会社の○○君がね、この道を通っていた時に白いワンピースの女の人を見たんだって」
俺「へえ、それがユウレイだって?」
嫁「ううん、わかんない。だけどシトシト降ってる雨の中、民家もほとんど無い道をウサギのようなものを胸に抱いて歩いてたんだってさ」
そんな話をして数十分後、雨が降り出し、ちょうどその女性を見たらしい場所に近付いてきた。
すると、前方の路肩を傘も差さずに歩いている白いワンピースの女性がいた。
俺はそんな話を聞いたのも忘れて「こんな所で夜遅くに危ないなあ。車に乗せてあげようか」などと思っていると、
目をぎゅっと閉じた嫁がすごく焦った声で「早くっ、あの人を追い越して!絶対振り向いちゃダメ!」
訳がわからないが嫁の言う通り加速し、その女性を追い越した。
追い越しざまにドアミラーをちらと見ると、女性は嫁の話と同じように胸に何かを抱いていた。
俺「お前の言ってた人じゃん。徘徊グセのある人かなあ」相当ビビリながらも嫁に話し掛けると、
嫁「ああ、何とか振り切れたみたい。良かった〜〜〜」と本気で安堵している。
夜が明けて、車をみるとリアウインドウには手のひらの跡がベタベタと・・・
嫁は「このくらいで済んで良かったのよ〜」とノンキだったが、心底ぞぉっとした。
ちなみに俺は霊感ゼロだが、嫁はかなり強い方だ。

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 13:24:17
そんだけ見えるんなら嫁さんの霊感ってたいしたものなんだろうな。
ん〜嫁さんには悪いが知らぬが仏かw

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 15:28:33
ほっとけ!

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 00:08:24
やっちゃた。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 00:39:33
>>421
誰でも見えることは見えるが、霊感がないとそれが
あっちの世界のものたちであるってことに気がつかないってことか。

案外、自分の周りにある当たり前のことや人が
実はあっちの世界のことだったりとかもあるかもな。

そっちの方が怖いわw

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 02:07:17
>>425
嫁自身があっちの存在の人だったら…

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 03:04:25
(;゜ロ゜)ヒイイイィィィィ

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 17:01:55
むしろ嫁さん自体が存在してないのでは・・・。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 17:36:32
(;゜ロ゜)キャァァァアァァァァ

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 03:32:43
>>428
>むしろ嫁さん自体が存在してないのでは・・・

そんな…
怖くてこのスレ嫁ない

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 09:39:56
>>430
KY

432 :421:2008/01/21(月) 14:02:43
>>425
嫁も同じような事を言っていた。

嫁は時々、部屋のある地点を一瞥して
「しばらくあっちの方は見ちゃだめよ。2〜30分もしたら出て行くから」
と言うときがある。俺には何も見えないが言う通りにしている。
あと、センサー式の自動ドアの前に嫁が立つとなかなかドアが開かない事が。
嫁は「また気配が消えちゃったかなあ」なんて言ってる。
まさか嫁は・・・・ひいいいいい

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 14:06:06
悪いことは言わん
嫁を病院に連れて行け

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 01:11:09
>>433
いや、その前に自動扉のセンサーの修理が先だ

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 08:41:13
嫁は今でも自動扉が開かないと下のマットを踏むよ

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 13:12:52
意味わかんない

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 16:10:56
意味わかるよ

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 02:23:33
>>432
お前、ご近所さんに“独り暮らし”って思われてないか?w


439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 04:54:10
>>436
マットプレイ

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 07:56:29
age

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 01:14:40
>>438
えっっ!!まさか、、、

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 01:34:58
新婚当時、駅近で間取りも広い家が超格安家賃で出ていたが嫁は物凄く渋った。
そこに引越して間もなく、嫁が毎晩うなされたり突然飛び起きたりする。
俺がどうした?と聞くも、嫁は息を整えながら首を振るばかり。
しかし3ヶ月も過ぎると嫁がどうしても引越したいと強く言い始めた。
当時は貯金も無いし俺自身はその家を気に入っていたので嫁を説得したのだが。
数日後、嫁がまた夜中に唸りながら息を苦しそうにしていた。
嫁の身体の上いっぱいに黒い影が覆い被さり、金色の眼?らしきものが2つ光っていた。
俺も金縛り状態になっており、それでも無理やり身体を動かすと黒い影も消えた。
それから2週間後には引越したが、嫁は「あの家には何か黒いものが大小いろいろいた」と言う。
その物件の大家の先々代が祈祷のような事をよくやっており、小動物を屠って捧げていたらしいと
大分たってから噂で聞いた。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 06:43:12
>>432

http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/psyqa1087.html

444 :ヤジグレート:2008/01/30(水) 14:12:52
444ならネ申

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 17:02:54
443が一番怖い
これはみんなほんとに書き込みなのかね


446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/31(木) 10:41:33
家に憑くってのは身近に感じられて怖いよな

447 :ヤジ( ・`ω・´)ナナシッ:2008/01/31(木) 15:05:53

 ┌─────┬i
 │        │|
 │`      ´│|
 │   ∀   │|
C┤        ├つ
 │ ( ・`ω・´) │|
 │ ∪   ∪ │|
 │        │|
 └┬┬─┬┬┘
  三三ヨ ̄三三ヨ

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 00:29:16
アヤヤの腕の話コエーーーーーーーーーーーーーーーーーー

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 02:24:02
>>448
kwsk

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/05(火) 14:41:03
>>448
俺も知りたいな

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 05:02:10
アヤヤの話マダー?+(0゚・∀・) + ワクワクテカテカ +

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/14(木) 16:24:55
アヤヤの話マダー?マッテルノー

 ー=(⌒)→
(((    )))
 (*`´∀´`*)
  ~ヾ γ~
   ││
   ││
   ││
┌─┤├┐
│┌┤││
│└┘││
└─┬┘│
   │┌┘
  / V\
 /  //_  )
 ( /つ旦O J
 と__)_)


453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 11:13:26
まだー

┌────ヾ
│      │
│`    ´│
│  ∀  │
と      つ
│(´・ω・`)│
│∪  ∪│
│     │
│     /
│    /
│   /
│  /
(  (
 \ \
   \ \
    )  )
   /  /
  / /
 / /
((
 ヾ)
 ν


454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 14:20:24
ふんぎゃーー!
ふんぎゃーー!
ふんぎゃあー!

 γ ̄⌒⌒ ̄ヾ
 │ `; ;´ │
 ( ヾ とつγ )
 └〜┬┬〜┘
  γ//λ/人ヾ
 ////λ/λ人/λ
 //λ/人/λ/\λ &
く/人/人人/林λ/こつ|
しλν林Yν林林λ ○ヾ
  λν林ν林/λ  (こ)
   ││ ││
  mmO Omm
   ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 14:22:48
ふんぎゃーー!
ふんぎゃーー!
ふんぎゃあー!

 γ ̄⌒⌒ ̄ヾ
 │ `; ;´ │
 ( ヾ とつγ )
 └〜┬┬〜┘
  γ//λ/人ヾ
 ////λ/λ人/λ
 //λ/  λ/\λ &
く/人/ 金 λ/こつ|
しλ\   /林λ ○ヾ
  λν\/林/   (こ)
   ││ ││
  mmO Omm
   ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄


456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 12:58:35
>>448の罪は重い

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/19(火) 03:12:11
まあ今の時期ネタなんてないし保守代わりの雑談だと思えばいいんじゃね。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/28(木) 22:21:56
部屋でラップ音が頻繁になるんだが?
電気と窓と壁から。ちょっと怖い

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/28(木) 22:35:55
http://blog.crooz.jp/usr/ninki/22ch/show_article.php?no=21&key=

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 01:58:34
あ、このスレのこと忘れてた。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 01:38:51
あったかくなってきたから

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/15(土) 05:10:32
だから何だよw

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/15(土) 15:13:43
夜中、生暖かい風が首に当たって目が覚めた。しかも、生臭い。
そして背後からひんやりと冷たいモノが張り付きぞっとする。
後ろを見るとそこに冷え性の嫁がヨダレを垂らして爆睡していた。うわー

速攻で起こして歯を磨かせた。








…まあ、春一番て

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 12:46:19
2番手募集中

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 21:20:08
これ真面目にあった話。会社の同僚や友人には話してはいない。(既知外と思われるから)

北海道の東部の港町で働いていた頃(5年ほど前の話)
それまで暮らしていたワンルームマンションに間取り、家賃ともに不満を抱きながら
暮らしていたが、客先で管理しているふるい木造住宅にお引越し。
物価の安い当地でも破格の安さ。半年は絶対住んで欲しいなどと不思議な条件をつけられ、
「いろいろ噂もあるけど気にしないほうだよね?」なんていわれたのがほんのちょっと気になったが...
入居1週間位した夜中に、1Fの6畳間からガタガタ、ガシャーンと言う音が真夜中に聞こえたので
飛び起き、駆けつけたらなんと洋服ダンスがぶっ倒れていた。
翌日、悪友を誘ってのナベパーティー。そこでも、いきなりカセットコンロの火が吹き上がったり、
コップがひとりでに倒れたりして、友人は血相変えて撤退。
それからと言うもの、夜中になると、発熱したり、頭が痛くなったり。
隣のおばさん捕まえて、どんな事があったのか根掘り葉掘りお茶菓子食べながら伺ったところ、
やっぱり、自殺者がその家で出ていて、縁があったお客が引き取り手のないこの家の管理する事になった。
なんでも、タンスが倒れたその部屋で首吊ったようだった。
とにかく体の不調が続いたし、本当に気味の悪い家だったので、3ヶ月するかしないで引越しをしてしまった。
姿は全く見えなかったが、誰かいる雰囲気がぷんぷんする嫌な空気の家でした。
今では、町を出て、違う場所で生活しているけど、あのことはきっと一生忘れられないと思う。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 01:26:15
乙カレ。
そんな家に3ヵ月住むってのが凄いな。。。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 15:49:14
>>465
不動産関係の仕事してる人なら、信じると思うよ。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/28(金) 13:35:48
桜が咲いたから

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 02:27:40
一応あげとく

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/10(木) 12:50:03
嫁がここ二週間ほど俺のドッペルゲンガーを見たと言い張る。
俺が帰宅する少し前に一度帰ってきただの、ベランダで洗濯してたら朝出勤したはずの俺が、
家の下うろついてただの。
もちろん俺は見てない。ちなみに嫁は精神科通院暦有り。
またなんか病気なのかな…めんどくざぁぁぁ

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/10(木) 13:32:54
ドッペルゲンガー本当に見てたらすごいな

でもそれ普通に不法侵入者じゃないの?
旦那以外が家にうろちょろする筈が無いから、旦那だと脳内変換しちゃうとか…

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/10(木) 21:42:02
>>470
本人が見たら死ぬぞ、気をつけろ。

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/10(木) 22:16:16
       ,、‐ " ̄:::゙:丶、
    ,r::::l3゙::::::::/ハヽ:ヽ::::、:ヽ
    {::://:::::::// ヽ\ト、:::::::!
    ヾ l:::::::/ 丶   `ヾ ィ、:::|
     |;:r::|  ●`  '● ゙ハ|   < ないない
      ヽハ :.:.    :.: レ
        ´\ r‐--‐、,ノ
 r、     r、/ヾ ̄下ヘ
 ヽヾ 三 |:l1、_ヽ,/__ .ィヽ
  \>ヽ/ |` }    n_n | |
   ヘ lノ `'ソ     l ゚ω゚| |
    /´  /      ̄ |. |
    \. ィ         |  |


474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/21(月) 12:42:53
344 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/03/26(水) 20:57:01
数年前、国際フォーラムに「人体の不思議展」を見に行った。
そこに展示されていた遺体は妙に新鮮で生気があるように感じられた。
俺は格闘技をやっているので「結構鍛えられたいい体してるな」という感想を持った。
そりゃそうだよな。
気功で鍛えられた法輪功学習者の遺体だもんな。
俺が「結構鍛えられてる遺体だよなぁ。筋肉とかバランス良過ぎだろう」
と言ったら、一緒に行った中国人が
「太極拳だね」と言っていた。
俺はその当時、意味が分からなかったら「ふーん」と流したんだが、
今ようやくその意味が分かった所だ。

534 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/03/26(水) 21:59:42
八ヶ月くらいの胎児を身ごもった女性もあったと思うけど、
あれも法輪功の人って聞いた。
生きたまま血管に薬剤注入されるとか...
可哀想で、人体の標本展と聞くと鳥肌が立つ。

555 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/03/26(水) 22:08:17
http://jp.epochtimes.com/jp/2006/04/html/d99548.html
生きた人体から臓器摘出―中国大陸病院の証言録音
------------------------------------------------------
質問:法輪功学習者のものはありますか?
医師:ここにあるものは、すべてそうです。

だめだ吐き気してきた

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1206527320/706



475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/21(月) 13:02:01
生きてる人間が一番怖いぞ

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/21(月) 14:44:56
知っていますか?
中国では日本人を殺せと教育されています、日本の学生が中国にいったら何もしていないのに
日本人という理由で後ろからビンで殴りつけられ負傷しても加害者は無罪でした
さらに中国の警察までも「日本人だから悪い」という始末です。そもそもその過去の歴史の
ほとんどが 捏造や過剰に日本に罪をかぶせるものです。しかも自国がしてきた悪行や現在も
行っている弾圧 支配・虐殺・拷問などは一切棚に上げて中国内部では報道さえされていません。
むしろ相手が悪いと いうことに情報を歪曲して教え、現在支配されているチベットや
東トルキスタン、ウイグルなどが一方的に 悪いということにされています。
日本への領海侵犯、無断な資源盗掘、
反日教育、他国での悪行三昧 日本の外国人犯罪ダントツNO1は中国人です。
中国人が人間の赤ん坊を料理して食べる動画がありますが、
それを日本人だということにしている連中も
います。知っていますか?中国では刑務所に入れられた人間の臓器を生きたまま摘出して売りさばいています
中国では自由な発言をさせてくれと発言しただけで装甲車で踏み殺されたり射殺されます
中国軍は武器も持たない小さな子供が亡命しようとしているのに後ろから数十人射殺しました
それらを中国政府は中国で放送せず、海外のメディアの陰謀であるだのと証拠映像があっても
否定して、相手が悪いことにし、中国人を暴れさせるように命じています
知っていますか?中国は日本に大量の工作員を派遣しており、現在でも子供達に日本がいかに悪いかを 
洗脳教育をして教えていることを
知っていますか?世界のアンケートで中国がもっとも危険で邪悪な国であるという結果と、日本とドイツが
世界でもっともいい影響を与えている国だという実際の結果を
知っていますか?今でも中国は虐殺や隠ぺい工作をしていることを、日本人を虐殺しようとしていることを
核兵器を日本に向けていることを、今まで日本から5兆円以上の援助受けていることを
知っていますか?自国民を大量虐殺した天安門事件をまったく今の世代に教えていないことを
その事件が原因で他国にそっぽを向かれたのを日本が天皇陛下まで訪中させて
助けてあげたのに即座に反日教育を強化して裏切ったことを




477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/21(月) 14:49:42
こんなんがあったぞ


2:解放戦士 :2008/04/21(月) 07:35:50
中国は最低限、収容所で政治犯への去勢・不妊手術の強要、
女性政治犯への強姦、中国軍兵士とチベット女性の強制結婚をやめさせるべき。
現状では、14歳の尼僧の少女まで収容所で輪姦されてる。


478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/21(月) 16:26:39
嫁が朝、味噌汁を温めながら、
ちかくの神社になだぎ武が繋がれてる夢を見たと言い出した。
なだぎィィ〜?って感じで笑ったんだが、その日は休日という
こともあって、その神社までカメラ片手に嫁を連れて
ぶらぶら神社を目指したら、
居たんだよ!

なだぎ武では無いが、それに似た犬が!

界隈の人間に聞けば三日くらい前から神社を徘徊していたそうで。
拾ったさ。

嫁がへんな夢をみたのと、二月に飼い犬が死んだこともあってさ。

今は庭の犬小屋(新品ね)でグゥグゥ寝てる

長毛の赤犬なんだが、この前嫁がペット屋に連れていって
シャンプーしてピカピカになった。
すこしだけ瑛太にも似ていた。ちなみにメス

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/22(火) 11:28:35
839 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/04/19(土) 10:46:10 ID:/iu+9TduO
ほんのり初投稿します。

クリスマスに、デカくて真っ白いクマのぬいぐるみをもらった。
自分はいい大人♂なのにかなり気に入ってしまい、抱き枕として毎晩抱いて寝たわけだ。
その時点でほんのりなんだが…
ある日、ふと気付いたらヤツが髪の毛だらけになっている。
素材の関係で、毛玉が出来やすく髪の毛もよく絡むらしい…オレは慌てて髪の毛を除去し始めた。
その日から毎日毛取りが日課になったが、たまに長〜い毛が取れることがあった。
絶対おかしい…カノジョがいるわけでもないのに長い毛なんてありえない…
意を決して、大事なクマの腹の縫い目にハサミを入れて中を見たら、長い髪がたっぷり絡まった綿が入っていた。

オレ、かなりこのクマ好きだったから手芸が得意な友達に頼んで綿の交換をしてもらいました。おわり。

841 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/04/19(土) 11:07:02 ID:/iu+9TduO
>>840
マジですか…
普通の手芸綿みたいなのに、太いのも細いのも絡み付いていたんです。
綿の総量に対して大体5〜7%くらいかな。
…粗悪な綿だったのか(´;ω;)
クマの腹には痛々しいオペ傷着くし…

847 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/19(土) 16:59:58 ID:OXZJl2cP0
>>841
中国製のぬいぐるみで粗悪なヤツはカーペット工場を掃除して集めた綿埃を詰めてるらしい。
中国人工員の抜け毛かな…キモス。

848 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/19(土) 17:52:40 ID:+96XZer/0
>>847
前のニュースで中国製ぬいぐるみに産廃入ってて
持ってた人が体調不良になったってのがあった。
中国製品テラコワス。

869 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/21(月) 03:25:30 ID:dWbczdlB0
メーカー勤務だけど中国製の粗悪さは異常
金属製品の塗装に髪の毛ふさっとはりついてるとか日常茶目仕事

タイ製とかインドネシア製とかだと寸法狂ってるなんてことはあるけど不衛生っぽいのはない
一回指導入れれば直る

シナ根本的に狂ってる
てゆーかなんでそーゆー製品があがってくるのか謎過ぎる
すれちごめん

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/22(火) 23:36:08
くねくね踊っているよ
見ちゃ駄目だよ

なんで?

お兄ちゃんは(ry

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 01:26:40
>>479
('A`)うわぁ・・・・

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/24(木) 13:22:59
ttp://img.av-channel.com/pict/DHM-01/P/pac_a.jpg
ttp://img.av-channel.com/pict/DHM-02/P/pac_a.jpg
ttp://img.av-channel.com/pict/DHM-03/P/pac_a.jpg
ttp://img.av-channel.com/pict/DHM-04/P/pac_a.jpg
ttp://img.av-channel.com/pict/DHM-05/P/pac_a.jpg
ttp://img.av-channel.com/pict/DHM-06/P/pac_a.jpg
ttp://img.av-channel.com/pict/DHM-07/P/pac_a.jpg
ttp://img.av-channel.com/pict/DHM-08/P/pac_a.jpg

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/04(日) 12:52:07
age、ageっと…

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/04(日) 21:44:53
やっぱ生きてるシナが一番怖いって結論だね。
貞子もお岩さんも、シナにかかっちゃ普通に強盗強姦の標的だろうな。

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/07(水) 14:59:55
パフォーマンスや金儲けじゃないんだよね、この問題は
http://www.222.co.jp/netnews/article.aspx?asn=15914

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/07(水) 20:12:25
俺、ある神様に守護されてるから、その神様の神社へ初めてお参りに行って写真撮ったんだよ。

帰ってからプリントしたら、神様方が出迎えてくれたようで真ん丸のオーブが無数に写ってるんでビクリ

オーブがこんなにたくさん写ってる写真は無いんじゃないかな。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/07(水) 20:38:01
うp汁

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/11(日) 21:24:36
すまんオーブって何?

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/11(日) 21:30:23
不死鳥ラーミアを復活させる為の(ry

心霊写真+オーブで検索したら色々出てくる。
ストロボ光が水・埃で反射したものかなと思うんだけれどな。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/11(日) 21:31:10
ドラクエに出てきたのだよ

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/11(日) 21:41:22
オラーとは違うんだ?
なるほど。
不死鳥の有り難みが減るなトン

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/11(日) 23:41:51
嫁の飯がまずいスレ見にきただけなのに・・・(ry
な、俺も書いてく。

3年ほど前に俺・嫁・長男(4歳)・長女(2歳前:当時)で寝てたら、ウトウトしかけてた俺(本のチョッピリ霊感・体験アリ)の全身が
急に金縛り前みたいにゾワッとした。
怖いながらも心の中で気配の方に「こっち来んな《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!」した直後に
寝てたはずの長女が泣きながら立ち上がって寝室のドアノブをガチャガチャしだしたんで抱き上げに言ったら
『お姉ちゃん待って〜私も一緒に行くんじゃ〜』って繰り返し泣き叫んだ。

長女の泣き声で目を覚ました嫁(霊感無し)も「お姉ちゃんって誰?誰もおらんよ」って泣き喚く娘に戸惑ってるなかで、
俺とりあえずドアの方に向かって2回拍手を打った(良くわからんが経験的に1番有効)、そしたら長女も段々落ち着いてきた。

んで、長女に「もう大丈夫でけど、ああいうヒト(?)にはついて行ったらいけんよ。」とか言い含めながら再度寝かしつけたことがある。
嫁は不思議がりながらも俺のコト見直したらしい。w

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/11(日) 23:51:20
それで、その後次男と次女とどっちをつくったんだいハニー。

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/12(月) 00:07:22
オカルトらしい受け答えしようぜハニ〜

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/12(月) 00:10:51
水子供養してない子がいるのかいハニ〜
それとも水子の存在すら知らないのかいハニ〜

こうですか?

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/12(月) 00:26:03
想像すると怖いぜはに〜

497 :王子:2008/05/12(月) 00:40:00
オイオイ、なんだいこの流れはハッ‥ハハハニー…

498 :492:2008/05/12(月) 15:31:55
何でハニーなんだよw

子供は男女揃ったせいか2人でおしまい。
俺と嫁の間には水子は居ない…はずw
もし俺が知らないだけだとしても、こんなコトあったら嫁も自白してるだろうから大丈夫よダーリン


499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/12(月) 15:52:07
>>497
ハニーを噛むなよ王子w

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/12(月) 15:54:56
うますぎて怖いぜハニ〜

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/12(月) 19:55:33
http://3rd.geocities.jp/msinnreim/

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/12(月) 20:06:33
実話な
俺の友達A・B2人が学校卒業した後、2人で一軒家借りて住み始めたんだ
家賃は相場に比べると格安だったみたい(まぁ、かなり古い家だったみたいだけど)

Aが1階の部屋、Bが2階の部屋って感じで分けて住み始めたんだけど
引っ越して最初の夜、Aが寝ようとしたらふすまが急にカタカタ揺れたんだって
近所に電車の線路とかデカイ道路も無いのに・・・
翌日も翌々日も0時過ぎくらいになると、必ずふすまがカタカタ揺れて相当気持ち悪かったらしい

この現象が毎晩続いて、1週間が過ぎた頃
またふすまが揺れ始めて「この家はヤバイだろ」と思って
2階のBのところへ助けを求めようと上がっていったら

Bが全裸でオナニーしてたんだって
建物が古いから、オナニーの揺れが伝わってたらしい
Bは引越し初日も含めて、毎晩オナニーしてたという

503 :童子:2008/05/12(月) 20:17:42
ワロタw

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/12(月) 20:18:19
お?ナニ〜

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/12(月) 20:37:05
古w

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/12(月) 23:01:44
怖い時にはカーテン開ければ解決
何も無いから

507 :名無し:2008/05/13(火) 15:55:46
裏返しの話


人が靴下中身と外側をひっくり返すように裏返しにされてしまうという話


これを見たら2時間以内に他の人に話す事

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/13(火) 15:58:12
>>507
裏返しの話


人が靴下中身と外側をひっくり返すように裏返しにされてしまうという話


これを見たら2時間以内に他の人に話す事

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/13(火) 23:43:38
>>502
で、Aは手伝ってあげたのか

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 03:57:04
>>502
相当激しいオナニーだったんだなw

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 06:08:02
>>507
507:名無し :2008/05/13(火) 15:55:46
裏返しの話


人が靴下中身と外側をひっくり返すように裏返しにされてしまうという話


これを見たら2時間以内に他の人に話す事

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 13:40:07
>>506
カーテンが人型に膨れて動いているんですが、開ける勇気がありません

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 13:43:40
>>512
奇声を上げながら、米粒&塩でも投げつけた後
金属バットで強打し続けろ。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 13:48:43
そして隠れていて脅かそうと思った嫁を撲殺した罪で>>513は服役することとなったのであった。



515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 19:59:00
外国でそんな事件あったなあ。

子供が帰宅した父を驚かそうとかくれんぼしてたら
父が子供を強盗と勘違いして銃で瞬殺。

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 15:55:45
>>506>>512>>513>>514
まじ笑ったww
笑いのセンスあるよ

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/02(月) 11:04:43
保守

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/03(火) 15:06:13
上の子が2歳の時、俺の右上をよく見ていた。
今、下の2歳の子が右上をよく見ている。

時々笑う。

保守。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/03(火) 15:08:40
>>518
子供が笑ってるのなら大丈夫だろう


520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/03(火) 15:14:36
>>519
そう言うもんか…成る程な、ちょっと肩が楽になったよ。サンクス

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/12(木) 02:33:07
守りたい。 by メガネ

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/13(金) 18:29:36
http://www.acchan.com/blog/kocoach

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/15(日) 20:56:46
高3の時分の登校時。

朝イチの電車(5時半頃)でガッコに行っていたんだが、その道すがら、川に架かった橋の欄干で、人が首吊って死んでいるのを見た。
もう十年以上前の話なんだが、いまだにその道は通るのに勇気がいる。

オカルトでもなければ怖くもない?板違いか???
でもオレは怖いんだよ、神経細いから...

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 13:18:56
>>523
俺だったら通れないな、たぶん。
つかトラウマになっちまう('A`)

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 15:00:14
車に轢かれて、頭半分無くした白いネコを見たのを思い出したよ('A`)
脳損傷して血だらけで同じ場所をぐるぐる回ってた。

ごめんよーごめんよーと言いながら
何も出来ずに逃げちまったotz

それでも結構トラウマなのに首吊りはキツイナ…。

526 :523:2008/06/16(月) 22:14:07
もう一つ。

7・8年前、家庭教師のバイトの帰り道(原付乗車中、21時前後の話)。
道路脇に車が1台(だったか2台だったか、記憶が定かではない)止まり、傍に5、6人の人が立っているのが見えた。
なんだろうと思いつつ横を通り過ぎる時にわき見をすると、その立っている人達の真ん中で、変な方向に足を曲げて倒れている人がいた。

交通事故なのだと思うが、その時はそのまま通り過ぎてしまい、その人がどうなったのかはわからない。

...書いてて思ったんだが、あんまり怖くないな...打つだ、氏のう...

でもわかってくれ!当時はホントに怖かったんだ!俺、神経細いから...

>>525
中学の時分に見た水銀中毒でのたうち回っている猫のビデオを思い出した...orz

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 23:11:35
>>526
どんなビデオをチョイスするんよw

夜中ある霊的な山の吊り橋を帰り道にした時、
救急車がランプ照らしていて中で隊員が懸命に心臓押してた。
皆で「おい見ろ!」と言った矢先に隊員は諦めて息付いて額の汗を拭ってた。
人が死ぬ所に出くわしたらしい。
肝試しに行った帰りの車中だっただけに物凄く怖かった。
金網の上の方に引っかかった軽自動車が今でも印象的だ。

528 :523:2008/06/16(月) 23:21:49
連投な上に怖くない話になる...スマソ

ほんの1、2ヶ月前の話。
自分の住んでる市内で殺人事件が起こった...らしい。
こんな言い方をするのは、その話が又聞きだったから(実母の知人がソース)。
なんでも、痴情のもつれ、平たく言えば気団の不倫が事件の発端で、不倫相手の毒女にその気団が刺されて死亡したそうだ。
(毒女の自宅に気団が嫁を連れて話し合いに行っていたらしい)
で、やだなぁなんて思っていたら、実父から衝撃の一言。

「この間の殺人事件なぁ、市営住宅の8号室だったんだってよ」

...(゚A゚)...高校卒業(約10年前)までウチの家族が住んでた部屋じゃん...

その後、更に実母から
「市営住宅の○○さんって覚えてる? 私達がでてから交通事故で夫婦ともに亡くなってたんだって」

更に更に、小さい頃に両親から聞いた話をふと思い出した。
「この部屋(市営住宅8号室)でね、私達が入る前に男の人が心不全(だったか脳卒中だったか)で亡くなってるのよ」



何でもかんでも「霊障」と言ってはいけないのだが、流石にあそこには何かいるだろ...と思ったよ...orz

529 :523:2008/06/16(月) 23:50:52
>>527
趣味で見たんじゃないやいw
ガッコの社会だったか道徳だったかの授業で、公害問題がテーマのときがあってだな。
その中で見せられたんだい。
中学生の頃の俺の目には酷く映ったんだ、それが...

人にしろ小動物にしろ、死ぬ間際の姿は見たくないよなぁ...鬱になる...

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 00:25:28
>>523と家族はそこに住んでて不思議なことは特になかったの?

531 :523:2008/06/17(火) 00:43:00
>>530
親父の酒癖が悪くて(酒乱)両親の喧嘩が耐えなかったことぐらいかな?w
小〜中学まで、喧嘩している声を聞きながら、布団の中でガクブルしてたNE!
手も出りゃ足も出る、湯飲みも小皿も飛んでたNE!

そんな両親も一年半前に離婚した。二人とも元気でやってるようだ。
俺も嫁&子供三人とマイホーム買って幸せに暮らしてる。

あれ?市営住宅出てから結構生活変わったかな?
親父もほとんど酒飲まなくなったみたいだし...どうなんだろ?w

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 02:21:59
>>531
>手も出りゃ足も出る、湯飲みも小皿も飛んでたNE!

そっちの方が怖いww

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 12:11:27
怖い話は地球温暖化防止に効果的なので上げ

534 :1:2008/07/02(水) 11:27:15
昔、某大手不動産会社の埼玉の営業所に勤務してた時の話だ。

不動産業界の中にはいわく付きの物件ってのが存在したりする。

例えば埼玉だと蕨市の某マンションの6階の角部屋、川越市の某マンションの301号室
入間市のある場所に建ってる一戸建て、和光市新倉の一戸建て、川口市青木にあるとあるマンションの4階、エレベーター脇の部屋・・

いずれも自殺があったか、火事や事故で人が亡くなった物件だ。

そういう物件でも売りの依頼がくるとなんとか売らなきゃいけないのが辛い。
人死があったマンションやら一戸建てなんて好き好んで買う人間はいないし、いたとしてもよっぽどの変わり者と相場が決まってる。

それは蕨市にある某マンション。
3ヶ月前に、そこの住人が借金を苦に部屋のベランダで首をくくってたっていう話だった。
発見したのは、その自殺した本人の娘さん。

それから3ヶ月後、結局、借金返済の為に売らざる得なくなり、自分の勤めていた会社がそのマンションを預かった。

その後、売るならやっぱりオープンハウスをやらなきゃという事でチラシをすり、新聞に入れ、準備万端、さぁ、売り出し当日。

その日は、朝から日差しの強い日でクーラーのない部屋の中は蒸し風呂状態。
でも、そこは気合いを入れて接客、接客また接客。

そんなこんなで一日を過ごし、さて、終了の5時になる寸前…
『こんにちは〜』と中年男性の声。
LDKのガラスドアの向こうの玄関に立つ人影。
スリガラスの向こうにおぼろげに見える姿は、明らかに男性。

『どうぞ〜』愛想よく返事をし、入って来るのを待っていると…
その人影が、廊下を挟んだ洋室と洗面所を行ったり来たり、行ったり来たり
行ったり来たり、行ったり来たり……
延々と繰り返してる。

『なんだ、こいつ…?妙な事してる奴だな』と思いつつも、顔には満面の作り笑顔。
『どうぞ〜』って声をかけても、洋室と洗面所の間を行ったり来たり、行ったり来たり
行ったり来たり…


こっちも、いい加減、業を煮やして
『ガチャ』

ドアを開けるとそこには陰気な顔をした年の頃なら50から50後半くらいのオヤジが立ってた。

535 :2:2008/07/02(水) 11:27:59
『顔色の悪いオッさんだな…』なんて思いながらも、そこは営業。

『今日は暑いですね ^^』オヤジ無言…
『お近くなんですか? ^^』オヤジさらに無言…
『物件をお探しですか? ^^』無言…
『この部屋っていい部屋ですよ。日当たりもいいですしね ^^』ひたすら無言…

で、さして広くもないLDKの中を視線を空中にさまよわせたまま、

ゆ〜っくり
ゆ〜っくり

グ〜ルグ〜ル
グ〜ルグ〜ル…

歩き続けてる。何を話しかけても、何を聞いても無言…
無言のまま、部屋の中をグ〜ルグ〜ル、グ〜ルグ〜ル…

こっちもいい加減、頭にきて
『からかってるんなら帰って貰えません?』って怒気を含んだ声で言うと
オヤジの歩みがピタッと止まって腕がス〜ッと上がって、バルコニーの一点を指さしたまま

『ここ………』

って一言。

『え?、何がここなんですか?』って聞き返す俺。

その次の瞬間、玄関から『すみませ〜ん、見せてもらえますかぁ〜』っていう
女性の声が。
その声に『は〜い、ど〜ぞ〜』って応えて、一瞬、オヤジから目を離した。
で『あのねぇ、おじさん』って話しかけようと振り返ると…


誰もいない・・

そういう時って不思議なもんで『あれ〜〜???、どこ行った???』ってなもんで
『怖い!!!』って感覚には全くならない。
『ったく、ふざけたオヤジだな!!』っていう程度。

次のお客さんを接客し終わって『ど〜も〜 ^^』って送り出した瞬間、ゾッとした。

ああいう、あり得ない現象に遭遇した時って、きっと脳が理解する事を拒否するんだな。
でも、ある瞬間に全てを理解する。

それからは、パニックなんてもんじゃなく、ホントに脱兎の如くってのは、この事かって位の勢いで準備した物は全部、置いて部屋を飛び出して会社に帰った。

まぁ、後日談もあるけど、実在する人物だし関係者もいるんで、ちょっとまずいんで割愛します。
霊だ、幽霊だなんて信じないし、あり得ないって思ってるけど、それ以降に起こった事は、自分でも全然、説明がつかない。
それから3ヶ月後かな。不動産から足を洗ったの。

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 11:54:52
age

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 12:20:15
>>534
久々に(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 12:44:17
昔、包丁を持った女の人に
「○○さんは何号室ですか?」
と聞かれた。目の光がちょっと尋常でなかったのと、たまたま知ってるもんだから、つい教えてしまった。

事件が起きたという話は聞かない。

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 12:54:30
お盆なのに、嫁と海にいったんだ。天気が好くて波もキラキラしてて気分良かった。
喋りながら散策してたら砂浜をお供えの花やら桃やら打ち上げられていたんだ。
「あら、お盆だからこんなの流れてくるんだ」
しばらく歩いたら嫁が急に何にも喋らなくなった。
どうしたんだろうと振り向くと    桃食ってた。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 19:24:15
2ちゃんねる始めたばかりでオカ板の場所を知らないからこっちに書くわ。
多分もう10年近く経つんじゃないかと思うんだが…。
中学の頃、友達が新築を建てて初めて自分だけの部屋を持ったから遊びに来いって言われて言ったんだ。

けど、そいつの家は山の上の方にあって急な山道を登らなきゃならない。俺は自転車でヒィヒィ言いながら登って行ったんだ。舗装された道路なんだけどクネクネしてて、周りは森に包まれてるし、視界どころか昼でも薄暗い道だったのが凄く印象的だったよ。

そいつの部屋でゲームやったり何だりしてたら夜遅くなっちゃってさ、親も心配するだろうからってコトで帰路についたわけ。

帰りは下り坂だから結構楽しくて、飛ばしてたんだ。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 19:34:21
ワッフルワッフル

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 19:36:18
そしたらさ、坂道なのに段々スピードが落ちていくんだ。

畦道のようなところならぬかるんでいたりして…って思うんだけど、コンクリートというかアスファルトで舗装された道だからそんな訳無い。パンクしたなら振動が強くなるから分かるだろ?でもそんな感覚もないんだ。

結局ノロノロになっちゃって、漕ごうと思ったんだがペダルが重い。登り坂を上がってるような感じ、思い切り踏み込んでも殆ど進まない。
もちろん下ってるんだよ、下り坂を。

仕方なく自転車を降りて、タイヤを確認しようとした時、体が凍り付いた。

荷台を腕が掴んでるんだ。
辺りは暗闇で外灯も無い。月明かりで僅かに見える程度なのにその腕ははっきり見えるんだ。
肘か二の腕辺りから先は何も見えない暗闇で、その腕だけがはっきり見えて荷台をがっちり掴んでる。

俺は一目散に逃げたよ、走れなかった(腰がガクガク)から四つん這いになって。腕が追い掛けてきてないか振り返ったら自転車を掴んだまま、後輪のガチャンてやるアレを使ってないのに立ってるんだよ自転車。
それ見てもっと怖くなって急いで友達の家に戻ったんだ。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 19:51:35
何とか友達の家に着いた、玄関で四つん這いになって泣き叫んでる俺の異様な様を見た友人のお父さんが、抱き抱えて居間のソファーに座らせてくれて…。

『とりあえずお家には今夜は泊まるって電話したから』って言われて、確か友人のお母さんがホットミルクだったかミルクセーキを作ってくれて、やっと自分に何があったのかを話したんだ。

そしたらさ、友人の祖父ちゃんが『そんなコトある訳無い』って言って。笑いながら軽トラで自転車を取りに行ってくれたんだ。

軽トラが戻って来て、軽トラの荷台に自転車があるのが見えたから俺も玄関先まで出たら、祖父ちゃん真っ青な顔して『パンクしてるだけだ、明日の朝直してやるから早く寝ろ』って言うから、皆安心してさ、その日は友人の部屋で寝たんだ。

次の日の朝、1番早く起きて自分の自転車を見て鳥肌が立った。
昨日の夜見たものは本物だったと。

荷台のさ、腕が掴んでたところだけまっ茶色に錆びてるんだ。指の数が分かるくらいに。他にもサドルの付け根にも手の跡が錆びたまま付いてて…。

それを見てたら祖父ちゃん起きてきて、『知り合いの寺に預けてくるから、無くしたと思え、盗まれたと思え、命取られなかったのが幸いだ』って。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 19:56:14
これで話は終わりなんだが、祖父ちゃんはそのあと自転車をどうしたのか聞いても何も教えてくれなかった。
お寺さんから何か聞いたはずだろうに…。

あといくつかあるんだけど、多分これが1番怖い体験談。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 21:13:43
>>544
乙。怖すぎる…。
その友人は通学とかでその坂を通らなきゃならなかったんだよな?
友人は何か体験しなかったのかな?

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 21:45:00
祖父ちゃんいい、こんな人いないから
話の様な目に会ったら翌朝乗って帰るかもなw

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 21:54:20
>>543
こ、こええ・・・

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 00:35:35
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3537802

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 00:52:32
やっべー怖くて眠れない…

550 :1/62:2008/07/04(金) 15:10:43
俺の体験した恐ろしい話を語るためには、俺の14代前の先祖の事から順に話をしなければなるまい。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 17:36:01
1/62ってのはなんだ?

そっちのがオカルトだわww

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 18:55:09
。゚( ゚^∀^゚)゚。ハライテェー

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 11:34:31
不倫相手がミクシで妻にメッセージを送った

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 11:35:46
>>553
スレタイ声に出して読め

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 13:57:26
去年の初夏か秋ぐらいに選挙やってたんだよね、うちの地域。
で、家つっーのが四軒横に並んでいてその四軒を軽自動車が通れる位の小道が囲ってるんだ。
代休で昼寝してたら「南妙法蓮華経〜〜」って男女(男の声がメインに聞こえたが確かに女の声も混じっていた)が聞こえた。
選挙してたからへんな宗教団体が立候補したんだろ、位にしか思わなかったんだが、その声がうちの周りをグルグル回ってるんだ。
しつこいなぁ、位にしか思わなかったんだが、見に行くのもなんとなく怖い。そのうちどこかに行った。
気持悪かったなぁ、どこの立候補者だよと思って調べても宗教絡みの立候補者なんていないんだよ。
あれは後からジワジワ怖くなった。

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 12:52:35
>>555
それたぶん托鉢じゃね?

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 22:01:28
>>556 あ!そうか!あり得るわ!そしたらナンデモナイな。ごめん。

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 00:44:30
先月祖母が亡くなった。
前日まで畑の草むしりしてるくらい元気だったんだが。
亡くなったその日の朝実家に帰った。その日は祖母は調子が悪く朝ご飯も食べず
居間で横になってた。以前も幾度かそういう事があったので畑の面倒は俺が見るから
今日は寝ててね、と言い自分は農作業へ行った。
昼になり飯食いに戻ってきたのだが祖母は布団に移動して寝てた。
飯を食ってから自分も昼寝を始めたんだ。

誰かが足の親指を引っ張ってる。
全身の力が抜けたみたいで抵抗できない。
その誰かがささやいた。
「おばあちゃん、つれてくからね」
自分は必死に足を動かそうともがき同時に、連れてっちゃ駄目!と心の中で叫んだ。

目が覚めてからしばらくぼうっとしてたんだが、さっきのは悪い夢だと思いながらも
陰鬱とした気持ちで農作業に戻った。
一時間ほどすると嫁が大声で俺を呼んでるのが聞こえた。
駆けつけると祖母がトイレで倒れている。
尋常じゃない苦しみ方をみてすぐさま救急車を呼んだ。
その5時間後冥府へと旅だった。

通夜の時、叔父にこの話をした。すると、
「俺も昼寝したんだ。いつもなら軽く顔洗ってすませるところ、なぜだかシャワーを浴びて
髭をそり新品の下着をおろしてスラックスをはいてた。あれ?俺なにやってんだろ、と
思った瞬間電話がなったんだ。」

虫の知らせってあるんですね。


559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 07:42:47
>>553
怖すぎる・・・ まさにオカルト・・・
背筋が凍ったよ。

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 11:38:15
次ギボンage

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 02:10:51
免許証取立ての頃、友達カップルと俺彼女の4人で夜中に伊豆行った時の話し。

運転は俺。ラジオでオールナイト日本流れてたから深夜2時を過ぎてたと思う。

さすがに眠いな〜なんて思いながら、真っ暗な道を走ってると右曲がりのトンネルに差しかかった。真正面は海。
あの辺りって深夜だと街灯ないし、車のライトだけで殆ど何も見えないの。

でも俺トンネル手前のガードレールの向こうにライトに浮かぶ兵隊さん見たんだよ。で不思議に思って3人に聞いたの、今人立ってなかったって。
そしたら3人とも見たって。でも街灯もないしこんな時間に人って有り得ない!

怖い物見たさで戻ってみようって事になって車バックさせて4人で車降りたの。そしたら靴の跡がくっきりあった。その向こうは100メートル位の崖っぷちで真下は海なんだ。

恐ろしくなった俺たちが車に戻ろうと振り返った瞬間、開けっぱだった運転席のドアがバタンと凄い音で閉まったの。
で中にあの兵隊が…。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 09:02:19
んでその後どうしたんだよ?
兵隊はどこいったんだよおおおおお


と、夜中に聞くのは怖いから、朝になってから聞いてみるヘタレな俺

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 09:07:48
562じゃないが俺も続きを聞きたいよー

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 09:52:27
>>561
のちの一休さんである

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 10:09:05
昔 友人二人で犬鳴峠にいった

ガソリンまんたんで数珠を準備して旧トンネルに直行

当時はまだ車で入口付近までいけたので 入口前で一時停止
少し雑談してたら、腕が急に寒くなりエンジンかけようとしたらエンジンがかからない!
焦って何度も何度も何度もエンジンかけたがかからない!

数珠をもち 手を合わせ「ごめんなさい」「ごめんなさい」と何度も心の中で呟き そしてエンジンをまた何度もかけて ようやくエンジンがかかった。
車をおもいっきりバックしてそのまま帰った


怖かったよ

566 :561:2008/07/17(木) 11:40:36
>>562
>>563
寝落ち申し訳ない・・・続きな
後部座席に青白い顔の兵隊をみた俺たちは次の瞬間 「うわ〜っ」 って大声で叫び、またトンネル方面に向かって走ったんだ
トンネル手前で立ち止り落ち着く為にタバコを吹かし「見たよな」とか「日本兵兵隊だったな」とかそんな話をしてたら
連れの彼女が急に泣き出してしゃがみ込んだんだ。
俺、普段は霊感が強いってわけじゃないけど、その時は咄嗟に彼女が憑依されたって感じた。
彼女、聞き取れないような低い声で「帝国軍は・・何とか」って唸ってる。
これはまずいと思った俺は必死に念仏唱えた。彼女も連れも、俺につられる様に。
そしたら彼女がパタって道路に横たわったんで、ゆすり起こしたら正気に戻ったんだ。
すごく長く感じたが、1〜2分の出来事だったと思う。
その後は恐る恐る車に戻ったが何も起こらず無事に東京に戻れた。

結婚して子供ができた今でも、家族旅行で伊豆にはいくが、旧天城トンネルには決して近寄らない。


567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 11:53:11
    γ⌒⌒⌒"'-^~〜、
   ζ  ,,, ,, , , ,,, ,, , ,  ヽ
   ノ シ'"        ゛'ミ i
  (彡           ミミ )
  トシ┏━━ノヽ━━┓トヾ)
   ミ| < ● >  ;;< ● >、|ヽ)
  | ノ ゛ - ' | l ヽ - '  |トiミ
  ヽ_ヽ   、_ ,ィ   / |ノν
      | iii■■ ■■iii /| ν
     l `ヘ三三ヲ^ l
      ト  ~""~  /
       ヽ__ ノ
ええ、その時はのちの一休さんて思いましたよ。ええ

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 12:58:13
小さい頃ばあちゃんが亡くなった

葬式の日、しばらく親戚の娘と車の中で親を待ってたんだけど
その時物凄い数の火の玉を見た
親戚の娘は興奮しまくりでどれだけあるか数えるのに夢中だった

俺は会場の外から中を覗いてる不振なおばさん?がいてずっと気になってた

母ちゃんに変なおばちゃんがいると伝えたら「きっとおばあちゃんね、恥ずかしがりだから外から覗いてるんだね」ってうれしそうに涙ぐんでたが…俺は見たんだよ、顔を

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 13:09:36
こぇぇ…
鳥肌たったぜ
おまいら
GJ

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 13:11:25
不振なおばさんは誰?

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 13:21:41
きっとスプーンおばさんだぜ

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 14:41:43
いや、親戚の娘のおばさんだった。ばあちゃんが死んだ日より一ヶ月前くらいに死んだ人だったと思う

ただ近寄りがたい、怒りとも悲しみとも取れる変な表情だった

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 15:24:09
この前の5月

明け方に暑苦しさを感じて目が覚めた
気がついたら全身汗だくだったので、冷たいお茶を飲んでソファーに
横になったが、体の火照りはしばらく取れなかった....

その朝、妻の実家で飼っていた犬が亡くなったと聞いたよ
明け方、最後の一声を吼えたらしい

可愛がっていたから最後に会いに来てくれたのかも

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 18:56:18
大学生のとき祖父が他界した。

最後、意識は無いが苦しみながらずっといろいろ独り言(うわごと?)を言ってたらしい。
「いま○○(俺)の部屋におる・・・」とかいろいろ言ってたらしいんだけど、
最後に「なんやこの蟻。蟻がおる。△△(いとこ)!スプレーもってこい」ってはっきり言ったらしい。

その数十分後に死んでしまって、翌朝俺のいとこ家族が祖父の入る予定の墓の掃除に行ったら
墓周辺に蟻がいっぱいで墓石にもいっぱい蟻が這ってたんだって。

祖父は家出してきた身で、その墓は祖父が一番最初に入る墓。
死ぬ前から退職金か何かで自分の入る墓を用意しててそれまではそれほど手入れしてなかったようだ。

死ぬ間際に、離れて暮らす俺の部屋とかいろんなところまわって、
最後に自分の墓に行ったんだろうな。
俺はその場にはおらず俺の母親から聞いたんだが不思議な話だわ。

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 19:32:06
いいよいいよ 盛り上がって来たよ〜 
ハイっ次の方どぞーage

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 20:20:06
つい2〜3ヶ月前の事…俺は仕事へ出掛けるのが早く、夜中の2時ちょい過ぎくらいに家をでるのだが…
その日もいつもと同じ時間に家をでたんだ
そして歩道を歩いていると
右側に少し古い建物があって、でもたまに電気が点いているから多分人は住んでいるんだと思う
でもその日は真っ暗だったんだ…
すると、その真っ暗な家のベランダの隅に肩まで伸びたおかっぱで白いシャツだか着た女性が立っているでわありませんか最初、あ 人がいるなぁ
何してんだろ?程度だったんだけども、よく見ると真っ暗だし
オイオイ…まさか…
と、思いつつその女性?を目で追いながら歩いていたら
その女性?が俺の方に振り返ってきたんですよ…
俺はその時点で、これはヤバい目を合わせたら絶対ヤバい、と直感して
すぐ携帯を取り出し、進行方向だけをみて
その女性を視界からはずして、その場を逃れたんだが…
あれはなんだったんだろう…

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 23:11:00
>>576
童貞捨てるチャンスを逃したね。。
誘ってたのに……

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 23:17:22
いや、でもこんなアプローチ怖過ぎる

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 23:36:31
>>577
ここは既男板だって・・・・

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 23:37:22
あ…な…た…を…さ…そ…っ…て…た…の…に……

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 23:44:25
ぎゃーーーーw

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 23:58:36
>>579
確かにそうでした。
社会人として、いや既男として深くお詫び申し上げます。
誠に、誠に申し訳ございませんでした。
これを機会に気持ちを改めまして、日々是新、心を入れ換えたいと痛感致しました。
貴殿の言葉に誠に感謝致します。

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 00:17:02
まあ、便所の穴から手が出て来ても慌てないで触らせてやれ

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 00:53:13
掴んで切り落とし、家の中で厳重に保管しておけばなんでも直る薬がもらえるぞ。
嫁のおバカも治るだろうか(/-_-\)

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 15:31:55
俺が高校の頃、雨降りの夕方。俺は学校から家に帰ってきた。
そしたら母がばたばたと仕度してた。

「あんた何やってたのっ叔父さんが亡くなったのよ。早くしなさい」

という。え?
どこの叔父さんだと思いながら、とりあえず用意しようとしたら電話が鳴った。
とりあえず母は忙しくしてたので俺が電話とった。
「もしもしっ俺だ。落ち着いて聞けっいいか」
かなり切羽詰った口ぶりで相手はいきなり喋りだした。
あれ・・・誰だろう。
叔父さんが亡くなった事を、知らせるには変だしなんか聞いたことある声・・・

「死んだのは母ちゃんだ。絶対に振り向くな。そのままじっとしてろ」

ああ・・・兄だ。
去年バイク事故で亡くなった兄の声だったんだ。
少し体を動かしてみようとは思ったけど、硬直して体は動かない。
どうなってるんだ? 
さっきまで母がバタバタ忙しくしてたのに、今、背後は静まり返ってまったく音がない。

「なにやってるの・・・早く死になさい」

突然、耳元で母の声が聞こえ、そこで記憶が途切れる。

しばらくして、仕事から帰ってきた母に起こされた。
受話器を持ったまま倒れこむように寝てる俺を見て、
母は心臓が止まるかと思うほど驚いたらしい。

玄関の電話のところで、俺は受話器を持ったまま寝ていた。

そこからは、俺と母の話がかみ合わない。
母に死んだ叔父さんのことを聞いたら、そんな話はしらないと言う。
今までどこにいたのかと聞いたら、
今仕事から帰ってきたところで昼間家にはいなかったと言う。

そういえば、さっきは家の中もおかしかった。
母が忙しそうにしてたので聞かなかったけど
リビングの真ん中に、長髪の髪の毛のようなものが山盛り散乱してた。

あれはいったい何だったんだろう
あの母は、いったい誰だったんだろう、と今は思う。

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 15:58:22
>>585
ちょwww、こわいよ

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 16:02:06
怖いにも程があるだろう
読むほうの身にもなれってんだ

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 16:03:36
マジでびびった

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 16:31:03
>>585
創作じゃないことを祈る。

吉田という短編がある。
平山夢明さんの。それに近い。

超怖い話Μにある。

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 16:31:51
ストーリーになってないから余計怖いな

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 16:51:56
バカ野郎!!




こえぇじゃねぇか!!!!!!

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 17:40:02
怖すぎるww

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 18:32:13
こえええええええぇぇえぇええぇぇぇ

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 21:20:09
フィクションだよな?

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 21:21:31
もっとコピペばっかりのスレかと思ったけどオリジナルが多いな
さすが既男

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 21:27:29
意外と肝っ玉もタマタマも小さいビビりが多いのね

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 21:30:27
やせ我慢するなよ

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 21:44:28
玉は人一倍デカイっつの

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 21:49:58
フィラリア症か?

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 23:07:30
>>595
どこかのスレで>>585見たよ
これもこぴぺだよ

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 23:37:06
どこかってどこだ?

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 23:38:32
>>600
はいはい、よく知ってるね凄いね偉いね

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 23:44:13
一般レベルのやつなら分からないだろうけど
俺はオカルトのマスタープロレベルだから分かるよ。

このスレの話の8割はコピペだね。

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 23:53:03
じゃすげーの一つよろ

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 23:59:01
悪いな。それはできないよ。

俺があんまり怖い話すると、2ちゃん利用者が減るからやめろって
ひろゆきから言われてるんだよ。
俺ぐらいのレベルになると管理人からも連絡くるんだよ

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 00:09:21
たいしたことがないけどついさっきの出来事
車で帰宅中
対向車線から来た自転車の女とすれ違った
すれ違ったはずだった
自転車が右センターピラーの影になった後

何故いない?
脇道もないのに?
街灯に照らされ黒い服が直前まで見えていたのに?

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 00:13:45
石碑がある辺り
おつぎばばぁが居た山の下の道

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 00:14:47
俺…ホントに体験した事しか書いてないけど…
夏休みだなぁ…

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 01:13:27
別に怖くはないけど実話です。

二年前、父が他界した。
糖尿病による心筋梗塞だった。
その一週間前に俺は妻と子供の顔を見せに実家に行ったんだ。
父は足腰が弱っていて半寝たきりの状態だった…そのため子供と出掛けたことがなかった。
いつも、あまり長い時間は実家には居なかったので子供は父が怖かったらしく抱っこすると泣いていた…
しかし、その日は違ったんだ。
泣くどころか笑顔で髭を触り、捕まり立ちをしだしたばかりなのにちゃぶ台に捕まり踊っていた。
父も嬉しかったのだろう。目を真っ赤にして笑っていた。
いつもは何も言わないのに「来週またこい」と言った。俺は嬉しかった。
妻も初めての言葉に驚きつつも嬉しそうだった。

それが俺には最後の言葉だった。

一週間後の仕事中に姉より携帯に連絡がきた。
父が風呂で気を失っていて病院に運ばれたとのこと
姉の泣きながらの電話だった。
俺は覚悟を決め病院に向かった。その途中に妻に父が「タオレタ」と伝えた。
信じたくない気持ちもあり、妻には待機するように言った…
しかし、病院に寝ている父の顔には白い布がしてあった…
言葉にならなかった……
その時妻から電話が来た

その時の会話

妻「お父さん、大丈夫?〇〇ちゃん(子供)が踊りながらバイバイって喋ったんだけど…」
俺「…………」
妻「それと、そっちに行こうと思ってるけど家の鍵が無くなった。」
俺「…ゆっくりいいよ、俺も間に合わなかった」

その後、妻と子供が病院についたのは二時間後だった…三十分あれば着くのに
どうやらタクシーとトラックが正面衝突して渋滞していたらしい。
後からニュースで知ったが事故は妻達が家を出ようとしていた時間帯のタクシーだった…
そして、無くした家の鍵はなぜか子供が持っていたらしい…
なんでも鍵をかけずに行こうとしたら、子供が泣き出して行けなかったらしい。


妻「あの時、〇〇ちゃんはおじいちゃんと話してたのかな……?」



俺は鼻水垂らして泣いた!

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 01:57:40
( ;∀;)イイハナシダナー

>泣くどころか笑顔で髭を触り、捕まり立ちをしだしたばかりなのにちゃぶ台に捕まり踊っていた。
父も嬉しかったのだろう。目を真っ赤にして笑っていた。

>〇〇ちゃん(子供)が踊りながらバイバイって喋った

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 02:25:01
ニコ動画で「検索してはいけない言葉」っていうのを初めて知った。
ビビりなので検索できないけど、やっぱ興味ある。だれか
詳しくここで紹介&詳細、感想教えて

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 02:35:53
>609
たぶん親父さんが息子の嫁と孫をトラブルから守ったんだな。
いい話ジャマイカ。



613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 02:49:35
>>609
(´;ω;`)

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 03:04:22
俺は本当にあった事を書いたんだが…
コピペじゃないよ

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 08:28:51
。・゚・(ノД`)・゚・。

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 15:52:23
これは久々にグッときた
仕事中だが泣いた。

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 15:57:22
少しばかり霊感のある俺の実体験どうぞ


何年前だっけ・・・5年ほど前だったかな
ちょうど今のように蒸し暑い梅雨明けの時期

俺ら家族の寝室は二階の階段上がってすぐの8畳間で
やはりその晩も蒸し暑かった
しかしながらエアコンをかけるほどでもない夜で
いつも通り家族全員で就寝した

隣では我が子二人を挟んで嫁がいる
いつもと変わらない夜だったわけだがその晩は違った

今でもわすれない午前二時四十二分
それほど暑くないはずの夜だったのに異常な寝汗で俺は目が覚めた
寝汗で不快なはずなのに
何故か自分の鼓動がトクトクと聞こえ、寧ろキモチがいい
ふと気がつくと寝室全体がうっすら灰色の様な青白い様な
そんな雰囲気だったことを覚えている
そんな中、自分の鼓動は
トクトク  トクットクッ  ドクドク  ドクッドクッ
と徐々に大きくなる

その時点で俺は気がついた
体が動かない・・・金縛り?

あれ、なんだこれは? と思いつつ
そして俺が目にしていたものは
自分を含め家族が寝ている光景だった
もちろん家族全員就寝中。我が子二人と嫁も
俺も寝ているわけだが自分の寝ている姿がみえており
ふわふわ宙に浮いているような
???という感覚だったことを覚えている。
あっそうだ夢なんだ。

続く

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 15:59:15
と思った瞬間だった
自分の鼓動とそれにシンクロするように
“ドンッドンッ”という音と振動が身体に伝わる
何かが階段をあがってくる気配
“やばいっ! 我が子と嫁がやばい!”
直感的そう思ったがどうしたら体に戻れるのかわからない

階段をあがってきていたと思われる音が途中で止まっている
なんで止まった?終わったのか?
少しの安堵感が頭をよぎった時
階段側の壁から黒い手の様なものが寝ている俺の足首をつかもうとしている
でも実態のないその黒い手は物体である俺の足首を掴むことができないようで
何度かそうするうちにあきらめ、ふと居なくなった。

俺もその何か解らないものの気配がなくなったことに安心したのか
自然と我に返ると真っ暗な天井を見つめていた。
さっきまで灰色で青白い様子がまるで嘘のように感じる
そして隣で寝息を立てる我が子と嫁を見つめ
やっぱり夢だったんだ。よかったと

翌朝この話を嫁にすると
“へぇー変な夢みたんだねー 最近疲れてるからたまにはゆっくり休んだら〜?”って
まぁありきたりの言葉が返ってきた。
俺自身も仕事がハードな時期だったので、疲れているんだな。ぐらいに思って深くは考えていなかった
しかし嫁は俺が思っていた以上に心配していたようで
霊感の強い知り合いにこの夢の話をしたようだ。

知り合い曰く“それは幽体離脱だよ”と言われ
さらに
“その状態(俺の体が抜け殻)だったから、その黒い手に掴まれなかったんだよ”って言われたみたい

嫁・・・・・“抜け殻じゃない生身の状態だったらどうなってたんですか?”と尋ねたらしいが
知り合い・・“まぁ、何かはあったでしょうね。連れて行かれることはないでしょうけど”って

その話を聞いて ガクブルしたわ。
ってか俺が 一番階段側に近い壁際で寝ていてよかったわ
我が子と嫁に何もなくて本当によかった
そんなことがあってから我が家の四隅には御札がしっかりと貼り付いてます
蒸し暑い夜になると思い出す、そんな体験でした

読んでくれた人ありがと
長文スマソ




619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 16:04:29
怖いよ。・゚・(ノД`)・゚・。

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 16:17:28
なんかでぶのあきもとやすしのおなみだちょうだいえほんおもいだした

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 17:10:16
>>618
> 何かはあったでしょうね
いい加減なヤツだなw

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 17:19:14
>>621
何があるかなんて霊能者でもわからんだろうwww

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 21:07:13
過労死扱いだな

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 22:55:38
>>622
だからいい加減なんだろ

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 12:00:09
パパー、怖い話聞かせてー

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 15:21:50
俺今配送の仕事中なんだけどさ、車のエアコンが逝った…

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 17:20:43
>>626
おそろしや・・・

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 18:06:37
そしてハンドルも逝った

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 18:08:22
ハンドルじゃなくてちんこ握ってる

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 18:14:52
同時に逝った…と。
ん〜オカルトってどうも嘘臭い!

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 18:21:11
>>600俺も見たことあるよ。オカルト板いって、母とかで探しな君ら。
幽霊なんてそうそういねえし、よっぽどじゃねえなら危害を加えられるもんでもねえ!でも楽しめるがな!

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 18:49:32
長野県の戸倉上山田温泉でのお話しです。これは言っとくがそんな怖くない。あと、ここまで書いたとしても信州の方は温泉街だから特定はされないから大丈夫だろ!苦情は…多分ない(笑)!
戸倉の実家には便所はあるけど風呂がないので、そのへんの温泉に借りに行くんです。おらのじい様がそこで働いちょるからてえかけてくれるんばい。


633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 18:52:42
↑エラー出されて文章飛んだんでめんどーだからまめます!次の人よろ。

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 18:58:57
>>9
うわーーやだなーー
きもちわりいーーー
んーーーって。
よくみたらね。
嫁さんの顔、そこにうっっっっすっらっっつーーーってっ跡が残ってんですよねえ?
…それね…メスのあとなんですよ…
…整形…したんでしょうねえ…
今だにそこ、お墓たってますよ…


635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 19:05:35
>>46>>48 落ち着けw

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 19:23:22
>>63 しっかし、力道山の生プロレス見てる時にあの車の人叫ぶから驚きましたよ!うるさいから!

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 19:28:54
>>90 何半分なら山に行っていいんだw?

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 19:31:07
>>91 アネハ建築ではないでしょうね?

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 19:35:59
>>103風水はどうにでもなりますよ。対抗アイテムがあります。ロープレみたいですよね!
鬼門など、鬼の通り道には桃を置きます。桃は元来邪気に強い植物なんです。
桃太郎もそこから来てるんでしょう。カッコいいですよね。

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 19:36:39
>>108 和尚かっけー

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 19:51:07
>>130爆笑した(笑

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 19:51:56
おっす>>129久しぶりぶりぶりからす。まさのりです。

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 19:55:31
>>134の大怪我はねんざ

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 20:09:43
>>162だってコピペなんだもん!俺は結構すらしてねんだもん!


645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 20:11:49
>>636-644
そうやって今までの話にすべてレスを付けるつもりかw

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 20:16:50
>>178まじで文章下手だなあ〜…(汗

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 20:19:59
>>190ビーズレルな

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 20:27:16
>>636-644, >>646-647
まとめられる範囲でまとめれ。

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 20:45:48
>>257はいはい

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 19:47:21
最近中古車買った。ワンオーナーで車検も沢山残ってた。
こないだ車内を掃除してたらシートの下から抗鬱剤らしき薬が沢山出てきた。
で、シートに赤茶色のシミ(←現在は除去済み)を見付けた。
これらを見ると沢山残ってる車検も気になる。
ほとんどの人は車検ギリギリまで乗ってから車売ると思うんだけど、この車の前の持ち主は車検通して直ぐに売ってるんだよね。
前の持ち主が車検通した直後に運転できない状態(死亡とか)になったから売られたんじゃないかとか考えだしたらこの車がやけに不気味に思えてきた。
今は前の持ち主の生死に関わらずお払いに持って行こうと思ってる。

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 20:20:52
昔車屋に勤めていたとき、よく修理に来てくれていたお客さんが愛車で排気ガス自殺をした
警察まで引き取りに行き(車載じゃなくて自走で)運転席シートを中古に交換&消臭剤でオークションへ出品

>>650
自殺だったらシミ程度じゃすまないから大丈夫だと思うよ

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 20:58:43
俺のダチの話し。そいつんちの家系は、代々男しか育たない、らしい。だからそいつも男二人兄弟で、姉がいたのだが、生まれてすぐに死んじゃったんだと。理由は昔神様を怒らせた呪いだとか…。
…神様が、人殺しなんてするか?信じがたかった。

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 21:03:07
…後日、久々にそのダチに会い、話してたら「俺の姉ちゃんがさ〜」という話しが出た…。
ええ!?お前の姉ちゃん設定では死んどるやん(笑)!
俺は突っ込めなかった…。何となく感づいていたから…。ただただ、俺はダチの話しを複雑な思いで聞いていた…。

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 21:05:14
…ちなみに呪われた設定の家系の話しは…、いつのまにか…、
そいつの…、
ダチの…、
話し…、
という他人の設定になっていた…。
というO型のダチの話し。神様が俺らを殺すはずないから(笑)


655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 21:41:47
・そいつの家系では男しか育たない
・しかしそいつが姉の話をする
・問いただすと設定が変化してる

で?それ怖いの?

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 22:08:57
まあ怖い話しなんてそんなもの。100ある内の100は嘘。ほんとにあった話しなんて1000ある内の1つくらいのもんだわさ。

657 :名無し@お腹いっぱい:2008/07/22(火) 00:56:23
俺が学生の頃に、中古車屋でバイトをしていた時の話
今から20年近く前なのでオークションなんて無くて、知り合いの同業者から
売れそうな車を買ってきて自分のところで売ろうと車を仕入れてきた店長。
その車を先方の店に取りに行った時に>>650みたいにやたらと車検が残っている。
走行距離も少ない。程度もいい。その当時無茶苦茶人気のあった車種なのに
やたらと安い。おかしいなと思いつつ自分の店までドライブした。
真夏なのに「なんかエアコンの効く車だなあ。流石高級車!!」なんて感じで
涼しかった。道中なんかお香のような匂いがしたが車用のコロンと思っていたので
気にならず。自分のバイト先に戻ってきた時、事務の女の子(霊感アリ)がこっちを見て
真っ青な顔をしている。そして猛ダッシュでこっちにきていきなり塩をまかれた。それも
土俵入りのような勢いで。絶叫していた!!「OOさん、乗ってきた車どこからもってきたの!」。
「いや、普通に社長の買ってきた車だけど・・・・」「助手席に青白い顔の女が乗っていていまにも
とりつきそう!!さっさと出て!!」するとどっと疲れが出た。ありえないくらい疲れていた。
また俺に塩をまいた。恐ろしくなって、振り向くと彼女が車に向かって土俵入りをしていた。
俺は怖くなって、その日はとっとと帰った。翌日恐る恐るグローブボックスを開けると
そこには線香が入っていた。助手席の下には花がドライフラワーになっていた。

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 03:03:42
> 車に向かって土俵入りをしていた。
シュールだな、興味深いw

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 11:30:34
伸びていると思ったら変なのが一匹いたのか

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 07:51:32
昨日のことだ。
仕事中、嫁から電話があった
「すごく大事な話があるから、可能な限り早く帰ってきて」
ということだった。
「何だよ?大事な話って?」
俺の問いかけに嫁は何も答えず、一方的に電話を切った。
仕方なく俺は、残業なしで家に帰った。

玄関開けたら、リビングで何やら人の気配がする。

何かがおかしい。
誰かが遊びに来ていても
俺が帰宅すれば、嫁は普通、玄関まで来て俺を迎えてくれる。
しかし、俺が靴を脱ぎ終えても、嫁は俺を迎えには来なかった。
不審さを感じながらも、俺はリビングに向かい、ドアを押し開けた。

扉を開けたとたん、俺はいきなり男に殴られた。
不意を突かれた俺は、よろけて廊下に尻餅を突いた。

「おまえってやつは!!」
真っ赤な顔で、物凄い形相の男は、倒れた俺を睨み付けながら怒声を上げた。

よく見たら、俺を殴った男は俺の親父だった。

室内を見渡してみると、
応接用のガラステーブルを囲んで、嫁、嫁両親、俺両親
そして浮気相手が座ってた。

嫁と嫁両親は、般若のような顔つきだった。
恐怖で頭がおかしくなりそうだった。
これなら、リビング開けたら
貞子が5,6人いた方がよかった。

嫁は興信所を雇って、ぐうの音も出ないほど証拠を揃えていた。

絶対ばれないと自信を持っていた。
浮気バレするようなやつは、抜けたヤツだと馬鹿にしていた。
バカは俺だった。

夜通し話し合って、明け方頃、嫁を含めて全員が
この家から出て行った。

疲れた。
眠いんだが、眠れないし頭も回らない。
暇つぶしに2ちゃんしてたらこのスレ見つけたので
気分転換に、ちょっと書いてみた。

本当に怖いのは、幽霊なんかじゃない。
現実こそが、最も恐ろしいものなんだ。
そう実感した夜だった。

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 08:42:45
気団卒業おめでとう

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 08:45:42
>>660
気持ちは分かるんだが、スレ違いだし、
話も面白くないし、かわいそうだしで、

気分が悪くなったよw

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 04:08:31
ホラーとか心霊の怖い話しようよ。
これじゃサイコに怖い話じゃんか。
何が怖いかって?人を傷つけておいて被害者ぶってるお前だよ。

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 11:14:11
>>660
いやぁ、とても面白かった。
詳細を読みたいので別スレで頼む。


665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/28(月) 03:23:29
>>660
やべぇ・・・ 小便ちびった・・・

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/28(月) 08:49:37
>>660
たいして恐くないな


結論が見えないから

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/28(月) 15:05:14
>>660
糞男だな

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/29(火) 20:45:24
ふらふらしてた若い頃、親父の新盆にも帰らず飲んだくれてアパートで寝てたら耳元ででかいため息をつかれて飛び起きた。
当然近くに誰も居るはずがなかったが、あれはまじに親父が俺が何かやらかした時につくため息だった。
それ以来、見られても恥ずかしく生活をしなきゃいかんと思うようになり、少しは身を慎むようになった。

結婚前のあまり怖くない話でスマソ




669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/29(火) 21:14:15
>>668
あまり怖くはないが、いい話だな。しみじみする。

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/29(火) 21:46:05
きっと>>668は根が真面目なんだな
そういう現象が起きてそう解釈できるやつはちゃんとしたやつだと思う

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 01:00:41
だんだん霧が出てきた。
夏とはいえ、この辺は夜になると結構冷える。
少し行くと、ペンションやら土産物の店やらが立ち並び
リゾートらしい賑わいが感じられるのだが
霧で視界が狭くなると、まるで山奥か森の中のように錯覚してしまう。
霧が濃くなるにつれ、店内の室温も急に下がったようで、先ほど席に座ったばかりのカップルの
女の子の方がくしゃみをした。私はエアコンの設定温度を上げた。
彼氏らしい若者は店に置いてあるコミックスを開きだした。

カランカラン

ドアが開いて男が一人、入ってきた。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 01:01:36
「いらっしゃいませ。」
私は水とおしぼりを出す。
「ナポリタンを。」
「かしこまりました。」
私はいつものようにナポリタンを作り、男のテーブルに置いた。
店に入った時から男は冴えない表情をしていたが、その顔がだんだん不機嫌そうに歪んできた。
「店長」
「はい。」
「なんかこれ、変にしょっぱいよ。頭が痛くなってきた。悪いけど食えない。」
「申し訳ありません、すぐ、作り直します。」
私は男のテーブルを片付けた。先ほどくしゃみをした女の子が心配そうに見ている。
連れの彼氏はマンガに夢中だ。
(大丈夫ですよ。)
私は女の子に微笑んだ。
厨房のフライパンの中に一人前のナポリタンが残っている。
まだ温かいが、もう一度火に掛けて皿に盛りつけ、男のテーブルに運ぶ。
男は仏頂面のまま食べ始めた。今度は何も言わない。
やがて男は無言で店を出た。

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 01:02:08
私が皿を片付けようとすると、女の子が泣きそうな顔をしている。
「大丈夫ですよ、もう帰りましたから。」
「だって、さっきの、あれ…。」
女の子の声の調子に、彼氏も気づいたようだ。
「何、どうしたの?」
私はできるだけ穏やかに言った。
「いえ、あのね。たまに出るんですよ。こんな霧の夜は。」
皿を運びながら私は続けた。
「一応、清めの塩はテーブルに置いてあるんだけど、あまり効きませんね。
 毎回文句言われて片付けてますよ。おふだを貰った方がいいのかもしれません。」

彼氏はまだ状況が飲み込めてないようだ。女の子がブルブル震えながら彼氏の手を握る。
私はコーヒーを淹れる準備を始めた。このまま帰したら、この二人も
何度も霧の夜にここを訪れることになるかもしれない。
「おいしいコーヒーをサービスしますよ。落ち着いてからお帰りくださいね。」

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 20:51:04
世にも奇妙な物語っぽい、映像でみたいな

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 21:25:54
>>673
つまり、男は札付きのワルでいつも無銭飲食ってことか?


676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 21:30:07
>>675
馬鹿なの?

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 21:52:08
>>676

アホだろ?

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 22:57:57
まぬけだな

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 23:21:41
私は先日、二人の友人を家に呼び、部屋の電気を消して百物語的なことを行った。
といっても、話の数は15くらいで、ロウソクも用意はしなかった。
が、その途中で妙な事が起こった。
「ポーン」
と、例えるなら電話でやっている時報で聞こえるような、そんな音が私のすぐ後ろから聞こえてきた。
小さな音だったが、私と友人二人、全員が同じ音を聞いた。
私のすぐ後ろは壁だったし、音の出るようなものは部屋には無かった。
それ以降は何もなかったが、あの音はいったい何だったのだろうか。

別に怖くない話ですいません。

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 12:24:51
>>679
隣の音?

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 23:01:43
あちいなぁ。

何か涼しくなる話くれ。


682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 23:52:29
>>681
気がついたら自由に空を飛べるようになっていた。
しかも、どんな物体もすり抜けられる。

これって凄くね?

オマイもなってみたいと思うだろ?

さぁ、こっちへ来いよ。

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 23:53:58
>>681
あと少しで月曜日だ。

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 01:17:24
http://jp.youtube.com/watch?v=AtngcgJRDLw&feature=related

これを観てくれ
俺が推測するには見えない何かに引っ張り込まれて
最後砂を巻き上げたのは見えない者を観ようとしたからではないのだろうか?

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 19:30:21
「羅門しか知らない霊の恐怖」
第9話「根っこは生きている」
生きている世界も十分怖いですけど、
見えない世界はもっと怖いですね。
ここのブログは怖いですよ〜

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 22:08:12
ちょっとドライブのつもりが道に迷った。辺りは霧で何も見えない。
携帯も繋がらない山奥で数時間。ガソリンの残量も気になってくる。
困り果てて車を進めていると、明りのついた一軒の家を見つけた。
家の周りは手入れされておらず、古い畝跡も草だらけになってしまっていた。
しばしとまどったが、道を尋ねようと古い板戸をノックした。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 22:08:46
「あらまぁ、大変だったねぇ。」小柄なおばあさんがいた。
脚が悪いらしく、ひょこひょこと引きずるように歩いている。
このあたりは崖が多く、濃霧の日は危険だということだった。
おばあさんが是非というので夕食をご馳走になった。
麦飯と高野豆腐の煮しめと山菜汁だ。
しかも、霧は明日になると晴れるから泊まっていきなさい、とまで言う。
疲れきっていた私はご厚意に甘えた。
布団に入り、天井を見上げていると何かがおかしい。
その違和感が不快感となり、猛烈な痛みとなり
「霧、山菜汁、・・・そうか!」
私は飛び起きた。

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 22:09:21
散々だった。上からも下からも大変だった。
屋外にある厠から出ることが出来なかった。
幾度となく、おばあさんが外に出て
「おじいさん?おじいさん?」
と心配そうに声をかけてくる。
何と言うことだ。このおばあさん、ボケてるじゃないか。
情けないことに下着に関しては、もう「手遅れ」で
後でこっそり枯れ葉の中に埋めてしまった。
明け方近くになってやっと落ち着いたのでふらふらになりながら
おばあさんの家に向かった。
(ああ、やっぱり。)

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 22:10:25
家の周りには、以前本で読んだ山菜と間違え易い毒草が茂っていた。
しかも新しい切り口がたくさん見えている。
脚の悪い老婆が霧の深い山に山菜取りになど行ける訳がない。
少し痴呆の入った頭で、何かご馳走しなくてはとこの毒草を採ったのだろう。
私はくたくたになって布団にもぐりこんだ。

「おじいさん」
私は思わず悲鳴を上げた。
布団にはおばあさんが先に入っていたのだ。
反射的に私はまた外へ飛び出した。おばあさん、さすがにそれは勘弁してくれ。
空はだいぶ明るくなっていた。ああよかった、今日は晴れそうだ。

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/10(日) 16:37:35
失礼します。企画のお知らせに来ました。
お時間が合うようでしたらよろしくお願いします。

────『百物語』 オカルト板にて開催 ────
2008年 8月 22日(金)21:00〜

「百の怪奇が集うとき、新たな恐怖が生まれる・・・」

忘れられない体験、不思議な記憶。
あなたの周りにもあやしいものは潜んでいるのです・・・
この夜、あなたもこの世に蔓延る怪の一つになってみませんか?

詳しくは
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1213796101/

現在語り部さんエントリー受付中(当日飛び入りも歓迎。)

また、運営スタッフも募集しています。
受付・・・エントリーしてくださった語り部さんをリストにまとめて受付スレに随時貼り付けます。
進行・・・順番の来た語り部さんを本スレに誘導し、話し終わったら蝋燭のテンプレを貼ります。
代理投稿・・・当日参加できない語り部さんのために、話をあらかじめフリーのメアド等に送ってもらい
        .語り部さんの代わりに本スレに貼ります。

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/19(火) 09:49:20
あげ


692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/19(火) 16:46:29
嫁と2人でラーメン屋に入った。
注文した後、店のオバチャンが3つ水を持ってきた。
真っ青な顔の嫁と俺。帰り際に恐る恐る聞いてみた。
注文した量が多かった為、もう一人くるんだろうと思ったらしい。
あーびっくりした。

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 14:54:21
age

ゴキブリが並木道を出勤していく所を見たことがある。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 15:30:28
その日の深夜、喉が渇いたので台所に行くとやつがいると感じた。
新聞丸めて探した。すぐに見つかった。こっちを見ている。
思いっきり叩こうとすると、逃げるゴキブリ。カサカサーーー

して、玄関に追い詰めると、そいつはドアに向かってジッとした。
犬や猫が外に行きたい時にするように、俺はドアを開けた。
ゴキはカササっと出て行った。

すまね、どこかに書きたかったんだ

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 16:51:20
トイレ掃除をしようと思い、
名前は知らないがパコパコ開いて出し入れ出来る
トイレ掃除用ブラシを縦に置けるヤツのケースからブラシを取って
こすろうと便器に突っ込んだら、黒く早いのが柄を登って来た。

マジ飛び跳ねてギィヤアァ!!!!!!!!!!!と絶叫し頭を打った。

あんなプラケースに隠れるのはマジズルイ

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 16:53:26
もう一個あったから、すあない

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 18:02:17
お化けか何かわかんないけど一個投下。
俺と嫁と生後半年の坊との3人で暮らしてるんだ。寝るときは布団に俺と嫁、ベビーベッドに坊。
ある夜なんか寝付けなくてイライラしては寝返りを打って寝やすい体勢を探ってた。
嫁と坊は眠ってる。ふと仰向けになっているとその内何だか息苦しくなってきて、
体が押さえつけられたように動かせなくなった。
「はは〜ん、これが噂の金縛りね。ほなら次は幽霊でも出てくるんね?」
幽霊なんて信じてない俺は冗談半分に呑気にそんな事を思ってた。
すると息苦しさが一気に増して来て呼吸すらままならなくなった。
一瞬もしかして心筋梗塞か!?マズイ!!と思って真横で寝てる嫁を起こそうとしたんだけど、
体は動かないわ、オマケに声も出せないわで焦りが絶頂に。
「うわ〜っ!何ねこれ!!死にたない!頼むけぇはよう気付いてくれんね!!!このままじゃわし死ぬるよ!!」
もうダメかと思った瞬間、坊が物凄い勢いで夜泣きし出した。それと同時に俺の呼吸も体も元通りに。
すると嫁がガバッと起きて脂汗びっしょりの顔で俺の方を振り向いて一言
「あんた今婆さんの幽霊に首絞められよったじゃろ?助けようにもウチも金縛りで動けんやったんよ。
ごめんね・・・一体あの人なんでウチらんとこ出てきよったんじゃろ・・・?」
と言うと不安そうに大泣きする坊に乳をあげに。
俺は意味が分からずキョトンとして何がどうなってたのか分からないままだった。
ってか今でもよくわからん。霊なんか信じてないけど何だその婆とやら!俺が何したってんだ。二度と来るなくそが。

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 18:15:30
>>697
嫁様は見えるのか?

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 18:30:22
広島じゃ子供の事を”坊”って言うかいのう?

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 19:16:20
>>698
真剣に聞いては無いけど本人は見えるんだとさ。
>>699
言う地方もあるじゃろうし言わん地方もあるじゃろうの。

701 :ばばあ:2008/08/22(金) 09:04:34
>>697
今晩もう一回出てやるからなw

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/22(金) 10:41:21
>>701
こんどこそガツンとやってやれw

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/22(金) 13:51:57
>>697
ばばあごときに負けんな、逆にスリーパーかけて返り討ちにしたれ!
日頃のストレスを全部そのばばあにぶつけたれ!

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/22(金) 15:04:16
幽霊じゃ掴めないだろ

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/22(金) 17:14:26
羅門氏の『羅門しか知らない霊の恐怖』
いよいよ最終話です。
「魂のゆくえ」
生きている以上、死ぬ準備も必要かもしれんね。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/22(金) 17:22:36
>>704
ヒント:スタンド

707 :11100022222:2008/08/22(金) 18:00:00


265 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)